KING SUPER LIVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

KING SUPER LIVE(キング・スーパー・ライブ)は、2015年からキングレコード主催で開催されているアニメソングのライブイベント。

2015年[編集]

KING SUPER LIVE 2015
会場として使用されたさいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市中央区)
イベントの種類 音楽系イベント
通称・略称 キンスパ、KSL
開催時期 2015年6月20日、6月21日
会場 さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)
主催 キングレコード
企画制作 KING SUPER LIVE 2015 PROJECT(企画)
Grand-Slam(製作)
来場者数 54,000人[1]
最寄駅 京浜東北線宇都宮線高崎線さいたま新都心駅
埼京線北与野駅

数多くのアニメ作品の制作に携わり、多くのアニメソング歌手や声優が所属するキングレコードが初めて主催した大型アニソンフェス[2][3][4]。過去にスターチャイルドレーベルのアニメ作品によるイベント「STARCHILD FESTIVAL」を行ったことはあったが、スターチャイルド所属アーティストのみならず、もう一つのアニメ制作部署である第三クリエイティブ本部に所属するアーティストも参加の形で行ったのは初の事例となる。

メインコンセプトが「キングレコード所縁の“アニメソング”が集うイベント」[5]であることから、上記2部署のみならず森口博子陰陽座のように自社のアニメ関連以外のレーベルに所属しながらアニメソングを歌った経験があるアーティスト、さらに奥井雅美などの過去のキングレコード所属アーティストも出演した。

開催概要[編集]

  • 開催日:2015年6月20日、6月21日
  • 会場:さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)
  • 主催:キングレコード
  • 企画:KING SUPER LIVE 2015 PROJECT
  • 制作:Grand-Slam
  • 協力:さいたまスーパーアリーナ

出演者[編集]

※両日共通、五十音順

セットリスト[編集]

