九段会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
九段会館
Kudan Kaikan 2010.jpg
情報
旧名称 軍人会館
設計者 川元良一
施工 清水組(現・清水建設[1]
建築主 財団法人軍人会館
事業主体 帝国在郷軍人会(建設時)
管理運営 財団法人軍人会館(戦前・戦中)
一般財団法人日本遺族会(戦後)
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造
敷地面積 6,098.0496 m²
※原表記「1,844.66坪」[1]
建築面積 3,113.2397 m²
※原表記「941.755坪」[1]
延床面積 14,448.0099 m²
※原表記「4,370.523坪」[1]
階数 地下1階、地上4階、塔屋付
高さ 軒高64尺(19.39m)[1]
塔屋最高部まで90尺9寸7分(27.57m)[1]
着工 1932年(昭和7年)2月
竣工 1934年(昭和9年)3月20日
所在地 102-0074
東京都千代田区九段南一丁目6番5号
座標 北緯35度41分39.99秒 東経139度45分4.44秒 / 北緯35.6944417度 東経139.7512333度 / 35.6944417; 139.7512333
備考 最寄り駅
東京メトロ東西線半蔵門線」・都営新宿線
九段下駅(4番出口より徒歩約1分)
テンプレートを表示
牛ヶ淵越しに九段会館を望む(2006年3月)

九段会館(くだんかいかん)は、東京都千代田区九段南に所在する施設。旧称は軍人会館(ぐんじんかいかん)。ホール講堂[注 1]レストラン宿泊施設などを備え、結婚式イヴェント各種などに使用されていたが、東日本大震災の影響で2011年(平成23年)4月に廃業し、施設は閉鎖されている。

概要[編集]

1928年(昭和3年)11月10日に挙行された昭和天皇即位の礼[2]を記念する「昭和御大礼記念事業」の一環として[注 2][4]、「軍人会館」の名称にて当施設の建造が計画されたのが始まり。在郷軍人会が計画を主導し、同会主催のコンペで選定された設計案[5]を基にした実施設計を経て1932年(昭和7年)に起工、2年余りの歳月を費やして完成させた。完成後は計画の主導役を務めた在郷軍人会が自らの本部を当施設内に設置した[注 3]ほか、戦前・戦中期を通じては主に軍の予備役後備役の訓練、宿泊に供された。

終戦後、それまで当施設を運営していた「財団法人軍人会館」の解散により土地も含めて国に没収され国有資産とされたが[6][10]連合国軍進駐に伴いGHQ接収され、「アーミーホール」の名称の下、進駐軍宿舎として使用された[11]

進駐軍撤退に伴い接収解除となった後、国は当施設の払い下げを公示、最終的に日本遺族会に対し無償払い下げを行うことになったものの、不動産取得税の納付にも事欠くほどだったという同会の財務状況を鑑みた国は「財団法人日本遺族会に対する国有財産の無償貸付に関する法律」(昭和28年法律第200号)(現在の「一般財団法人日本遺族会に対する国有財産の無償貸付に関する法律(昭和28年法律第200号)」)を別途公布かつ施行[12]、これに基づき同会に対し当施設を無償貸与するに至った[10]。名称も現在の「九段会館」に改められた上で1957年(昭和32年)に再開業、無償貸与を受けた日本遺族会が宿泊結婚式場・貸しホール等の各事業を運営してきたが、東日本大震災の発災時に、ホールの天井版崩落で死傷者が出たことから、土地・建物共々日本国政府に返還、廃業に追い込まれた。

屋上には靖国神社分神が祀られている[13]ほか、陸軍大将乃木希典歌碑も建てられている[14]。このうち靖国神社の分神に関しては、戦時中に靖国神社が戦災に見舞われた場合に備えたものであったとされている。

沿革(震災による閉館・廃業まで)[編集]

建物概要[編集]

建築概要[編集]

  • 設計原案…小野武雄

在郷軍人会が主催した当施設に係る懸賞設計競技で「1等賞」を受賞[5]

小野が「一等賞」を受賞した前記懸賞設計競技に於ける審査員のひとり[5]

軍人(現役軍人・在郷軍人合わせて100万円)、南満州鉄道(100万円)、一般人からの寄付で賄われたほか、昭和天皇からの御下賜金(5万円)もあった[11]

施設概要[編集]

ホテル

客室(162室・定員340名)

