NoGoD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NoGoD
別名 新興宗教楽団NoGoD(2005 - 2010)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ヘヴィメタル[1][2][3]
ハードロック[3]
活動期間 2005年 -
レーベル 寺子屋(2005年 - 2010年5月)
キングレコード(2010年6月 - )
事務所 ART POP ENTERTAINMENT
公式サイト http://www.nogod.jp/
メンバー 団長(ボーカル
Kyrie(七弦団員
Shinno(六弦団員
華凛(五弦団員
K(太鼓団員
旧メンバー アキ(六弦団員
想夢(六弦団員
Kana(五弦団員

NoGoD(ノーゴッド)は、日本ヴィジュアル系ヘヴィメタルバンド[1][2]。事務所はART POP ENTERTAINMENT、レコード会社はインディーズ時代は所属事務所の内部レーベルである寺子屋に所属していたが、2010年メジャーデビューに伴いキングレコードHR/HM名門レーベルNEXUSに移籍。

概要[編集]

2005年初頭、「神の啓示を受けた団長が使徒を招集しうっかり結成」という設定で、団長とアキを中心に結成[2]。ライヴを「布教」、ファンを「信者」、曲を「教え」、差し入れを「お供え物」と呼ぶなど『新興宗教楽団』としての世界観を持ち、奇抜な白塗りメイク、怪物をイメージした左手(神の手)、マイクを聖書に挟むスタイルで[4]「我々は俗に言うバンドではない。我々は宗教団体である。教えを広めるためだけに存在している」という演出のもと布教活動を行い[5]音楽エンターテインメントが融合した『新興宗教楽団NoGoD』を確立して行った[6]。メジャーデビューに伴いバンド名を『NoGoD』に改めた後も「布教」「信者」という表現が使われている[7][8]

バンド名は「人は生きて行く支えになる何かを信じれば、それがその人のになりえる。誰かの支え(神)のようなものに自分達がなれれば」「信じるものが一つあればそれを神様にすればいい。何も信じられないならあなたの神様になるから、どうか希望を捨てないでください」という意味を込めて団長が付けたもので[9]、実際の新興宗教無神論とは関係がなく、宗教自体を否定するものではないと説明している。団長自身は無神論者であることをたびたび公言しており[10][11]2013年2月にインタビューでバンド名の由来について問われた際、「若い頃は神の啓示がうんぬんと言っていたが、最近は楽曲を深く聴いてもらえることが多いため、きちんと答えなければならないと思っている」と述べている[10]

ヴィジュアルの奇抜さと団長のキャラクターゆえ色物的に捉えられがちであるが、ヴィジュアル系をルーツに持つメンバーがほとんどおらず、ヴィジュアル系に対するこだわりはないとしている[10][12]。メンバー各々のテクニックは非常に優れており[6][8][13][14]、実際の音楽性はコンセプトとは裏腹にHR/HMをベースにロックプログレフュージョンエモファンクジャズポップスなど多ジャンルを幅広く手掛ける[13]。「メッセージソングがやりたかった」と団長が語るように、日本語によるメッセージ性の強い歌詞にもこだわっている[10][12]

来歴[編集]

2005年2月[注 1]、Dagger Remain(ダガーリメイン)の元メンバー、ヴォーカルの団長とギターのアキを中心に『新興宗教樂團NoGoD』として結成[8]。実験的にライヴ活動を展開しながら、数回のメンバーチェンジを経て、ギターのKyrie、ベースの華凛、ドラムスのKのメンバーで、10月19日、赤坂L@Nにて初ライヴを行う[8][15]

2006年2月、ミニアルバム『天罰円盤』をリリース。シングル「赫布教」リリースに先立ち、6月20日に池袋CYBERにて初ワンマンライヴを行う[16]。夏、インディーズレーベルの所属事務所ART POP ENTERTAINMENTと契約[8][17]。11月29日に原宿アストロホールでワンマンライヴを行った。12月に村井研次郎(ex.SEX MACHINEGUNS、ex.cali≠gari)をサウンドプロデューサーに迎えて制作したミニアルバム『神無布教』をリリース[16]