No. 曲名 歌手
6月20日 6月21日
第1部
1 残酷な天使のテーゼ(『新世紀エヴァンゲリオン』OPテーマ) 高橋洋子
2 魂のルフラン(『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』主題歌)
3 ヒカリ (Short ver.)(『いぬかみっ!』OPテーマ) 堀江由衣
4 Stay with me (Short ver.)(『DOG DAYS"』EDテーマ)
5 YAHHO!!(『かなめも』EDテーマ) スクランブル(『スクールランブル』OPテーマ)
6 嵐の中で輝いて(『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』OPテーマ) 米倉千尋
7 WILL(『仙界伝 封神演義』OPテーマ)
8 ミライナイト(『生徒会役員共*』EDテーマ) 佐藤聡美
9 一筋の光明(『シドニアの騎士 第九惑星戦役』先行上映版EDテーマ) カスタマイZ
10 Our Steady Boy(『kiss×sis』EDテーマ) ゆいかおり
11 赤いメモリーズをあなたに(『革命機ヴァルヴレイヴ』2ndシーズン後期EDテーマ) かなでももこ
12 Black Holy(『モーレツ宇宙海賊』イメージソング・ゲストEDテーマ) 小松未可子
13 カラフルストーリー(『レーカン!』OPテーマ) every♥ing!
14 七つの海よりキミの海(『波打際のむろみさん』主題歌) 上坂すみれ
15 Baby Sweet Berry Love(『変態王子と笑わない猫。』EDテーマ) 小倉唯
16 Raise(『カンピオーネ! 〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜』ED主題歌) Charming Do!(『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』EDテーマ)
17 YOU GET TO BURNING(『機動戦艦ナデシコ』OPテーマ) 松澤由美
18 Dearest(『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』主題歌』)
19 Shining Tears(『シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド』OPテーマ) 保志総一朗
20 Give a reason(『スレイヤーズNEXT』OPテーマ) 林原めぐみ
21 Over Soul(『シャーマンキング』前期OPテーマ) Northern lights(『シャーマンキング』後期OPテーマ)
22 JUST BEGUN(『スレイヤーズEVOLUTION-R』最終回EDテーマ)
第2部
23 甲賀忍法帖(『バジリスク 〜甲賀忍法帖〜』OPテーマ) 陰陽座
24 凛麗(『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』前期EDテーマ) 喜多村英梨
25 Birth(『神さまのいない日曜日』OPテーマ) Happy Girl(『パパのいうことを聞きなさい!』OPテーマ)
26 輪舞-revolution(『少女革命ウテナ』OPテーマ) 奥井雅美
27 朱-AKA-(『アキハバラ電脳組』挿入歌)
28 そうだ、ぜったい。(『それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコII』OPテーマ) only one, No.1(『Di Gi Charat』主題歌)
29 BREAK IT!(『カードファイト!! ヴァンガードG』前期OPテーマ) 宮野真守
30 オルフェ(『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』OPテーマ) カノン(『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%』OPテーマ)
31 シャイン(『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ』OPテーマ)
32 Little Wish〜first step〜(『魔法少女リリカルなのは』EDテーマ) 田村ゆかり
33 Pleasure treasure(『魔法少女リリカルなのはViVid』EDテーマ)
34 W:Wonder tale(『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』EDテーマ) Fantastic future(『変態王子と笑わない猫。』OPテーマ)
35 騎士行進曲(『シドニアの騎士 第九惑星戦役』OPテーマ) シドニア(『シドニアの騎士』OPテーマ) angela
36 イグジスト(『蒼穹のファフナー EXODUS』OPテーマ) KINGS(『K』OPテーマ)
37 明日へのbrilliant road(『宇宙のステルヴィア』OPテーマ) Shangri-La(『蒼穹のファフナー』OPテーマ)
38 水の星へ愛をこめて(『機動戦士Ζガンダム』後期OPテーマ) 森口博子
39 ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜 2015 Ver. ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜(『機動戦士ガンダムF91』主題歌)
40 Synchrogazer -Aufwachen Form-(『戦姫絶唱シンフォギア』OPテーマ) 水樹奈々
41 終末のラブソング(『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』後期EDテーマ) 禁断のレジスタンス(『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』前期OPテーマ)
42 ETERNAL BLAZE(『魔法少女リリカルなのはA's』OPテーマ)
スペシャルコラボコーナー
43 ハッピー☆マテリアル(『魔法先生ネギま!』OPテーマ) 上坂すみれ、かなでももこ、佐藤聡美、ゆいかおり、every♥ing!
44 for フルーツバスケット(『フルーツバスケット』OPテーマ) 喜多村英梨、小松未可子、堀江由衣、田村ゆかり
45 翔べ! ガンダム(『機動戦士ガンダム』OPテーマ) 保志総一朗、宮野真守、KATSU(angela)
46 RHYTHM EMOTION(『新機動戦記ガンダムW』後期OPテーマ) JUST COMMUNICATION(『新機動戦記ガンダムW』前期OPテーマ) 水樹奈々、松澤由美、森口博子、米倉千尋、atsuko(angela)
47 Get along(『スレイヤーズ』OPテーマ) 出演者全員
  • 曲名の太字表記は後述の特別番組「アニソン奇跡の夜」で放送された楽曲。

関連番組[編集]

ラジオ
  • KING SUPER フィーリング 2015
    KING SUPER LIVE出演アーティストがパーソナリティを務めるラジオ番組にて、9組のアーティストが3チームに分かれ、同じチームの番組にゲスト出演し答え合わせゲームを行い合計点を競う横断企画。優勝予想クイズを実施し的中者の中からライブ招待券が抽選でプレゼントされた[7]
テレビ
  • KING SUPER LIVE 2015 出演アーティスト スペシャルスペースシャワーTVプラス
    KING SUPER LIVE出演アーティストのミュージックビデオを放送した特別番組[9]
    放送時間:2015年6月7日21:00 - 22:00
アニソン奇跡の夜
〜KING SUPER LIVE 2015〜
ジャンル 音楽番組
放送時間 日曜 23:00 - 24:00(60分)
放送期間 2015年9月6日・13日(2回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 KING SUPER LIVE 2015出演アーティスト
音声 ステレオ放送
字幕 字幕放送
テンプレートを表示
  • アニソン奇跡の夜 〜KING SUPER LIVE 2015〜NHK BSプレミアム
    2015年9月6日・13日の2週にわたって6月21日の公演の模様を放送した特別番組[10]。9月6日に第1部、13日に第2部・スペシャルコラボコーナーを放送。
    放送時間:2015年9月6日・13日 23:00 - 24:00
    • 再放送:2015年10月27日24:15 - 25:15(前編)、11月3日23:45 - 24:45(後編)
スタッフ
  • 映像提供:キングレコード
  • ナレーション:高山哲哉
  • ディレクター:守屋篤
  • 取材:山岡則裕
  • 制作統括:山田良介、山中宏之
  • 製作:NHKエンタープライズ
  • 制作・著作:NHK