和・洋大宴会場

結婚式場

神殿、チャペル

食堂

くだん亭(寿司・その他和食中華料理

味の店 千成

九段迎賓館(創作フレンチイタリアン

コーヒーラウンジ

屋上ガーデン

ホール(講堂)

客席数 1112[23](1階614席・2階168席・3階330席)。座席の列番号表記は「いろは順」。

平成13年(2001年)・15年(2003年)両年度中に改修工事実施[注 8]

その他

美容室(主に婚礼美容)[25]

交通アクセス[編集]

使用実例[編集]

「軍人会館」として(戦前・戦中)[編集]

「九段会館」として(戦後)[編集]

前記の通り、戦後当施設は、日本遺族会による運営の下、貸しホールや宿泊結婚式場などの各事業が展開されてきている。

通年で(単発イヴェント除く)[編集]

例年、桜開花シーズンには、当施設から皇居の桜を眺望出来るというロケーションから[32]、花見を兼ねて食事が出来るプランが設定されていたほか[33]、5月から9月にかけては屋上ガーデンスペースを利用してビアガーデンを開設[34]。殊に夏季に開設されるその「屋上緑のビヤガーデン」では、古くからのファンを多く抱えていた[35]

音楽関連(コンサート)[編集]

音楽興行領域に於いても主としてロックフォークの系統で当施設(ホール)をコンサート会場として使用するケースは少なくなく[36]、アーティストの中には当施設にてデビューコンサートを開くものも存在する。

国内アーティストでは、サザンオールスターズ〔1978年(昭和53年)〕[37]などが当施設にてデビューを飾っているほか、奥華子〔2006年(平成18年)9月22日〕[38]BIGMAMA〔2010年(平成22年)12月25日〕[39]などは、自身デビュー以来となる初ホール公演の会場として当施設を選択している。

海外アーティストでは、フライング・ブリトウ・ブラザース(1978年4月)[40]ケヴィン・エアーズ〔1988年(昭和63年)〕[41]などが当施設を初来日公演の会場として使用してきている。

なお、当施設内ホールについて、過去十数回当施設に於いて公演を行ってきているフォークシンガー細坪基佳(元・フォークデュオ「ふきのとうボーカル)は「ある程度のキャパシティがあるけれど、ステージから3階のお客さんの顔が見える。とても身近で、安心感のようなものをもたらしてくれる」と印象を語るとともに、音響については「音が自然にはね返ってくる。ナチュラルな音の返りがあるので、『リバーブ』を足したりすることをせずしても歌いやすい」と評価している[注 11]

映画関連[編集]

映画興行領域に於いても、当施設は少なからず使用されてきている。

このうち、映画作品封切り前に於いて最初に実施される一般向け試写会である「プレミア試写会」[42]の会場として当施設が使われた例として、2007年(平成19年)1月公開の『ユメ十夜[43][44]、同年6月公開の『キサラギ[45][46]、2009年(平成21年)3月日本公開の『パッセンジャーズ』〔2008年(平成20年)米国にて製作〕[47][48]、2010年(平成22年)6月公開の『チョルラの詩(うた)』(日韓合作)[49][50]などが存在する。

また、2007年9月29日に公開された映画『クローズド・ノート』に於いてはヒロインの堀井香恵(沢尻エリカ)が所属するマンドリンクラブのコンサートロケ地として、同年11月3日に公開された映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』に於いてはヒロインの星野六子(堀北真希)が観に行った映画館のロケ地として、何れも当施設が使用されている。

その他[編集]

ギャラリー[編集]

東日本大震災後の動き[編集]

震災による天井崩落事故[編集]

前記の通り、東日本大震災に見舞われた2011年(平成23年)3月11日、当施設内ホールでは東京観光専門学校卒業式を挙行していたが、震災でホール天井の一部が崩落、同卒業式に出席していた学生・保護者・教員合わせて593人のうち、同校非常勤講師の女性2人が死亡した[52][53]

閉館[編集]

この事態を受け、当施設を運営する日本遺族会は2011年4月12日に緊急の理事会と評議員会を開いて事後の対応について協議した結果、同日付にて当施設の運営を廃止し、土地も含めて国に返還することを決定〔厚生労働省に通知済〕[18][54]、更に同年6月30日付で従業員全員を解雇することも決めた[20]。一方で、歴史的建造物であることに加え、全国の戦没者遺族にとって心の拠り所となっていることから、前記4月12日の緊急理事会・評議員会では建造物としての当施設の保存を国に対し要望していくことも決めている[18]

