ユッコ・ミラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユッコ・ミラー
出生名 大西由希子
別名 大西由希子
Yucco Miller
生誕 12月25日
出身地 日本の旗三重県伊勢市
学歴 皇學館高等学校卒業
ジャンル ジャズ
フュージョン
職業 サックス奏者
作曲家
編曲家
担当楽器 アルトサックス
テナーサックス
ソプラノサックス
バリトンサックス
エアロフォン
レーベル キングレコード
事務所 ゼロクリエイト
公式サイト www.yuccosax.com

ユッコ・ミラー12月25日[1] - )は日本ジャズ/フュージョンサックスプレーヤー、作曲家編曲家。2015年11月までの旧名義は、大西 由希子(おおにし ゆきこ)。愛称はYUCCO、ゆっこ。

プロフィール[編集]

三重県伊勢市出身。皇學館高等学校[2]の第40期生[3][4]

3歳よりピアノを始め、高校で吹奏楽部に所属しサックスを始める。

パリ・ウィーン等、海外演奏旅行、CDへの参加、数々のコンテストにてグランプリ等受賞する。

エリック・マリエンサル、河田健に師事。

19歳でプロデビュー[5]

2009年 WBA世界スーパーウェルター級ボクシングタイトルマッチのリング上で国歌「君が代」の独奏を務める[6]

2012年 アトス・インターナショナルから全国発売された、大西由希子教則DVD「アドリブ・ サックス・パーフェクト・マスター」が、Amazonにてベストセラー入りする。[7]

米国オーディオメーカーKOIのイメージキャラクターを務める。アパレルブランドのPVに主演モデルとしても出演。[8]

2013年 JazzPageによる2013年ジャズ人気投票のサックス部門で1位を獲得[9]

2014年 マレーシアの「World Youth Jazz Festival 2014」、韓国の「World Music Festival 2014」など、海外のジャズフェスティバルに出演[10][11]

エリック・マリエンサルと大西由希子の「師弟対決バトルライブ」が東京六本木クラップスにて開催された[12]

2015年 キャンディー・ダルファー本人から演奏を気に入られ、ブルーノート東京でのキャンディー・ダルファー来日公演に異例のスペシャルゲストとして出演した。[13][14]

BSジャパン開局10周年記念番組「美女JAZZ」から生まれた女性ユニット「JAZZ LADY PROJECT」のメンバーとしても活動し、6月3日に発売されたアルバム「GIRL TALK」に参加。[10]

12月1日に東京ラドンナ原宿で開催された大西由希子バースデーライブで、今後はユッコ・ミラーという新たなアーティストネームで活動していくことを発表した[15][16]

2016年 9月7日キングレコードからファーストアルバム「YUCCO MILLER」を発表し、メジャーデビュー[17]。レコーディングはニューヨークにて、ロニー・プラキシコのプロデュースにより行われた。各種メディアにも多数取り上げられ、ベストセラーとなる[18]

ザ・グレン・ミラー・オーケストラのジャパンツアーにスペシャルゲストとして出演[19]

11月9日にリリースされたゴールデンボンバーのニューシングル「おどるポンポコリン」にサックスでゲスト参加[20]

2017年 参加しているユニットJAZZ LADY PROJECTの3rdアルバム「CINEMA LOVERS〜映画に恋して〜」が1月25日にキングレコードよりリリースされる。

2月22日にキングレコードより発売されたAKB48公認ブラバンCD「ブラバンAKB48!vol.2」に、スペシャルゲストとしてアルトサックスで参加。

4月26日にロケットミュージック社より発売された「吹奏楽部員のための”スケールクリアファイル”」のサックス用の監修を務める。

伊勢志摩サミット三重県の「みえ国際ウィーク2017」にて、 5月27日に三重県主催「ユッコ・ミラー講演会」が開催される。

9月24日 韓国ソウルにて開催された「日韓交流おまつり2017 in Seoul」にゲスト出演。

9月26日 ビルボードライブ東京で開催された、テラス・マーティン来日公演にゲスト出演。

11月 ザ・グレン・ミラー・オーケストラのジャパンツアーに2年連続でスペシャルゲストとして出演。

2018年 2月10日〜18日、9月13日〜21日 村上ポンタ秀一とのライブツアー「ポンコ・ミラー"みなくる"ツアー2018」を行う。

3月14日 ユッコ・ミラーの2ndアルバム「SAXONIC」がキングレコードよりリリースされる。

ピコ太郎のプロデューサーとしても知られる古坂大魔王作曲のコラボレーション曲も収録されており、メディアから注目を集める。

8月22日にキングレコードよりリリースされたTRIXの15周年ニューアルバム「FESTA」にサックスとエアロフォンでゲスト参加。アルバムリリース全国ツアーにもゲスト出演する。

雑誌サックス・ワールドにて、約1年間に渡るユッコ・ミラーの新連載「Rolandエアロフォン ユッコ・ミラーのエアロフォン実践活用講座」が開始される。

エピソード[編集]

