アルト・サクソフォーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルトサックスから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
各言語での名称
saxophone
Saxophon
saxophone
sassofono
薩克斯風 / 色士風(香港)
[[File:|130px|]]
分類
キー付き単簧気鳴楽器422.212-71
音域
[[File:{{{音域画像}}}|130px|center]]
関連楽器

軍楽隊用:


オーケストラ用:


その他:

演奏者
関連項目


アルト・サクソフォーン: Alto Saxophone)は、アルト・サックスまたは単純にアルトと呼ばれ、木管楽器の一員としてのサクソフォーンは、 ベルギー人で楽器デザイナーのアドルフ・サックスが1840年代に発明をし、1846年に特許を取得したものである。基本音がE♭に調節され、テナー・サックソフォンに比べて形は小さく、 ソプラノ・サクソフォンに比べると大きい。アルト・サックスは最もポピュラーなサクソフォンで、ポピュラー音楽コンサート・バンド、室内楽音、ソロ上演、軍楽隊マーチングバンド、やジャズビック・バンドスウィングジャズ、スウィング・ミュージック)で共通して使用される。 異なるサクソフォンの運指は、どんなサクソフォンのタイプでも同じ運指で演奏が可能である。 アルトからコントラバスまでは管の長さが長いため、ソプラノ・サクソフォーンと比べて一般には何回か管が曲げられた曲管(カーブド)の形状をしている。 管の折り返し部分はその形状からU字管と呼ばれる。 カーブド・ソプラノと呼ばれる曲管のソプラノやストレート・アルト、テナーと呼ばれる直管のアルト、テナーも存在するが、生産本数はそれほど多くない。 管が直管であるか曲管であるかは音色にも大きな影響を与える。 アルト・サクソフォンは、ジャズの発展において目立った役割となる楽器である。有名なジャズミュージシャンでは、ドン・レッドマン、ジミー・ドロシー、リー・コニッツ、ジョニー・ホッジスベニー・カーターチャーリー・パーカーソニー・スティットフィル・ウッズポール・デスモンドアート・ペッパージャッキー・マクリーン、キャノンボール・アディレイがいる。 クラシック音楽の中でアルト・サクソフォンの役割は限られるが、有名なプレイヤーでは、マルセル・ミュールジャン=マリー・ロンデックス、シガード・ラッチャー、エウジーナ・ラーセル、フレデリック・ヘムケがいる。

番号 サクソフォーン 調性 オクターブ上 オクターブ下
1 ソプラニッシモ B ## ソプラノ
2 ソプラニーノ E ## アルト
3 Cソプラノ C ## Cメロディー
4 ソプラノ B ソプラニッシモ テナー
5 メゾソプラノ F ## ##
6 アルト E ソプラニーノ バリトン
7 Cメロディー C Cソプラノ ##
8 テナー B ソプラノ バス
9 バリトン E アルト コントラバス
10 バス B テナー サブコントラバス
11 コントラバス E バリトン ##
12 サブコントラバス B バス ##

特徴[編集]

真っ直ぐなソプラノおよびソプラニーノサクソフォーンは、マウスピースの反対側の端に広がった「ベル」(鐘)を持つ真っ直ぐな円錐形ボアで構成されている。 アルトおよび、より大型のサクソフォーンは、最も高い音孔より上部に取り外し可能な湾曲した「ネック」(首)を持つ。(まれに例外もある。ネックはマウスピースを奏者の口元に向ける役割を持つ)、ボアを上に向けるUの字型の「ボウ」(弓)、ベルを前方に向けるベルの喉のカーブを含む。ベル付近のカーブはサクソフォーン族固有の特徴であり、ソプラノやソプラニーノでさえもこのカーブ様式で作られることがある。 調性は変ホ (E♭) 調で、実音は記譜より長6度低い。標準的な音域はヘ音記号のレ♭ (D♭) から約2オクターヴ半上のラ♭(A♭)まで、ハイF#キーを備えるものはその半音上の(A)までを演奏することができる。昔の個体の中には、管を伸ばし(C)まで演奏できるようにしたものも稀に存在する。 吹奏楽ではメロディーラインを担当する部分が多い。ソプラノと比較してネックが大きく曲がり、本体も途中で折り返した構造となっている(ごく稀にネック部以外がほぼ直管の「ストレートアルト」も存在するが、一般的ではない)。サクソフォーンと言えばこの構造がイメージされることも多く、サクソフォーンの中で最も標準的な楽器といえる。 クラシカルサクソフォーンのための独奏曲、協奏曲はほとんどがアルトサクソフォーンのために書かれている。また、ビッグバンドのサクソフォーンセクションはアルトがセクションリーダーを務め、主旋律を奏でることが一般的である。