2007年5月、シングル「アトリア」をリリース。7月24日、オリジナルメンバーであったアキが脱退。同月28日にShinnoが加入し、Shibuya O-EASTのイベントライヴより現体制となる[16]。10月に初のワンマンツアー『NoGoD 〜五大都市単独大布教行脚〜「神無天昇珍道中」』を開催[15][16]

2008年4月、ファーストアルバム『夢幻教』をリリース。ワンマンツアー『NoGoD 単独大布教行脚 -2008-「夢幻の如く也」』を開催し、ツアーファイナルの7月13日、東京九段会館にて初のホールワンマン公演を行う[15][16]。10月、11月の2枚のマキシシングルリリースにより全国ツアー『NoGoD全国行脚 -FALL IN 2008-「碧色の世界 -アヲイロノセカイ-」』を開催[15][16]。同年末にはメンバー念願のファンクラブ『神無信者組』を発足した。また、この年に行われた欧州のJ-ROCKファンによる2008年調査で「最も有望な新人バンド」50のうち8位に選出される[8]

2009年2月、セカンドアルバム『極彩色』をリリースし、全国ツアー『ONE MAN TOUR -2009-「極彩色」』を開催[15]。9月にミニアルバム『羅針盤』をリリースし、2度目の全国ツアー『ONE MAN TOUR -2009-「生命航路」』(12カ所)を開催[15][16]。11月14日に東京キネマ倶楽部で行われたツアーファイナルでメジャーデビューを発表し[16][18]、キングレコードとメジャーレーベル契約を締結した[8]

2010年、メジャーデビューに伴いバンド名表記を『NoGoD』と改める[8]。5月23日に『Major 1st Action 〜東京単独大布教〜【カクセイ】』と題して、Shibuya O-WESTでお披露目ライヴを行い[15]6月9日、シングル「カクセイ」のリリースを以てキングレコードより「うっかりメジャーデビュー」。8月1日、台湾公演の『NoGoD 台北演唱會「KAKUSEI」』を行う[19]。サードアルバムでメジャーデビューアルバムとなる『欠片』を8月4日にリリースし、全国ツアー『NoGoD ONE MAN TOUR -2010-「欠片」』を開催[15][16]。同アルバムはドイツのレーベルCLJ Recordsによって『Kakera』(Fragments)として欧州でも発売された[8]

2011年、4月「Raise a Flag」、7月「神風」のシングルをリリース後、8月3日にメジャー2枚目のアルバム『現実』をリリース。9月から全国ツアー『神無単独大布教 -全国行脚2011-「現実 -stage-」』を開催した[20]

2012年2月、『NoGoD 10TH GAME』ツアーを開催。クラブチッタで行われた3月24日のツアーファイナルは、ライヴDVD『THE 10TH ATTACK~LIVE TOUR 2012 THE 10TH GAME -FINAL-』に収録され、7月4日にリリースされた[16]。10月にシングル「STAND UP! 」リリースにより、全国ワンマンツアー『NoGoD ONE MAN TOUR -2012- "STAND UP & SHOUT!!!!!!"』を開催し、新宿BLAZEでツアーファイナルを行う[16]

2013年、メジャー3枚目のアルバム『V』を2月6日にリリースし、過去最長のワンマンツアー『NoGoD ONE MAN TOUR -2013-【V-21 SHOW TIMES】』(21公演)を開催、LIQUID ROOM EBISUでツアーファイナルを行う[16]。7月「神髄 -FRONTIER-」、9月「神髄 -THE POWER-」の2作連動シングルリリースにより、全国ワンマンツアー『NoGoD ONE MAN TOUR -2013 AUTUMN-【神髄】』(16公演)を開催し、赤坂BLITZにてツアーファイナル[16]。12月に予定されていた英国とドイツでのヨーロッパツアー『NoGod first Europe tour -Shinzui-』は中止となった[21]