更に2012年(平成24年)02月28日には、約10年にわたり日本遺族会会長を務めてきた政治家で自民党元幹事長の古賀誠が、前記天井崩落事故で死亡者を出した責任を取って、同会長を辞任している[55]

建て替えに向けて[編集]

2013年(平成25年)秋、閉鎖状態で放置されていた当施設について早急な解決を望む古賀の意を受けて、自民党衆議院議員バリアフリー新法や観光立国推進基本法などの成立に関わる等の実績を有する盛山正仁が、厚生労働省や財務省などと協議を重ねながら、法改正も含めた対応策を練り上げていった[56]。そして、民間企業国有地を貸し付けて建設させるという、いわばPFI的手法を利用して高層建築物に建て替えた上で、その竣工した建築物の一部を国が取得して日本遺族会に改めて無償貸与するというスキームを纏め上げた[56][57]

加えて、このスキームの実行に際し必要となる前記「財団法人日本遺族会に対する国有財産の無償貸付に関する法律」の改正案も作成、同改正案は2014年(平成26年)5月15日に開かれた自民党厚生労働部会で了承を取るなどした上で、第186通常国会の会期末が押し迫る同年6月17日に議員立法の形で衆議院に提出された[56][58]

当該改正法案は衆議院本会議可決したものの、参議院に送られた段階で会期末を迎え継続審議扱いとされた。その後、第2次安倍内閣改造されてから最初に開会した第187臨時国会の、やはり会期末が押し迫る2014年11月18日に、継続審議扱いとされていた参議院に於いて先に審議が行われ翌11月19日に本会議に於いて可決、その日のうちに衆議院に差し戻され、2日後の11月21日に開かれた衆議院本会議にて可決・成立[56]。11月28日に法律として公布され、即日施行された[59][12]

2015年(平成27年)8月31日、関東財務局は当施設に係る建物調査等業務の一般競争入札公示した。半月余り後の9月18日に入札並びに開札を行うことになっている[60]

なお、前記2011年4月12日に開かれた日本遺族会の緊急理事会・評議員会に於いて当施設の運営廃止等と共に決定された、建造物としての当施設の保存を国に対し要望する件[18]については、可決・成立した前記改正案に附帯決議を採択・添付する形で反映されている[61]

関係者に対する告訴[編集]

東日本大震災により当施設内ホールの天井の一部が落下し、当時同ホール内に於いて卒業式を挙行していた東京観光専門学校の非常勤講師2人が死亡したことを巡り、死亡した2人の遺族などが当施設の総支配人および当施設を運営する日本遺族会の会長(当時)・古賀誠の2人を、崩落防止の義務を怠ったとして、震災から約2ヶ月経過した2011年(平成23年)5月12日、業務上過失致死傷罪の容疑にて警視庁麹町署に刑事告訴した[62][53]

刑事告訴を受けて警視庁は捜査を進めてきたが、事故発生当時、吊り天井に関し明確な耐震基準が策定されておらず、その中で日本遺族会は国が定めていた範囲の定期検査は実施していたとして、死亡した2人についての予見可能性は問えないと判断、そして2013年(平成25年)11月8日、警視庁は遺族らが求めていた前記2名の業務上過失致死傷罪での立件を見送ることを決め、起訴を求めない旨の意見書を付けて東京地方検察庁に書類送付した[63]

なお、刑事告訴した前記遺族らは、同時に民事訴訟を起こす考えも示している[64]