音域[編集]

全音域は、DからAまで半音階

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

アルト・サクソフォンの音の幅は、協和音D3(科学的調節記号法によると、Dより下のミドルC)から協和音A5(アルトA5上の 高Fと同じ) 必要によって、演奏者は楽器の音域をC3まで延ばす事ができる。[1] [2] ほとんどのサクソフォンでは、音域はB3からF6を記譜されている。 イタリア語でアルティッシモは高音、F6(もしくはG6)から始まるとされている。[3] サクソフォンの高音は他の木管楽器よりも音を操作することが難しく、上級のプレイヤーを除いては通常はこの音を使わない。アルト・サクソフォンは移調楽器であり、調節は長6度より低くと記譜されている。

製造工程[編集]

1.本体づくり

ベル、1番管、2番管、ネック等を溶接、加工し、トーンホールの引き上げ、本体全てに関するチェックをして、次の工程に引き渡します。 材料:原材料は“Brass ⁄ Bronze ⁄ Silver”の3種類に分類。各材料は機種別に配合され、優れた特徴を持ち、約30mのロール状に束ねストックしています。 2番管溶接:継ぎ目を隙間なく合わせ、約1,000度の熱で継ぎ目を溶かして接合します。 叩き:溶接した部分は、溶けてデコボコしているので、ハンマーで叩きつぶし、継ぎ目を消します。 管体絞り:型に管体を入れ、管体より少し小さい穴の開いた鉄板に機械を押し込みます。それにより管体のテーパーに合わせ、鉄板の穴が広がり、管体が型に押し当てられ成形されます。 ヘラ絞り:数種類のヘラを使い分け、回転している管体に押し当て、機械で成形出来ない部分を成形します。 トーンホール加工穴開:成形し磨かれた管体を型にセットし穴を開けていきます。 トーンホール加工引上:ハンドルを回すと、中に入っている円型のパーツが引き上げられ、トーンホールが立ち上がります。トーンホールは音程に最も影響を与える部分なので、一つ一つ丁寧に加工します。 仕上なまし:熱を加えて、金属組織を整え、響きを均一化させます。

2.プレス工程

プレス機を使い、抜いた物を切削加工、溶接して全ての部品を作ります。工程数の多い物では、1個のパーツが出来るまでに約10工程もかかります。 プレス加工:サックスのキーや本体になる部分を、プレス加工により打ち出します。打ち出される材料は厚みだけでも10種類以上になります。 プレスされたパーツ:プレスによって打ち抜かれたパーツは、穴あけ、曲げ、絞りなどの工程によって作られています。 パーツ加工:プレス加工した各種パーツを多種多様の刃物で削り、多くの工程を重ね形成していきます。 プレス型:各パーツを作るためのプレス型。一つのパーツを作り上げるためには数種類の型を使うため、2,000種類以上の型を使用します。 ポスト(支柱)製作:NC旋盤(数値制御された旋盤)で、大きさや加工の異なるポストをミリ単位の精度で精密に作り上げていきます。 ロー付け:銀ローを使い、パイプにタンポ皿等の部品を溶接することで、約120種類以上のパーツに仕上げていきます。 パーツストック:加工を終えた約400種の部品が、資材置き場にストックされています。

3.ポスト付け・キー作り

本体にポストを付け、キーを合わせます。キーを合わせる作業は、最終の組立をスムーズに行うための、とても大切な作業です。 ポスト付け:約400℃の熱で管体にポスト(支柱)をハンダ付けしていきます。 キー作り(1):一番管とベルをハンダ付けします。この工程において、サックスの原型が完成します。 キー作り(2):組立て(取付)工程において、組易く塞がりの精度を上げるために仮組みを行います。又、銀ロー付けの汚れ、キーの不具合をチェックします。 彫刻:手彫りの美しさを尊重し熟練した職人により丁寧に彫り上げていきます。

4.表面処理(バフ研磨、ラッカー塗装)

ポスト付け終了後、薬品につけて余分なハンダを除去した本体と、合わせ終わったキーを1セットにして、バフ(布)で磨き、ラッカーを吹き付ける作業です。 キー磨き:全てのキーと本体は塗装の前に“バフ”掛け作業にて研摩します。 本体磨き:研摩剤をつけ下磨きを行い、段階的に柔らかいバフを使い仕上げます。 超音波洗浄:ラッカー塗装の前に超音波洗浄をし、油分や残った研磨剤をきれいに落とします。 ラッカー吹付け:ラッカーを吹き付け、その後炉に入れて焼付けします。