2014年、コンセプトミニアルバム『四季彩』を3月5日にリリースし、2マンツアー(14公演)とワンマンツアー(7カ所)を開催[16]。 7月、フランスのパリ・ノールヴィルパント展示会場で開催された第15回Japan Expoに出演[7]。9月17日にメジャー4枚目のアルバム『Make A New World』をリリースし、ワンマンツアー『TOUR -2014- AUTUMN Follow Your World』(19公演)を開催した[16]

2015年、NoGoD結成10周年、メジャーデビュー5周年を迎え、4月8日に2枚組ベストアルバム『VOYAGE 〜10TH ANNIVERSARY BEST ALBUM』をリリース[22]。これまでで最大規模のワンマンツアー『NoGoD 10th ANNIVERSARY TOUR -2015-【BON VOYAGE -ROUND 33 PLACES-】』(33公演)を開催[23]

メンバー[編集]

団長(だんちょう、Vocal)

1983年12月23日生まれ、埼玉県岩槻市出身[24]。唯一のオリジナルメンバー[6]
高校2年の時にヴォーカルを頼まれ文化祭で歌ったことで歌に対する意識が高まり、バンドを組むためにESPミュージカルアカデミーへ入学[25]。卒業後にメタルの道へ進んだが[注 2]、スタイルを重んじるメタルというジャンルでの活動に限界を感じるようになり、在籍していたバンドの解散を機にヴィジュアル系に転向[4][12]。ヴィジュアル系バンドSCISSORから自分がやりたい方向性を見い出し、2005年2月にNoGoDを結成した[4]
影響を受けた音楽はメロコアパンクハードコア[12][27]。J-POPからメタルまで聴く音楽はメロディを重視する[27]
「埼玉一ハイトーンが出る男」を自称している通り[6][28]、ハイトーンのクリーンボイスが特徴[14][注 3]
2013年に自身初の冠番組『NoGoD団長のオールナイトニッポン0(ZERO)』のパーソナリティを務める。
2014年2月、アーティストブック『団長魂』を発売。6月に団長フェス「BIG MOUTH ROCK FESTIVAL -2014-」を主催[29]

Kyrie(きりえ、七弦団員:Guitar)

11月29日生まれ、B型。東京都出身。2005年8月18日にNoGoDに正式加入、リーダーを務める。愛称は「巨匠」「キリエッティ」。NoGoDの全ての編曲を担当する。
ベースの華凛とは大学付属の中高一貫校の同級生[30]。幼稚園の頃からピアノを習い、中学でギターを始める[31]。付属大学にはクラシックギターの専攻しかなかったため、ジャズギターを専攻できる音大へ進んだ[32]。オリジナルのメタルバンドと並行し、活動して間もないNoGoDにサポートとして参加[32]。のちに華凛を引き入れ正式メンバーとなるが[33]、NoGoDの活動が忙しくなり音大を中退した[34]
中学の時、レッド・ツェッペリンディープ・パープルといったハードロックヘヴィメタルを聴き、音楽に目覚めた[30]。その他に、プログレッシブ・メタルバンドのドリーム・シアターから影響を受けている[6][注 4]
上手ギター担当で、使用ギターはESPの7弦ギターオリジナルモデル[36]。スキッピング、タッピング、スライドの合わせ技や、オルタネイト・ピッキングスウィープアルペジオなど、多様な技巧プレイをこなす[37]

Shinno(しんの、六弦団員:Guitar)

1月8日生まれ、秋田県出身、A型。2007年7月28日にNoGoDに正式加入。ミューズ音楽院出身[38]
下手ギター担当。こだわりのギターを何本も持っており、メインの使用ギターは赤いESPのストラトタイプ(オリジナルモデル)[39]
ギターの機材やパーツ、構造に詳しく、調整や製作、改造も自ら行う。エフェクターなど機材にも詳しい[6]