周辺施設等(鉄道駅・バス停留所除く)[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1934年(昭和9年)3月の竣工当時には「講堂」と称していた[1]
  2. ^ 建設途上の旧・軍人会館をとらえた大判写真を載せた時事写真速報〔昭和8年(1933年)7月1日付;題目「九段の偉観 上棟式が迫る軍人会館」〕の解説文の冒頭のところに「昭和御大礼記念事業として…」と記述されているのが見える[3]
  3. ^ 旧「軍人会館」が出版していた在郷軍人会関連書籍の奥付に於いて、戦前に当施設を管理・運営していた「財団法人軍人会館」[6][7]の本拠地と、軍人会館建設を主導した在郷軍人会の本部の両住所表記が同一となっている[8][9]ことからも、在郷軍人会が本部を軍人会館内に設置していたことを窺い知ることが出来る
  4. ^ 公式には“「昭和5年(1930年)12月15日正午」応募受付締切→「昭和6年(1931年)1月中旬」入選発表”とされているが、実際には受付締切の8日後にあたる1930年12月23日に審査を終え、更に3日後の同年12月26日に審査結果が公表された。また入賞者に対しては審査を終えた時点で内示が為されていたという[5]
  5. ^ 「九段会館」として再開業させるにあたっては、戦没者遺族に対し1世帯あたり100円の拠出を要請、更に8900万円の借り入れを別途実行、これらによって再開業に向けての改修費用を賄った[10]
  6. ^ 当初予定されていた建設費は、付帯諸設備関連費用および事務諸経費を除いて「約145万円」だった[22]
  7. ^ 「軍人会館」として建設された当施設の建設費250万円のうちの軍人拠出分(計100万円)について、軍人1人につき1円の拠出があった[10]とされているが、終戦後の昭和28年7月に開かれた衆議院厚生委員会に於いて、政府委員の一人として出席していた厚生省(現・厚生労働省)社会局長・安田巖は「在郷軍人300万人、現役軍人を含めて各自30銭以上を拠出」と発言[4]。また、当施設の建設費そのものについても安田は、先述の軍人拠出分に加え「満鉄からの寄付金100万円、その他一般の寄付金とを合せて260万円だったと思う」と発言している[4]
  8. ^ 平成13年(2001年)度中にスクリーン改修工事を、更に平成15年(2003年)度中にはケーブル交換および床面改修工事を、それぞれ実施している[24]
  9. ^ この結婚は、当時満州国に駐屯していた関東軍の仲介により実現した政略結婚であった[28]。その背景として、日満一体化を強めたいという関東軍の思惑があった[29]。当初関東軍は、清朝最後の皇帝愛新覚羅溥儀の弟で、日本の陸軍士官学校に留学して優秀な成績で卒業(恩賜の軍刀授受)し、その後千葉の陸軍歩兵学校で学んでいた溥傑と日本の皇族王女を結婚させる腹積もりであったが、皇室典範の壁に阻まれ、やむなく公卿華族や大名華族の娘たちの中から極秘に花嫁捜しをすることとなった。一方で嵯峨家でも浩の見合い写真を配り回ることで花婿捜しに奔走。そうした中、その見合い写真の1枚が溥傑の目にも止まったところから浩が花嫁候補の筆頭とされ、嵯峨家そして浩本人の意志とは無関係に縁談が進んだ。最終的に縁談はまとまり、1937年(昭和12年)2月6日に在日本満州国大使館が婚約を発表、そして日本の陸軍省が結婚式の日取りを決めた[29]。なお、結婚式当日には、現在の東京都杉並区内に存在した嵯峨侯爵邸から式場である当施設に向かう自動車の長い列が出来、当時の地元住民を驚かせたという[29]
  10. ^ 1938年(昭和13年)5月に設立準備会をつくり、約4ヶ月の準備期間を経て「大日本回教協会」の発足に至った。その初代会長には、この当時陸軍大将かつ前首相でありイスラム通としても知られていた林銑十郎が選ばれている[30]
  11. ^ 細坪基佳は、自身がボーカルを務めていたフォークデュオ「ふきのとう」の結成から間もない1977年(昭和52年)頃に初めて当施設内ホールに於いて公演を行い、以後、1992年(平成4年)の「ふきのとう」解散を経て今日に至るまで、「ふきのとう」としての公演と自身のソロ公演とを合わせて十数回、当施設内ホールのステージに立ってきている[23]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 巻末附図「軍人会館(4)」 (PDF) 」 、『建築雑誌』第587号、建築学会、1934年7月5日、 818頁、2015年10月11日閲覧。“建築様式「日本趣味を基調とせる近代式」”
  2. ^ 上永哲矢. “昭和天皇「即位の礼」が執り行われる(昭和3年=1928年)”. 歴史人(rekishijin.jp). ベストセラーズ. 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  3. ^ 4-40.昭和8年・軍人会館”. 昭和からの贈りもの(『お星さまの贈りもの』内). (株)スポージック・お星さま事務局. 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  4. ^ a b c “厚生委員会(衆議院)”. 21. 第016回国会. (1953-07-18). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/016/0790/01607180790021a.html 2015年10月11日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g 佐藤嘉明 (2006-03-31) (PDF). 神奈川県庁本庁舎と大正・昭和初期の神奈川県営繕技術者に関する建築史的研究・第3章 (Report). 横浜国立大学. pp. 182-188. http://kamome.lib.ynu.ac.jp/dspace/bitstream/10131/425/4/11734506-04.pdf#page=38 2015年10月11日閲覧. "第3章 神奈川県庁舎設計コンペ一等当選者・小尾嘉郎とその他の入選者達" →アーカイブ (PDF)
