足立巻一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

足立 巻一(あだち けんいち、1913年6月29日 - 1985年8月14日)は、日本の小説家詩人エッセイスト。元大阪芸術大学教授。東京府出身。代表作である『やちまた』は、盲目の国学者本居春庭を描いた評伝文学の傑作である。

来歴・人物[編集]

東京市神田区(現:東京都千代田区)に生まれる。生後間もなく父と死別、母は再婚したため、漢詩人であった祖父足立清三(敬亭)、祖母ヒデに育てられるが、1920年に祖母ヒデが急死、祖父清三としばし流浪の生活を送った。翌年、清三も横死を遂げ、神戸在住の母方の叔父に引き取られる。

諏訪山尋常小学校時代から「少年倶楽部」「赤い鳥」等に頻繁に短文、詩歌等を投稿。関西学院中等部に入学、同校の国語教諭であり、自らも歌人であった池部宗七(筆名は石川乙馬、「夕暮れに苺を植えて」はその評伝である)から短歌の手解きを受ける。

恩師池部の母校である神宮皇學館(現:皇學館大学)を受験するが、2度にわたって失敗、1934年、3度目の受験で合格する。同館在学中も詩誌、歌誌等を中心に活動、また盲目の国学者本居春庭を知り、研究を始める。

1938年神宮皇學館本科国漢科卒業。高校教諭となるが同年応召、中国に渡り北支戦線に従軍。のち新大阪新聞社に勤務、学芸部長、社会部長等を歴任したが、1956年退職。執筆活動に専念した。1948年井上靖の発案で児童詩誌『きりん』の創刊より編集に携わり、児童詩運動が終生の一事業となる。『きりん』は、1971年通巻220号で終刊となる。

毎日放送の『真珠の小箱』(1959年 - 2004年)で番組の構成に参加、出演も多数。立川文庫の研究も行い、1961年には尾崎秀樹武蔵野次郎が創立した「大衆文学研究会」に編集委員として参加[1]。『文学』(岩波書店)、『思想の科学』、『大衆文学研究』はじめ多くの雑誌に執筆、その夥しい仕事は執筆目録ともなっている「足立巻一略年譜」がもっとも詳しい(『人の世やちまた』所収)。

1977年大阪芸術大学芸術学部文芸学科教授を経て、1980年神戸女子大学文学部国文学科教授。

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

【おもな編著書】  

  • 『全日本児童詩集』Ⅰ(1950年、尾崎書房)竹中郁・星芳郎・浮田要三共編
  • 『全日本児童詩集』Ⅱ(1952年、むさし書房)同上
  • 『全日本児童詩集』Ⅲ(1955年、創元社)同上
  • 『きりんの本』Ⅰ~Ⅲ(1958年、理論社)同上
  • 『日本の旅名詩集』Ⅲ(1967年、三笠書房)小野十三郎共編
  • 『現代日本の文学』第1部50巻(1969~1971年、学研
  • 『現代日本の文学』第2部10巻(1976年、学研)奥野健男・尾崎秀樹・北杜夫共編
  • 『現代日本文学アルバム』全16巻(1974年、学研)奥野健男・尾崎秀樹・北杜夫共編
  • 『復刊立川文庫傑作選』(1974年、講談社
  • 『真珠の小箱』全6巻(1979年、角川書店)監修・執筆

脚注[編集]

  1. ^ 峯島正行『荒野も歩めば径になる ロマンの猟人・尾崎秀樹の世界』 実業之日本社 P.378

参考文献[編集]

関連項目[編集]