  • 高校1年生のときに友達に誘われて入部した吹奏楽部で初めてアルトサックスに触れる。[21]
  • 高校2年生の頃から部活後に、地元の三重県伊勢市の歩道橋の上や、観光文化会館前などで一人路上ライブをほぼ毎日行っていた。その時に客として見ていた作業着を着た見知らぬお兄さんからもらった120円を、“演奏によってお客さんからもらった初めてのお金”として、今でも大事に保管してある。[22]
  • 高校2年生の時にグレンミラーオーケストラのライブを見に行き、終演後コンサート会場の外で待ち伏せをし、オーケストラのメンバーたちの前で一人でサックスを演奏した。「明日からのグレンミラーオーケストラの来日ツアーに君も参加しないか?」とメンバーに誘われるが、「明日学校があるから行けません」と断っている。その後、2016年の来日ツアーへのゲスト出演が実現した。[22]

ディスコグラフィ[編集]

発売日 タイトル レーベル 品番 備考 その他
1 2012年12月27日 アドリブ・サックス・パーフェクト・マスター/大西由希子 アトス・インターナショナル ATDV-295 DVD 教則DVD

<収録曲>

・Lover Come Back To Me
・Mirror☆Crew
・Summertime

<アーティスト>

大西由希子(AltoSax)
川口千里(Drums)
岩永真奈(Bass)
長崎祥子 (Keyboard)
発売日 タイトル レーベル 品番 備考
2 2015年6月3日 Girl Talk/JAZZ LADY PROJECT EDOYA EDCE-1021 CDアルバム

<参加曲>

2. Yes or No
7. Relax Max
8. It could happen to you
11. Girl Talk

<アーティスト>

五十嵐はるみ(Vocal)
大西由希子(AltoSax)
遠藤真理子(AltoSax,SopranoSax)
クラッシャー木村(Violin)
平松加奈(Violin)
折重由美子(Piano,Claviola)
清水絵理子(Piano)
中村尚美(Bass)
若林美佐(Bass)
飯塚理恵(Drums)
東原亜衣(Drums)
発売日 タイトル レーベル 品番 備考 その他
3 2016年9月7日 YUCCO MILLER/ユッコ・ミラー キングレコード KICJ-755 CDアルバム ニューヨーク録音のメジャーデビューアルバム

<収録曲>

1.Pick Up The Pieces
2.Little Wing
3.Shape Of My Heart
4.Uptown Funk
5.Miller Crew
6.If I Ain't Got You
7.Sponge
8.We're All Alone
9.Lagrimas

<アーティスト>

ユッコ・ミラー(AltoSax)
ロニー・プラキシコ(Bass)
マーヴィン・スウェル(Guitar)
ダリル・グリーン(Drums)
ジェフ・ハーマンソン(Trumpet)
ジョナサン・トーマス(Piano,Organ,Synthesizer)
カミーユ・サーマン(Vocal)
発売日 タイトル レーベル 品番 備考 その他
4 2016年11月9日 おどるポンポコリン/ゴールデンボンバー Zany Zap EAZZ-0171 CDシングル テレビアニメちびまる子ちゃん」主題歌

<参加曲>

2.ゆめいっぱい
4.ゆめいっぱい(オリジナル・カラオケ)

<アーティスト>

鬼龍院翔(Vo,Produce)
喜矢武豊歌広場淳樽美酒研二(Choras)
ユッコ・ミラー(AltoSax)
発売日 タイトル レーベル 品番 備考
5 2017年1月25日 Cinema Lovers/JAZZ LADY PROJECT キングレコード KICJ-759 CDアルバム

<参加曲>

1.ミッション・イン・ポッシブル
3.男と女
5.ゴッドファーザー〜愛のテーマ〜
11.マイハートウィルゴーオン(タイタニックより)

<アーティスト>

五十嵐はるみ(Vocal)
ユッコ・ミラー(TenorSax)
遠藤真理子(AltoSax,SopranoSax)
酒井麻生代(Flute)
岩嵜香織(Trumpet)
クラッシャー木村(Violin)
平松加奈(Violin)
REIKO(Violin)
折重由美子(Piano,Claviola)
清水絵理子(Piano)
生田さち子(Piano)
中村尚美(Bass)
若林美佐(Bass)
東原亜衣(Drums)
小澤舞(Drums)
冨永ちひろ(Drums)
宮西希(箏)
発売日 タイトル レーベル 品番 備考
6 2017年2月22日 ブラバンAKB48!vol.2 キングレコード KICC-1359 CDアルバム

<参加曲>

6.永遠プレッシャー

<アーティスト>

小林恵子(指揮)
シエナ・ウインド・オーケストラ(演奏)