5.組み立て、検査

先程とは見違えるように本体もキーもピカピカに仕上がっています。タンポ、コルク、フェルト等を貼り終えて、いよいよ組立です。 ここでキズをつけてしまうと、製品にならないため、より一層の注意が必要。 コルク・タンポ貼り:ラッカー塗装が終わったキーに、タンポ、コルクを貼ります。タンポの接着剤は溶解温度の異なった、3種類の物を使っています。コルクは、組立後にバランスの狂いが少ない圧縮コルクを使っています。 組み立て(1):楽器にキズを付けないようにプロテクトテープを貼り、組立をしていきます。まず右手のキーから組み立てられ、順番に左手、サイドキーと進んでいきます。 組み立て(2):ライトを使って息漏れがないようにタンポの調整をしていきます。 組み立て(3):ベルが取り付けられ、最後に左手小指の最低音のキーを組立て、調整をして完了です。 検査:全て組み上がった状態で最終検査をします。キーのバランスやスプリングの調整をして、ネックをあわせて完成です。

6.拭き上げ 拭き上げ

検査後にプロテクトテープをはがし、作業中についた指紋や汚れをきれいに拭き上げます。同時にキズがないかもチェックします。

7.マウスピース

バッフル部の粗取り加工:他の工程を経てヤスリ、研磨布で仕上げていきます。 加工:歯の当たる部分にエボナイトのチップを貼るための溝を掘る エボナイトの機械工程:機械で外形を加工し、耐水ペーパーで機械目を取り除きます。 仕上げ:ヤスリでバッフル等の形を造り研磨布で整えます。この後、外形を研磨しテーブルとバッフル等を仕上げ、製品になります。[4]

構造[編集]

教育用サクソフォーン。図は低音ホール(7番にあたる)が左手側にある、いわゆる「インライン」で、現在では右手側にある「オフセット」が主流である。
  1. 朝顔管(ベル)
  2. 一番管
  3. 二番管
  4. 吹込管(ネック)
  5. 歌口(マウスピース
  6. 胴輪
  7. 鍵孔管
  8. 打痕止
  9. 座柱
  10. 鍵覆
  11. 歌口受コルク
  12. 吊り環
  13. 指掛
  14. 拇指台
  15. 蝶ネジ
  16. 蝶ネジ受
  17. タンポ皿
  18. タンポ
  19. 貝皿
  20. キー
  21. 鍵管
  22. 鍵柱
  23. 芯金
  24. ローラー
  25. ローラー用芯金
  26. 平発条
  27. 平発条止ネジ
  28. 鋼針
  29. ケリ
  30. 鳩目
  31. 連絡棒
  32. センター棒
  33. 剣ネジ
  34. リング
  35. コルク
  36. コルクホールダー
  37. リード
  38. 締金(リガチャー)
  39. 双柱
  40. カップ
  41. 吊り紐(ストラップ)

範囲[編集]

アルトサックス奏者[編集]

演奏されているアルトサックス
チャーリー・パーカー。ビバップ革命のリーダー。1947年。

有名なジャズ・アルト・サクソフォン奏者は、チャーリー・パーカー,キャノンボール・アディレイ , ケニー・ギャレット, ポール・デスモンド, ベニー・カーター, エリック・ドルフィー, オーネット・コールマン, ボビー・ワトソン, マーシャル・アレン,ジュリアス・ヘンプフィル, オリヴァー・レイク, アンソニー・ブランクストン, ヘンリー・スリードギル, カルロス・ワード, デイヴィッド・サンボーン, デイヴ・コーズ, トム・スコット,パキート・デリヴェラ, ジョン・ゾーン,ティム・ベルナ, スティーブ・ウィルソン, スティーヴ・コールマン, グレッグ・オズビー, ヴィンセント・へリング,マーク・グロス,ジェフ・コフィンがいる。 有名なクラッシック音楽のアルト・サクソフォン奏者は、ティム・マックアリスター,ジーンイブス・フォーミアウ,ローレンス・ ゴウドズ,ドナルド・シンタ,ハーヴェイ・ピテール,ラリー・ティール,ケネス・テセ, アルノ・ボーンカンプ,ハリー・ホワイト,オーティス・マーフィー,クラウド・デラングレがいる。 カドリ・ゴパルナスは、アルト・サクソフォンを使った南古典インド音楽の発見者でもある。

ジョン・ゾーンのメトロポリタン・アート・ミュージアムでの演奏。2013.9月

製造会社/価格帯[編集]