  6. ^ a b 樫山幸夫 (2014年2月25日). “【視点】産経新聞論説委員長・樫山幸夫 二・二六事件の年と同じ大雪に思う”. SankeiBiz (日本工業新聞社). http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/140225/cpd1402250503004-n1.htm 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ
  7. ^ “厚生委員会(衆議院)”. 21. 第015回国会. (1953-03-14). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/015/0790/01503140790021a.html 2015年10月11日閲覧。 
  8. ^ 国策の遂行』 帝国在郷軍人会本部、軍人会館事業部(原著1935年10月15日)。2015年10月11日閲覧。
  9. ^ 会計経理ニ関スル件達・帝国在郷軍人会会計事務整理要領』 帝国在郷軍人会本部、軍人会館図書部(原著1942年6月25日)。2015年10月11日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g 森田次夫(日本遺族会副会長) (2011年8月15日). “時局に思う「九段会館の昔ばなし」” (PDF). いさお新聞(第1156号) (岡山県遺族連盟). http://izoku-okayama.jp/jigyo_gohokoku/1156.pdf#page=4 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ (PDF)
  11. ^ a b c 山下正昭(東京八王子南RC)「2007-08年度・会長エレクト研修セミナー(PETS) (PDF) 」 、『ガバナー月信』第10号、国際ロータリー第2750地区(ガバナー・谷島昶)、2007年3月13日、 4頁、2015年10月11日閲覧。→アーカイブ (PDF)
  12. ^ a b c 一般財団法人日本遺族会に対する国有財産の無償貸付け等に関する法律 - 総務省法令データ提供システムより《2015年10月11日閲覧;→アーカイブ
  13. ^ 田原拓治 (2005年9月6日). “日本遺族会 戦後60年 曲がり角に”. 東京新聞. https://web.archive.org/web/20051111224613/http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20050906/mng_____tokuho__000.shtml 2015年10月11日閲覧。  ※現在はインターネット・アーカイブに残存
  14. ^ 第1章 「騎兵の父」となった男の足跡を残した町、そして多くの文学者の住んだ町~飯田橋・九段・麹町”. 千代田を駆け巡る、坂の上の雲. 千代田区観光協会. 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  15. ^ a b 工事タイムス(軍人会館建築摘要) (PDF) 」 、『土木建築工事画報』第10巻第5号、工事画報社、1934年5月、 249頁、2015年10月11日閲覧。→アーカイブ (PDF)
  16. ^ 千代田区環境まちづくり部景観・都市計画課景観主査 (2003年6月9日). “1:九段会館本館”. 千代田区景観まちづくり重要物件指定一覧表. 千代田区役所東京都). 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ (PDF)
  17. ^ “九段会館が閉館”. 東京新聞. (2011年5月10日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/list/CK2011051002100003.html 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ
  18. ^ a b c d “戦没者遺族の心の拠り所 九段会館の閉館決まる” (PDF). いさお新聞(第1153号) (岡山県遺族連盟). (2011年5月15日). http://izoku-okayama.jp/jigyo_gohokoku/1153.pdf 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ (PDF)
  19. ^ “九段会館「閉館」を決定 天井崩落事故で”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2011年5月9日). http://www.j-cast.com/2011/05/09095020.html 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ
  20. ^ a b “九段会館閉館に伴う今後の遺族会の方針を協議” (PDF). いさお新聞(第1154号) (岡山県遺族連盟). (2011年6月15日). http://izoku-okayama.jp/jigyo_gohokoku/1154.pdf 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ (PDF)
  21. ^ 大月敏雄まちなみ図譜・文献逍遙 其ノ十五(最終回)『建築寫眞類聚 木造小住宅』 (PDF) 」 、『『家とまちなみ』第65号』第31巻第1号、住宅生産振興財団、2012年3月21日、 66頁、 ISSN 0287-89682015年10月11日閲覧。→アーカイブ (PDF)
  22. ^ 軍人会館競技設計図集』 洪洋社編輯部、洪洋社(原著1931年4月)。NCID BA423452832015年10月11日閲覧。「国立国会図書館デジタルコレクションから」
