椎名佐千子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2015年

椎名佐千子(しいな さちこ、1982年11月3日 - )は、日本の演歌歌手。所属事務所は長良プロダクショングループの有限会社ガディス・プロダクション[1]

身長162cm、体重49kg。血液型O型。尊敬する歌手ちあきなおみ安室奈美恵[2]千葉県旭市出身。

経歴[編集]

幼い時、祖母に背負われて三笠優子の『夫婦川』を聴いて育つ。

歌手志望だった祖母の影響で小学生の頃からカラオケ大会に出場し、「千葉テレビカラオケ大賞グランドチャンピオン大会」など数々の大会で優勝。初めてステージで歌ったのは小林幸子の『雪椿』だった[3]

中学2年の時に「全国歌の甲子園決勝大会」で優勝した際、審査委員長を務めていた作曲家・鈴木淳スカウトされ、千葉県旭市の自宅から東京六本木の事務所まで往復4時間のレッスン通いを続けた[4]

高校時代には「ガングロ」よりも日焼けした、いわゆる「ゴングロ」を経験している。

2002年4月24日、19歳の時にキングレコードより『御意見無用の人生だ』で歌手デビュー。当時は鈴木淳の提案でブーツという「ハイカラさん」スタイルで歌っていた[5]。同年、第44回日本レコード大賞新人賞を受賞。

2013年、千葉県旭市観光大使第1号に任命された[6]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 作詞 作曲 オリコン
1 2002年4月24日 御意見無用の人生だ 仁井谷俊也 鈴木淳
2 2003年3月26日 海の男に惚れちゃった 仁井谷俊也 鈴木淳
3 2003年9月27日 泣きむし海峡 仁井谷俊也 鈴木淳 60位
4 2004年9月1日 対馬海峡 仁井谷俊也 鈴木淳 35位
5 2005年9月7日 恋勿草 悠木圭子 鈴木淳 42位
6 2006年8月23日 おじぎ草 仁井谷俊也 鈴木淳 62位
7 2007年7月25日 終着ノサップ 木下龍太郎 鈴木淳 61位
8 2008年7月23日 雪舞い港 麻こよみ 鈴木淳 46位
9 2009年9月30日 紅い寒ぼたん 麻こよみ 鈴木淳 38位
10 2010年10月27日 女の華祭り 仁井谷俊也 鈴木淳 74位
11 2011年9月28日 霧降り岬 麻こよみ 鈴木淳 29位
12 2012年11月21日 哀しみ桟橋 麻こよみ 鈴木淳 55位
13 2013年10月30日 あなたのせいよ 麻こよみ 鈴木淳 58位
14 2014年11月26日 早春慕情 悠木圭子 鈴木淳 85位
15 2015年6月24日 哀愁・・・日本海 仁井谷俊也 岡千秋 45位
16 2016年3月23日 出船桟橋 仁井谷俊也 岡千秋 38位
17 2017年3月8日 ソーラン鴎唄 仁井谷俊也 岡千秋 45位
18 2018年1月24日 舞鶴おんな雨 麻こよみ 岡千秋 44位
19 2019年1月1日 漁火街道 麻こよみ 岡千秋 22位

主なテレビ出演[編集]


  1. (2016年4月19日、「ときめきラブソング」)『恋のハレルヤ』(水森かおりとデュオ)
  2. (2016年5月17日、「都会の夜を彩る 大人のラブソング」)『飾りじゃないのよ涙は』(華原朋美とデュオ)、『出船桟橋』
  3. (2016年6月21日、「決定版!港ヨコハマ ヒットパレード」)『伊勢佐木町ブルース』、『赤い靴』(市川由紀乃丘みどりと共演)
  4. (2016年7月19日、「夏にドキドキ♥極上ラブソング集」)『太陽は泣いている』(杜このみとデュオ)
  5. (2016年10月11日、「ザッツ東京!歌でめぐる夢のパラダイス」)『東京ブギウギ』『東京ラプソディ』(出演者全員)、『紅とんぼ
  6. (2016年12月6日、「ヒット曲!総決算うたコン忘年会」)『銀座の恋の物語』(出演者全員)、『ふりむかないで』(水森かおりとデュオ)
  7. (2017年2月21日、「酒の名曲集 ほろ酔い気分届けます!」)『酔っぱらっちゃった
  8. (2017年3月28日、「あなたに贈る 卒業・旅立ち 名曲集」)『ソーラン鴎唄』
  9. (2017年6月13日、「6月の花嫁へ 永遠の愛を誓う」)『花嫁』(西田あいとデュオ)
  10. (2017年7月11日、「夏の名曲集!海へ山へふるさとへ」)『赤い夕陽の故郷
  11. (2017年9月26日、「平尾昌晃メロディー 永遠に」)『愛するってこわい』(森山愛子とデュオ)
  12. (2017年11月14日、「古賀メロディー&涙の名曲集」)『青春サイクリング』(氷川きよし、水森かおり、工藤あやのと共演)、『涙を抱いた渡り鳥』(水前寺清子の歌唱時に工藤あやの、花柳糸之社中と共に踊りを披露)
  13. (2018年3月13日、「あなたに贈る旅立ちの歌」)『学生時代』(森山愛子とデュオ)

脚注[編集]

  1. ^ 『キングレコード新譜情報』 (2002年3月号) 「今年度のイチオシ新人アーティスト」 閲覧。
  2. ^ 『キングレコード新譜情報』 (2002年3月号) 「今年度のイチオシ新人アーティスト」 閲覧。
  3. ^ 椎名佐千子(キングレコード)、新曲「女の華祭り」 代表曲に育て上げたい
  4. ^ 19歳、演歌界の異色新人女性歌手
  5. ^ 椎名佐千子デビュー10周年記念対談
  6. ^ 歌手 椎名佐千子さんが「旭市観光大使」第1号に!

外部リンク[編集]