<スペシャルゲスト>

エリック・ミヤシロ(Trumpet)
ユッコ・ミラー(AltoSax)
発売日 タイトル レーベル 品番 備考 その他
7 2018年3月14日 SAXONIC/ユッコ・ミラー キングレコード KICJ-779 CDアルバム ユッコ・ミラー 2ndアルバム

<収録曲>

1.Blues Go Round
2.ボンノバンニベンガボーン
3.Hair Style
4.Hello
5.Hit Me
6.Virtual Insanity
7.Inner Beat
8.Some Skunk Funk

<アーティスト>

ユッコ・ミラー(Sax,Aerophone,Vocal)
半田彬倫(Keyboard,Violin,Chorus)
和泉聡志(Guitar)
岡田治郎(Bass)
中村裕希(Bass)
渡邊シン(Drums)
古坂大魔王(Programming)
ピコ太郎(Vocal)

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

雑誌[編集]

オフィシャルグッズ[編集]

  • ユッコ・ミラーTシャツ
  • ユッコ・ミラータオル
  • ユッコ・ミラーステッカー
  • ユッコ・ミラーアニメ缶バッチ
  • ユッコ・ミラー公式LINEスタンプ

脚注[編集]

  1. ^ ユッコ・ミラー(大西由希子)のプロフィール|Ameba (アメーバ)”. 2016年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月27日閲覧。
  2. ^ いでじゅう!☆”. 大西由希子オフィシャルブログ (2010年1月6日). 2015年5月26日閲覧。
  3. ^ “伊勢出身のサクソフォンプレーヤー大西由希子さん-母校・皇学館高校でライブ”. 伊勢志摩経済新聞. (2013年9月22日). http://iseshima.keizai.biz/headline/1844/ 2016年3月24日閲覧。 
  4. ^ 皇學館高等学校からのお知らせ | 皇學館高等学校”. 2016年5月28日閲覧。
  5. ^ ユッコ・ミラー オフィシャルサイト”. 2016年12月12日閲覧。
  6. ^ WBA世界タイトルマッチ当日!!”. ユッコ・ミラーオフィシャルブログ「YUCCO BLOG」Powered by Ameba (2009年8月31日). 2016年12月12日閲覧。
  7. ^ “アドリブ演奏の教則DVD-伊勢出身の大西由希子さんがミニスカでまったり解説”. 伊勢志摩経済新聞. (2013年1月14日). http://iseshima.keizai.biz/headline/1631/ 2016年5月7日閲覧。 
  8. ^ 『BAND LIFE』プロスコープ、2016年春号、「ユッコ・ミラー インタビュー」より引用
  9. ^ “伊勢出身の大西由希子さんがジャズサクソホンプレーヤー投票1位に”. 伊勢志摩経済新聞. (2014年1月30日). http://iseshima.keizai.biz/headline/1948/ 2016年2月28日閲覧。 
  10. ^ a b 『jazz Life』IDGジャパン、2015年6月号、「JAZZ LADY PROJECT」特集記事より引用
  11. ^ 東京スポーツ新聞』2016年1月28日、2頁より引用
  12. ^ エリックマリエンサルとのバトルライブ(*^o^*)”. ユッコ・ミラーオフィシャルブログ「YUCCO BLOG」Powered by Ameba (2014年11月15日). 2016年12月12日閲覧。
  13. ^ PHPPHP研究所、2016年3月号、「ザ・若者 夢を追う、夢を継ぐ:ユッコ・ミラーインタビュー」71頁より引用
  14. ^ キャンディー・ダルファーさんとの思い出☆”. ユッコ・ミラーオフィシャルブログ「YUCCO BLOG」Powered by Ameba (2015年10月15日). 2016年7月15日閲覧。
  15. ^ ゆっこバースデーライブ♡”. ユッコ・ミラーオフィシャルブログ「YUCCO BLOG」Powered by Ameba (2015年12月2日). 2015年12月13日閲覧。
  16. ^ yukikoonishiのツイート(672016941788205056)
  17. ^ ユッコ・ミラー KING RECORDS OFFICIAL SITE”. 2016年7月15日閲覧。
  18. ^ 『jazz Life』IDGジャパン、2016年10月号、「YUCCO MILLER」特集記事より引用
  19. ^ 神奈川(相模女子)、三重公演ゲスト|グレン・ミラー・オーケストラ Japan Tour”. 2016年12月12日閲覧。
  20. ^ “派手髪で意気投合! ゴールデンボンバー&奇抜なサックス奏者ユッコ・ミラーの共演が実現”. Billboard JAPAN. (2016年11月8日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/43997 2016年12月12日閲覧。 
  21. ^ PHPPHP研究所、2016年3月号、「ザ・若者 夢を追う、夢を継ぐ:ユッコ・ミラーインタビュー」69頁より引用
  22. ^ a b PHPPHP研究所、2016年3月号、「ザ・若者 夢を追う、夢を継ぐ:ユッコ・ミラーインタビュー」70頁より引用

外部リンク[編集]