  23. ^ a b c 【けんちくのチカラ】フォークシンガー細坪基佳氏と九段会館”. 建設通信新聞・公式記事ブログ. 日刊建設通信新聞社 (2012年11月30日). 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  24. ^ 平成15年~11年”. 工事経歴. ステージシステム(株). 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  25. ^ 原良子美容室 國見大さん”. 修了生レポート~編集会議.com. 宣伝会議 (2010年4月21日). 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  26. ^ 神聖運動とは何か”. 大本~身魂の立替え立直し. 大本信徒連合会. 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  27. ^ 第18回 二・二六事件と鹿島”. 鹿島の軌跡~歴史の中から見えてくるものがある. 鹿島. 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  28. ^ 現代日本の源流「愛新覚羅浩~国境を越えた夫婦愛」”. 向学新聞. NPO法人 国際留学生協会 (2008年10月). 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  29. ^ a b c 八巻俊雄 (2008年3月28日). “ラストエンペラーの実弟に嫁いだ侯爵令嬢”. すぎなみ学倶楽部. 杉並区産業振興センター観光係. 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  30. ^ 島田大輔「昭和戦前期における回教政策に関する考察 (PDF) 」 、『一神教世界』第6巻、同志社大学一神教学際研究センター(CISMOR)、大日本回教協会を中心に、 73-75頁、 ISSN 21850380NAID 1200056475942015年10月11日閲覧。→アーカイブ (PDF)
  31. ^ 4-15 翼賛体制”. 史料にみる日本の近代. 国立国会図書館. 2015年10月11日閲覧。 “第4章 立憲政治の危機 (c)政党の解消と翼賛政治 4-15 翼賛体制”
  32. ^ 休業中:九段会館 【お花見特集】”. 街ログ. ジャパンケーブルキャスト (2008年3月24日). 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  33. ^ お花見”. レストラン~九段会館Webサイト. 九段会館 (2010年). 2015年10月11日閲覧。 ※現在はインターネット・アーカイブ内に残存
  34. ^ 屋上緑のビアガーデン”. レストラン~九段会館Webサイト. 九段会館 (2010年). 2015年10月11日閲覧。 ※現在はインターネット・アーカイブ内に残存
  35. ^ 九段会館(閉館)”. ポータル東京(PORTAL TOKYO). (株)ポータル東京. 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  36. ^ 野村邦丸(番組パーソナリティ) (2008年1月28日). “コンサートホール列伝(2008年1月28日~2月1日各放送分)”. サウンド オブ マイスター・PART1「くにまる東京歴史探訪」. 文化放送. 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  37. ^ “桑田が「HELP!」サザン22年ぶり単独武道館でビートルズにささげた”. スポーツ報知. (2015年8月19日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150818-OHT1T50170.html 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ
  38. ^ BIOGRAPHY”. 奥華子 OFFICIAL WEB SITE. 奥華子(シンガーソングライター). 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  39. ^ “BIGMAMA、初ホール公演でツアー6公演を発表”. Musicman-NET. (2010年12月27日). http://www.musicman-net.com/artist/bigmama_3.html 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ
  40. ^ フライング・ブリトウ・ブラザース『ライヴ・フロム・トーキョウ』”. VIVID SOUND. 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ》 ※現在は当該ライヴ収録盤販売案内ページの類に具体的な公演データが掲載されているのみ
  41. ^ Masataka Koduka (2013年3月7日). “「燃えないと輝くことはできない」~ケヴィン・エアーズが残したもの”. BARKS音楽ニュース. http://www.barks.jp/news/?id=1000088161 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ
  42. ^ 町田忠(東スポ執行役員専門委員) (2013年1月30日). “日本語「プレミア」には3つの意味があるのに辞書には載ってない!?”. 言葉の旅人~東スポWeb. 東京スポーツ新聞社. 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  43. ^ ユメ十夜”. 作品情報. 映画.com (2007年1月27日). 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  44. ^ 『ユメ十夜』ドリームプレミア試写会 九段会館大ホール”. イベントレポート~日活レポート. 日活 (2007年1月11日). 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  45. ^ キサラギ”. 作品情報. 映画.com (2007年6月16日). 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  46. ^ キサラギ 2008年1月9日(水)RELEASE!”. 最新DVD&Blu-ray情報~CINEMA STREET. テレビ東京. 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  47. ^ パッセンジャーズ”. 作品情報. 映画.com (2009年3月7日). 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  48. ^ 山本モナ、恋人の真実は追究しない?「パッセンジャーズ」試写会”. 映画.com ニュース. 映画.com (2009年2月25日). 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  49. ^ チョルラの詩(うた)”. 作品情報. 映画.com (2010年6月12日). 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  50. ^ 韓流スター、キム・ミンジュン「何よりも愛を優先させます」にため息”. 映画.com ニュース. 映画.com (2010年6月5日). 2015年10月11日閲覧。→アーカイブ