華凛(かりん、五弦団員:Bass)

6月20日生まれ、A型。東京都出身。2005年10月19日にNoGoDに正式加入。
ギターのKyrieとは中学・高校の同級生[40]。中学でベースを始めて4ヶ月で5弦ベースを手にする[40]。付属大学在学中にアニメタル坂本英三から紹介を受け、CANTAMASAKIに師事[41]。オリジナルのメタルバンドをやっていた時にKyrieからNoGoDに誘われ、掛け持ちで活動を始めたが[42]、NoGoDが忙しくなったためメタルバンドを辞め、大学も2年で中退しNoGoDの活動に専念した[43]
元女形ベーシストで[注 5]、プレイスタイルは指弾き、スラップ、タッピングなど。メインのスタイルは親指から薬指までを使ったマルチフィンガー[44]。複雑な運指を駆使する楽曲でもライヴでは笑顔を崩さず演奏し、「ピロピロ隊」として上手ギターのKyrieと互角の高速タッピングを披露することも[44]
使用ベースはXOTiC XJのオリジナルモデル。初のシグネイチャーベースが発売された[45]。以前はESPカスタムモデルを使用していた[46]
2009年にテレビアニメ『鋼殻のレギオス』のために結成されたバンドChrome Shelledに参加[47]

K(ケイ、太鼓団員:Drums)

9月4日生まれ、埼玉県出身、B型。2006年6月24日にNoGoDに正式加入。
ESPミュージカルアカデミー出身で[48]、団長の後輩[9]。最初のサポートドラムが辞めた時に団長に頼まれ、サポートで参加[9]。2005年10月に華凛の正式加入後、バンドが軌道に乗ると、自ら申し出てNoGoDに加入した[49]

旧メンバー[編集]

アキ(六弦団員:Guitar) 2007年7月24日脱退

10月19日生まれ O型
KANA、Dagger Remainのメンバーであるアンドゥと共にPIECElangで活動後、-dist-も脱退。
2013年、個人で活動している(アキセッション)。

KANA(Bass)2005年10月脱退

1月14日生まれ O型
PIECElangで活動中。

想夢(そうむ、Guitar)2005年7月脱退

8月15日生まれ O型
脱退後、ホテルシニガミ、FeaDiorで活動。

ディスコグラフィー[編集]

インディーズ[編集]

シングル[編集]

  1. 君に贈る不器用で身勝手な詩2005年11月12日
    • 1stミニアルバム「天罰円盤」布教予約者限定で配布の先行シングル。現在入手不能。
  2. 櫻/君は月を掴む2006年4月9日
    • 会場限定シングル、限定1000枚。
  3. 赫布教2006年7月12日
    • 2006年06月20日 初単独布教「大殺界」にて先行発売、限定2000枚。現在入手不能。
  4. 黒布教2006年8月30日
    • 2ヶ月連続シングルリリース。8月12日六本木Y2Kにて先行発売。現在入手不能。
  5. アトリア2007年5月9日)- オリコン143位、オリコンインディーズチャート4位
    • サウンドアドバイザーに村井研次郎(ex-SEX MACHINEGUNS、ex-cali≠gari)を迎える。
    • 2007年4月28日 単独布教にて先行発売。初回限定盤Aタイプ(DVD付、完全限定2000枚)にはアトリアのPV収録。
  6. 2007年8月8日)- オリコン128位
    • 入手不能となった1stミニアルバム「天罰円盤」に収録されている「君に贈る不器用で身勝手な詩」「彩白」の2曲を再録+書き下ろしの新曲。
    • 2007年7月28日 SHIBUYA O-EASTにて先行発売。
  7. 2007年9月26日)- オリコン132位
    • 入手不能となった1stミニアルバム「天罰円盤」に収録されている「Strawberry night」V.A収録の「ノーゴッド」の2曲を再録+書き下ろしの新曲。
    • 2007年9月22日 単独布教にて先行発売。限定5000枚。
  8. 最高の世界/白鷺2008年2月16日
    • LIVE会場・通販限定アルバム先行シングル。EXTRAによるLIVE&コメント映像収録。
  9. 碧の風(ミドリノカゼ)(2008年10月8日)- オリコン97位、オリコンインディーズチャート3位
    • 2ヶ月連続リリース第1弾シングル。
  10. 碧の大地(アヲノダイチ)(2008年11月5日)- オリコン175位
    • 2ヶ月連続リリース第2弾シングル。
  11. Mr.HEAVEN(2009年7月25日
    • 会場限定シングル