映像ソフト[編集]

KING SUPER LIVE 2015
ライブ・ビデオ
リリース
録音 2015年6月21日(一部6月20日
日本の旗 日本
さいたまスーパーアリーナ
ジャンル J-POP
アニメソング
レーベル キングレコード
チャート最高順位
  • 週間12位(オリコンDVD音楽)
  • 週間3位(オリコンBD総合)
  • 週間1位(オリコンBD音楽)
テンプレートを表示

2015年12月9日にBlu-ray DISC2枚組またはDVD3枚組で映像ソフトとして発売された[11][12]。6月21日開催分の公演全内容をMCも含め完全収録、映像特典として20日開催分のみ披露された楽曲のライブ映像(曲間のMC等は未収録)とバックステージの様子などを中心としたメイキング映像を収録、BD版はスペシャルパッケージ仕様となっている。

2017年[編集]

KING SUPER LIVE 2017 TRINITY
会場として使用された日本武道館(東京都千代田区)
会場として使用された
日本武道館
東京都千代田区
イベントの種類 音楽系イベント
通称・略称 キントリ
開催時期 2017年3月5日
会場 日本武道館
主催 キングレコード
企画制作 KING SUPER LIVE 2017 TRINITY PROJECT(企画)
Grand-Slam(製作)
最寄駅 東京メトロ東西線半蔵門線九段下駅

2016年2月にスターチャイルドレーベルと第三クリエイティブ本部が統合して発足したキング・アミューズメント・クリエイティブ本部になってから初めての開催となる合同ライブで、前回と異なり会場を日本武道館に移し、出演者を前回も出演した上坂すみれと小倉唯、そして前回開催以後の2015年12月に所属した水瀬いのりと、同世代の若手女性声優3人に絞っている[13]。この点では2015年9月に一度行われた「STARCHILD presents LIVE NEXUS」に近い形態となる。

開催概要(2017年)[編集]

セットリスト(2017年)[編集]

曲名の太字表記は後述のBS11特別番組で放送された楽曲。

No. 曲名 歌手
1 Inner Urge 上坂すみれ
2 閻魔大王に訊いてごらん
3 ♡をつければかわいかろう
4 恋する図形 (cubic futurismo)
5 文豪でGO!
6 七つの海よりキミの海
7 夢のつぼみ 水瀬いのり
8 MELODY FLAG
9 Starry Wish
10 Ring of Smile
11 春空
12 harmony ribbon
13 Honey♥Come!! 小倉唯
14 Baby Sweet Berry Love
15 Future Strike
16 Raise
17 ガーリッシュエイジ
18 ハイタッチ☆メモリー
コラボレーションコーナー
19 STARTING NOW! 上坂すみれ×水瀬いのり
20 Love Destiny 小倉唯×上坂すみれ
21 ETERNAL BLAZE 水瀬いのり×小倉唯
22 経験値上昇中☆ 出演者全員
アンコール
23 ハッピー☆マテリアル 出演者全員

テレビ放送[編集]

  • 開局10周年特別番組「KING SUPER LIVE 2017 TRINITY」BS11
    放送時間:2017年5月13日 20:00 - 21:54
    再放送:2017年12月31日 20:00 - 21:54

映像ソフト(2017年)[編集]

KING SUPER LIVE 2017 TRINITY
ライブ・ビデオ
リリース
録音 2017年3月5日
日本の旗 日本 日本武道館
ジャンル J-POP
アニメソング
レーベル キングレコード
テンプレートを表示

2017年8月23日にBlu-ray DISCで映像ソフトとして発売。映像特典にはメイキング映像を収録。初回製造分のみ三方背BOXのスペシャルパッケージ仕様となる。

2018年[編集]

KING SUPER LIVE 2018
東京公演の会場として使用される東京ドーム(東京都文京区)
東京公演の会場として使用される
東京ドーム
東京都文京区
イベントの種類 音楽系イベント
通称・略称 キンスパ、KSL
開催時期 2018年9月24日(東京公演)、9月30日(台湾公演)、10月14日(上海公演)
会場 東京ドーム(東京公演)
国立体育大学体育館(台湾公演)
メルセデス・ベンツアリーナ(上海公演)
主催 キングレコード
アミューズ台湾(台湾公演)
企画制作 KING SUPER LIVE 2018 PROJECT(企画)
モストプランニング(製作)
最寄駅 東京公演
中央・総武緩行線都営地下鉄三田線水道橋駅
東京メトロ丸ノ内線南北線後楽園駅
都営地下鉄大江戸線春日駅
台湾公演
桃園機場捷運体育大学駅
上海公演
上海軌道交通8号線中華芸術宮駅