  51. ^ “パク・シフ来日! 東京で初のファンミーティング開催”. Wow!Korea(ワウコリア). (2009年7月6日). http://www.wowkorea.jp/news/enter/2009/0706/10059420.html 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ
  52. ^ “【東日本大震災】首都圏 恐怖覆う 九段会館天井崩落29人死傷”. 東京新聞. (2011年3月12日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/list/CK2011031202100022.html 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ
  53. ^ a b “遺族が九段会館の事故で告訴 「耐震措置怠った」”. 共同通信. 47NEWS. (2011年5月12日). http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011051201000962.html 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ
  54. ^ “震災で2人死亡の九段会館、閉館へ 遺族会が国に返還”. 朝日新聞. (2011年5月7日). http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105070199.html 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ
  55. ^ “自民党の古賀氏が遺族会長を退任 震災死亡事故で引責”. 共同通信. 47NEWS. (2012年2月28日). http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012022801001598.html 2015年10月11日閲覧。 
  56. ^ a b c d 九段会館の建て替えのための議員立法”. 盛山正仁ブログ. 盛山正仁自民党衆議院議員) (2014年11月28日). 2015年10月11日閲覧。
  57. ^ “九段会館を民間が建替え/自民党、議員立法で法改正”. 建設通信新聞. (2014年5月16日). https://web.archive.org/web/20140811230420/http://www.kensetsunews.com/?p=31726 2015年10月11日閲覧。  ※現在はインターネット・アーカイブ内にのみ残存
  58. ^ “自民が九段会館再建向け法案=震災で天井崩落”. 時事通信Yahoo!ニュース). (2014年5月15日). http://news.yahoo.co.jp/pickup/6116845 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ
  59. ^ 財団法人日本遺族会に対する国有財産の無償貸付に関する法律の一部を改正する法律案《第187回国会(臨時会)》 - 参議院Webサイト内『議案情報』より《2015年10月11日閲覧;→アーカイブ
  60. ^ “入札公告(九段会館にかかる建物調査等業務)” (プレスリリース), 関東財務局東京財務事務所, (2015年8月31日)  ※2015年8月頃閲覧。文書自体は既にネット上から削除済
  61. ^ (PDF) 第187回国会概観 (Report). 参議院. pp. 50-51. http://www.sangiin.go.jp/japanese/gianjoho/old_gaiyo/187/1871100.pdf 2015年10月11日閲覧. "財団法人日本遺族会に対する国有財産の無償貸付に関する法律の一部を改正する法律案(第186回国会衆第45号)" →アーカイブ (PDF)
  62. ^ “【東日本大震災】九段会館の天井崩落事故 遺族ら業務上過失致傷で告訴”. MSN産経ニュース. (2011年5月12日). https://web.archive.org/web/20110514023036/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110512/dst11051217010015-n1.htm 2015年10月11日閲覧。  ※現在はテキスト部分のみインターネット・アーカイブ内に残存
  63. ^ “大震災 九段会館死傷事故 管理者の立件見送り”. 東京新聞. (2013年11月8日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/list/CK2013110802100014.html 2015年10月11日閲覧。 →アーカイブ
  64. ^ “震災での九段会館天井崩落、遺族が刑事告訴”. 読売新聞. (2011年5月12日). https://web.archive.org/web/20110514001140/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110512-OYT1T00983.htm 2015年10月11日閲覧。  ※ 現在はインターネット・アーカイブ内に残存

外部リンク[編集]