アルバム[編集]

  1. 天罰円盤2006年2月24日
    • 過去に発表し即日完売したデモ音源を、リアリンジ&再録+新曲。限定1000枚。現在入手不能。
  2. 神無布教2006年12月6日
    • サウンドアドバイザーに村井研次郎(ex-SEX MACHINEGUNS、ex-cali≠gari)を迎える。
    • 2006年11月29日単独布教にて先行発売。初回限定盤Aタイプ(DVD付、限定1000枚)には愚蓮のPV収録。
  3. 夢幻教2008年4月9日)- オリコン139位、オリコンインディーズチャート初登場6位
    • 初のフルアルバムとなる作品。2タイプ同時にリリースされ、初回盤には最高の世界のPV及びメイキング映像を収録したDVD付き、通常盤にはボーナストラックが収録されている。
  4. 極彩色2009年2月25日)- オリコン179位
    • 2タイプ同時にリリースされ、初回盤には万黒深層大サァカス・導のPV及びメイキング映像を収録したDVD付き、通常盤にはボーナストラックが収録される。
  5. 羅針盤2009年9月23日)- オリコン240位
  6. INDIES BEST SELECTION 2005-20092010年3月3日)-オリコン241位

配布音源[編集]

  1. Strawberry night2005年
    • 配布シングル。現在入手不能。
  2. この世界に見放されても2006年6月20日
    • 2006年6月20日 初単独布教「大殺界」にて配布。現在入手不能。
  3. 夢の続き2008年7月13日
    • 2008年7月13日 初ホール単独布教 九段会館にて配布。
  4. 極彩色2009年5月4日
    • 2009年5月4日 SHIBUYA O-EASTにて配布。

参加オムニバス[編集]

メジャー[編集]

シングル[編集]

  1. カクセイ2010年6月9日)- オリコン週間チャート初登場51位
  2. Raise a Flag2011年4月6日)- オリコン週間チャート初登場40位
  3. 神風(2011年7月6日)- オリコン週間チャート初登場50位
  4. STAND UP!2012年10月10日)- オリコン週間チャート初登場33位
  5. 神髄 -FRONTIER-2013年7月24日)- オリコン週間チャート初登場41位
  6. 神髄 -THE POWER-(2013年9月18日)- オリコン週間チャート初登場36位

フルアルバム[編集]

  1. 欠片2010年8月4日)- オリコン週間チャート初登場74位
    • メジャーデビューアルバム。2タイプ同時発売。購入者特典付き(購入店舗によって変化)。
  2. 現実2011年8月3日)- オリコン週間チャート初登場53位
    • 俺達の信念は変わらない - 神風を起こせ NoGoDメジャー2ndアルバム。2タイプ同時発売。
  3. V2013年2月6日)- オリコン週間チャート初登場51位
    • 読み方は「ファイヴ」。
  4. Make A New World2014年9月17日)- オリコン週間チャート初登場36位
    • 彼らとしては初のオリコン週間アルバムチャートでの50位以内へのランクインを果たした。

ミニアルバム[編集]

  1. 四季彩2014年3月5日)- オリコン週間チャート初登場50位
    • 映像DVD付の[visions]、ライブ音源、アコースティック版の音源を収録した[sounds]の2種同時発売。

ベストアルバム[編集]

  1. VOYAGE 〜10TH ANNIVERSARY BEST ALBUM2015年4月8日

配布・限定作品[編集]