いくつかの会社がサクソフォンを製造しており、ビュッフェ・クランポン, KHS/Jupiter, コーン・セルマー, セルマー・パリ, ヤマハ, リブランス/ヴィト, ケリルウェルス, キャノンボール・ミュージック・インスツルメント、P,マウリアット・ミュージカル・インスツルメント、柳澤管楽器がある。

新品のアルト・サクソフォンの価格帯は、低品質の学生モデルで約28,000円から、プロフェッショナル・モデルでは約674,500円程度となっている。

クラシック音楽のレパートリー[編集]

アルト・サクソフォンはクラッシック音楽において、オーケストラピアノコンサート・バンドの演奏の中で大きなソロを取る事がある。 中でも重要な2つのソロは、ジャック・イベールの”Concertino da Camera”と、アレクサンドル・グラズノフの”Concerto in E Flat major”である。

アルト・サクソフォンの管弦楽器の標準を、サクソフォーン四重奏コンサート・バンドで探し出した、1932年のアレクサンドル・グラズノフサクソフォーン四重奏による”Bフラット・メジャー”の構成によるものが標準と呼ばれている。

アルト・サクソフォンは時々、オーケストラ音楽でも使用される。アルト・サクソフォンを使った構成の有名なものは下記になる。

ジョルジュ・ビゼーは、アルルの女の2番目の音楽スイートの「メヌエット」でそれを特集しています。

リヒャルト・シュトラウスが彼の家庭交響曲で呼びかけました。これには、Fのアルトサックスを含む4つのサックスのパーツが含まれています。

ドミートリイ・ショスタコーヴィチは、舞台管弦楽のための組曲でアルトを使用しており、「ワルツ第2番」セクションで著名なソロを演奏しています。彼はそれを彼の組曲第1番組曲第2番にも含めています。

モーリス・ラヴェルは、展覧会の絵モデスト・ムソルグスキーのオーケストラで、特に「イル・ヴェッキオ・カステッロ」のソリストとして、サックスを目立つように使用しています。

アルバン・ベルクは、彼の晩年のオーケストラ作品、特に「デア・ワイン」、ルルヴァイオリン協奏曲でサックスを使用しています。

セルゲイ・ラフマニノフは、交響的舞曲のサックスを第1楽章のソリストとして使用しています。

ジョージ・ガーシュウィンはそれをいくつかの部分に含めています。ラプソディ・イン・ブルーパリのアメリカ人など

ピエール・ブーレーズは、彼の作曲Pli selon pli ( "Fold by Fold")で2つのアルトサックスについて書いています。

ベンジャミン・ブリテンは、シンフォニア・ダ・レクイエムパゴダの王子にアルトを呼びかけています。

レナード・バーンスタインは、ウェストサイドストーリーのシンフォニックダンスにアルトサックスを収録しています。

ヴァンサン・ダンディは、彼のオペラ「フェルヴァール」に2つのアルトを参加させています。

ダリウス・ミヨーは、ラ・クリエーション・デュ・モンドでアルトを書き、ビオラが見られると予想されるスコアに配置します。

アラン・ペッテソンは、彼の第16交響曲でアルトを利用しています

Krzysztof Pendereckiは、彼のオペラThe Devils of Loudon ( "Die Teufel von Loudon")で2つのアルトを獲得しています。

アラムKhatchaturianは彼のバレエでアルトが含まガイーヌ

ポウル・ルーダースは、彼のオーケストラ組曲「コンチェルト・イン・ピース」にアルトサックスの重要なソロを収録しています

エリック・コーツは1936年のサクソラプソディでアルトのために書いた。

クロード・ドビュッシーは、サックスとオーケストラのための彼のラプソディにアルトをフィーチャーしています。

ポール・クレストンは、アルトの協奏曲とソナタ(ピアノ付き)、狂詩曲(オルガン付き)を書き、サックス四重奏のための組曲に含めました。

ロナルド・ビンジが変ホ長調でアルトサックスの協奏曲を書いた(1956)

アラン・ホヴァネスは彼のバレエでアルトが含まサバイバルありです(としても知られている王Vahakenが)と付随音楽の一環として、彼は遊びに同行するために書いた開花桃を。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Playing Notes Lower Than Low Bb”. 2020年3月3日閲覧。
  2. ^ Range of the Alto Saxophone”. Library.thinkquest.org. 2009年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月18日閲覧。
  3. ^ Range of the Alto Saxophone”. Library.thinkquest.org. 2011年1月18日閲覧。
  4. ^ サクソフォン製造工程”. YANAGISAWA Saxophones Official website. 柳澤管楽器. 2020年12月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]