3回目の開催となるKING SUPER LIVEで、2018年6月29日に開催が発表された[14]。前回の「2017 TRINITY」から約1年半ぶり、大規模アニソンフェスとしては「2015」から約3年3ヶ月ぶりの開催となる。今回は日本での会場を東京ドームに移して1日開催になったほか、今回初めて台湾上海の2ヶ所での海外公演を実施する。

東京公演[編集]

開催概要(東京)[編集]

  • 開催日:2018年9月24日
  • 会場:東京ドーム
  • 主催:キングレコード
  • 企画:KING SUPER LIVE 2018 PROJECT
  • 制作:モストプランニング

出演者(東京)[編集]

台湾公演[編集]

開催概要(台湾)[編集]

出演者(台湾)[編集]

上海公演[編集]

上海公演の会場として使用される
メルセデス・ベンツアリーナ

開催概要(上海)[編集]

出演者(上海)[編集]

備考[編集]

キングレコードの演歌・歌謡曲系歌手によるライブイベントは「キングオールスター歌謡パレード」の名称で山野楽器の主催、キングレコードと文化放送の後援で開催されている。これは第1回を開催した2012年に山野楽器が創業120周年、前年の2011年にキングレコードが創業80周年と、併せて200周年を迎えたことに由来し[15]、以降5年周期で開催されている[16]

脚注[編集]

  1. ^ 林原めぐみ・水樹奈々ら集結 キング初のアニソン祭りに5万4000人に熱狂 オリコンスタイル 2015年6月22日
  2. ^ 林原めぐみら総勢22組!キングレコード初のアニソンフェス6月たまアリで 音楽ナタリー 2015年2月2日
  3. ^ キングレコード、初の大型アニソンフェス「KING SUPER LIVE 2015」を6月20日/21日にSSAで開催! 林原めぐみ、水樹奈々、堀江由衣、田村ゆかり、宮野真守、奥井雅美、米倉千尋など アキバ総研 2015年2月2日
  4. ^ キングレコード主催のアニソンフェス「KING SUPER LIVE 2015」が開催決定。林原めぐみ・水樹奈々・田村ゆかり・堀江由衣・宮野真守・ゆいかおりら22組が出演 moca 2015年2月2日
  5. ^ KING SUPER LIVE 2015 陰陽座 瞬火のまったり徒然草 2015年2月2日
  6. ^ ボーカルのHAMAは肺気胸と診断され、加療のため出演を辞退し、残りのメンバー3人が出演。
    HAMA「KING SUPER LIVE 2015」出演キャンセルのお知らせ - カスタマイZ OFFICIAL WEB
  7. ^ 宮野真守、堀江由衣ら「KING SUPER LIVE」出演者がゲームで競争 音楽ナタリー 2015年3月28日
  8. ^ NEWS 「KING SUPER LIVE 2015」開催記念 ラジオ横断企画“KING SUPER フィーリング 2015”実施!! - KING SUPER LIVE 2015
  9. ^ キングレコード主催の豪華アニソンフェス特番がスペシャTVで放送 おた☆スケ 2015年6月2日
  10. ^ KING SUPER LIVE、NHK BSプレミアムで2週にわたってオンエア 音楽ナタリー 2015年8月12日
  11. ^ KING SUPER LIVE 2015 / Blu-ray&DVD 2015.12.9 RELEASE
  12. ^ 「KING SUPER LIVE 2015」がBlu-ray&DVDになって12月9日に発売決定,マイナビニュース,2015年9月14日
  13. ^ 「KING SUPER LIVE 2017 TRINITY」開催決定! 日本武道館で2017年3月5日,マイナビニュース,2016年12月25日
  14. ^ 水樹奈々・宮野真守ら東京ドームで豪華共演へ 『キンスパ』初の海外公演も決定,ORICON NEWS,2018年6月29日
  15. ^ キングレコード&山野楽器、“200周年”記念コンサート開催へ,ORICON NEWS,2011年5月18日
  16. ^ 「キングオールスター歌謡パレード」でペギー葉山、大月みやこら演歌・歌謡曲系アーティスト全39人が競演,唄栞,2017年2月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]