  1. LOVE?2012年2月19日3月24日
    • 会場限定販売シングル

DVD[編集]

  1. THE 10TH ATTACK LIVE TOUR 2012 THE 10TH GAME -FINAL-2012年7月4日)-オリコン60位

参加オムニバス[編集]

  1. CRUSH! -90's V-Rock best hit cover songs-2011年1月26日
  2. Counteraction -V-Rock covered Visual Anime songs Compilation-2012年5月23日
  3. In Other Worlds produced by マチゲリータ2012年7月25日、団長が参加)
    • 収録曲・ツギハギ惨毒、襟首
  4. V-ANIME collaboration -homme-(2014年3月26日、団長が参加)
  5. V-ANIME collaboration -femme-(2014年5月14日、団長が参加)

メディア[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

書籍[編集]

  • アーティスト・ブック『団長魂』 2014年2月10日、フールズメイト ISBN 978-4938716837

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『ROCK AND READ 029』では2005年2月結成[4]、allmusic『NoGoD Biography』では2005年3月結成[8]
  2. ^ ESPの同級生だったheidi.のヴォーカル義彦から「ヴィジュアル系向きの曲を作るんだから、ヴィジュアル系をやるべきだ」と勧められていたが、当時は自分にヴィジュアル系は無理だと思い、メタルの道へ進んだという[26]
  3. ^ CRUSH! -90's V-Rock best hit cover songs-』でSIAM SHADEの「1/3の純情な感情」をカバーした際、原曲より2音高い音程で歌いあげた。
  4. ^ 高校時代の夏休みは華凛と共にドリーム・シアターをコピーする日々だったという。華凛曰く「Kyrieに『メトロポリス・パート2』を聴かせたら、あんなになってしまった」とのこと[35]
  5. ^ 2014年、ミニアルバム『四季彩』の発売に伴い約9年間続けてきた女装を封印し、初めての男装を披露した[44]

出典[編集]

  1. ^ a b “NoGoD、ツアーファイナルで魅せた“性別も年齢も関係なくバカをやれる空間””. BARKS. (2012年7月20日). http://www.barks.jp/news/?id=1000081616 2015年2月17日閲覧。 
  2. ^ a b c NoGoD プロフィール”. OKMusic. 2014年12月31日閲覧。
  3. ^ a b NoGoD reviews, music, news - sputnikmusic・2015年3月01日閲覧。
  4. ^ a b c d ROCK AND READ 029 2010, p. 207.
  5. ^ BARKS+plus THE DAYS of NEW ROCK』 ソフトバンククリエイティブ、2007年、p.117。ISBN 978-4-7973-4078-5
  6. ^ a b c d e f 『glare vol.10』 シンコーミュージック・エンタテイメント、2008年、p.58。ISBN 978-4-401-63259-6
  7. ^ a b NoGoD、フランスにて布教活動!? パリで開催される"第15回Japan Expo"へ出演決定!”. 激ロック (2014年5月23日). 2014年12月29日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j NoGoD Biography”. allmusic. 2015年4月16日閲覧。
  9. ^ a b c ROCK AND READ 029 2010, p. 208.
  10. ^ a b c d NoGoD「V」インタビュー”. natalie (2013年2月6日). 2014年12月28日閲覧。
  11. ^ 【MUCC】逹瑯×【NoGoD】団長×【MERRY】ネロ 3者によるスペシャルコラボ企画! 超ロングインタビュー! VOL.1”. Newrock’s (2013年12月14日). 2014年12月28日閲覧。
  12. ^ a b c d NoGoDが語るエンターテインメント論「バンドは浮世離れしていて、たくさんの人を楽しませるもの」”. Real Sound (2014年9月25日). 2015年1月2日閲覧。
  13. ^ a b NoGoD アーティスト・プロフィール”. CD Journal. 2014年12月28日閲覧。
  14. ^ a b TRANSTIC NERVE、シド、NoGoD……独自の音楽的進化を遂げたV系バンド7選”. Real Sound (2014年6月9日). 2014年12月31日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h NoGoD Biography”. Visunavi. 2015年4月16日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o NoGoD PROFILE”. キングレコード. 2015年3月27日閲覧。
  17. ^ ROCK AND READ 029 2010, p. 210.
  18. ^ NoGoDオフィシャルブログ「神無的電子絵巻 / 生命航路 -TOUR FINAL- 東京キネマ倶楽部」より(2015年4月16日閲覧)
  19. ^ NoGoD 台北演唱會「KAKUSEI」”. Raku Music (2010年6月25日). 2015年3月28日閲覧。
  20. ^ NoGoD、伝えたいメッセージを突き詰めた究極のエンタテインメント・アルバム『現実』特集”. BARKS. 2015年3月29日閲覧。
  21. ^ NoGoD's European Tour Cancelled”. JpopAsia (2013年10月26日). 2015年3月29日閲覧。
  22. ^ 【結成10周年】ベスト・アルバム発売決定!!”. キングレコード. 2015年3月28日閲覧。
  23. ^ NoGoD、4/8にリリースする結成10周年記念2枚組ベスト・アルバムのタイトルが『VOYAGE ~10TH ANNIVERSARY BEST ALBUM』に決定! 収録曲も明らかに!”. 激ロック (2015年1月26日). 2015年3月29日閲覧。
  24. ^ ROCK AND READ 029 2010, p. 200.
  25. ^ ROCK AND READ 029 2010, pp. 204、200.
  26. ^ ROCK AND READ 029 2010, p. 205.
  27. ^ a b NoGoD インタビュー”. ぴあ (2011年9月13日). 2014年12月31日閲覧。
  28. ^ ROCK AND READ 029 2010, p. 204.
  29. ^ BIG MOUTH ROCK FESTIVAL -2014-”. ART POP ENTERTAINMENT. 2015年1月13日閲覧。
  30. ^ a b ROCK AND READ 043 2012, p. 151.
  31. ^ ROCK AND READ 043 2012, pp. 155, 151.
  32. ^ a b ROCK AND READ 043 2012, p. 157.
  33. ^ ROCK AND READ 043 2012, p. 158.
  34. ^ ROCK AND READ 043 2012, p. 159.
  35. ^ ROCK AND READ 043 2012, p. 154.
  36. ^ ESP ARTIST CUSTOM - Kyrie”. ESP. 2015年3月12日閲覧。
  37. ^ 「”無神”流七弦奏法!!」、『ヤング・ギター』2015年3月号、シンコーミュージック・エンタテイメント、2015年、 pp.75-81。
  38. ^ デビュー実績”. ミューズ音楽院. 2015年1月10日閲覧。
  39. ^ ESP ARTIST CUSTOM - Shinno”. ESP. 2015年3月29日閲覧。
  40. ^ a b ROCK AND READ 035 2011, p. 170.
  41. ^ ROCK AND READ 035 2011, p. 173.
  42. ^ ROCK AND READ 035 2011, pp. 173、174.
  43. ^ ROCK AND READ 035 2011, p. 175.
  44. ^ a b c スピッツ田村、WRENCH松田、NoGoD華凛…実は凄腕なJ-ROCKベーシスト6選”. Real Sound. p. 2 (2014年4月6日). 2015年1月5日閲覧。
  45. ^ NoGoDオフィシャルブログ「神無的電子絵巻」より(2015年1月4日閲覧)"XOTiC Bass XJ-1T 5strings「華凛仕様」".
  46. ^ ESP ARTIST CUSTOM - 華凛”. ESP. 2015年1月4日閲覧。
  47. ^ Chrome Shelledオフィシャルブログ「Chrome Shelled」より(2015年1月17日閲覧)
  48. ^ 出身アーティスト”. ESPミュージカルアカデミー. 2015年1月7日閲覧。
  49. ^ ROCK AND READ 029 2010, p. 209.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]