アニメ紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アニメ紅白歌合戦(アニメこうはくうたがっせん)は、1983年1998年1999年2012年2014年に行われたアニメソングイベント、および同イベントを放送したニッポン放送ラジオ番組を指す。主催は1983年のみ日本アニメ大賞実行委員会でニッポン放送は後援、1998年以降はニッポン放送が主催。

輝け!アニメ紅白歌合戦[編集]

概要[編集]

鉄腕アトムの放送開始(1963年)から20周年を記念して行われた日本アニメ大賞の関連企画として、1983年11月16日日本武道館で開催された日本アニメフェスティバル'83の第3部として行われた。

なお、第1部は熊倉一雄の語りによるTVアニメーション20年史、第2部はスラップスティックライブであった。日本アニメ大賞ファン大賞に投票した主催者であるアニメ雑誌アニメディア』『ジ・アニメ』『マイアニメ』『月刊OUT』『アニメック』の読者が招待された。

出演者[編集]

総合司会[編集]

赤組[編集]

キャプテン:白石冬美クックロビン音頭
応援団長:加藤みどり

白組[編集]

キャプテン:内海賢二
応援団長:神谷明「夜明けのセーリング」

ラジオ放送[編集]

同年の大晦日に放送された。

アニメ紅白歌合戦1998[編集]

概要[編集]

ニッポン放送開局45周年記念[1]として、1998年12月29日東京国際フォーラムホールAに5000人を集めて行われた。

ラジオ番組『アニガメパラダイス』の延長線上といった感じで、イベント開始前にPPP(松澤由美桑島法子麻績村まゆ子)によって同番組の主題歌「KO-KOパラダイス」が初披露された。

イベント中に、出演者全員による架空のアニメ映画『ディープタイタニックアルマゲインパクトドン』の予告編の生アフレコを行った。また、応援団として岩田光央愛河里花子夫妻が乱入した。

出演者[編集]

総合司会[編集]

赤組[編集]

キャプテン:緒方恵美

白組[編集]

キャプテン:横山智佐

ラジオ放送[編集]

イベント当日の『ゆずのオールナイトニッポン』枠にて、「オールナイトニッポンスペシャル」として放送された。出演者は荘口・岩男・松澤・麻績村で、『アニガメパラダイス』出演者では桑島のみが帰省の為、岩手の実家から電話での出演となった。出演順に曲を放送し、それぞれの出演者に電話を繋ぐこともあった。

20世紀アニメ紅白歌合戦[編集]

概要[編集]

前年に続いてニッポン放送開局45周年記念として、1999年12月27日日本武道館に10000人を集めて行われた。

幕間では、水木一郎堀江美都子によるアニメソングメドレーが披露された。また、「20世紀日本アニデミー賞」と称して各世代のNo.1アニメの投票結果を発表、『機動戦士ガンダム』の表彰に古谷徹が登場したほか、佐々木功が「宇宙戦艦ヤマト」を、高橋洋子が「残酷な天使のテーゼ」を歌った。

本戦とは別に、紅組白組への勝敗投票の集計中にkirakira☆メロディ学園が「大好き!」を、荘口彰久(バンド「CUZU」名義)が「Try To Jump」を、まりまゆ(山本麻里安と麻績村まゆ子)が『アニガメパラダイス』の主題歌「Angel KISS」を披露した。

出演者[編集]

総合司会[編集]

  • 荘口彰久
  • 麻績村まゆ子(白組アシスタント)
  • 山本麻里安(赤組アシスタント)

白組[編集]

キャプテン:水木一郎
  • 松本梨香「ポケモンメドレー」(めざせポケモンマスター、OK!、ライバル!、タイプ:ワイルド)
  • 三重野瞳「魔神英雄伝ワタルOPメドレー」(Fight、ひとつのハートで、STEP)
  • 大森玲子「La La La 〜くちびるに願いをこめて〜」「いつかどこかで」
  • 水木一郎「バビル2世」
  • 緒方恵美「song for you」
  • 岩男潤子「Fly over to you...夜空をかけて」

赤組[編集]

キャプテン:堀江美都子

ラジオ放送[編集]

『「20世紀アニメ紅白歌合戦」 完全保存版スペシャル』として同年の大晦日の19:00 - 21:00に放送された(途中、19:58頃に中断で交通情報とニュースが挿入された)。前回と違い、ニッポン放送のみで放送され、放送形態も収録放送だった。事前に告知していたこともあり、参加者からEメールやFAXが送られ、紹介されていた。

ミュ〜コミ+プラス presents アニメ紅白歌合戦[編集]

ミュ〜コミ+プラス』のイベントとして開催。木曜企画「声優プラス」を主幹としたイベントであり、アーティストや声優によるライブの他、「声優プラス」の企画も行われる(『(変態音響監督ヨシダ)もう!私に何を言わせるの』および『140文字のハートストーリー』)。この模様の一部は開催日翌週の『ミュ〜コミ+プラス』本編内で放送。

第1回「アニメ紅白歌合戦」[編集]

2012年2月19日に東京国際フォーラムホールAを会場に開催[2]。前回開催から約13年ぶりの開催となる。

イベント終盤には戸松遥豊崎愛生の漫才コーナーがあった(この時点では戸松はビデオ出演の形であったが、後にステージ上に登場した)。

なお、白組司会の吉田尚記アナウンサーが知っていたシークレットゲストは山本正之岩崎良美のみであり、明坂聡美と戸松遥の出演は把握していなかった。その上、ドッキリで「残酷な天使のテーゼ」をワンコーラス、2度歌わされた。

出演者[編集]

総合司会[編集]
白組司会:吉田尚記
紅組司会:豊崎愛生
出場歌手[編集]
白組
紅組
オープニングアクト(『こえ部』「目指せ!アニメ紅白 20秒選手権」優勝リスナー)
  • 三崎一葉
  • 紫苑寺ゆち

第2回「アニメ紅白歌合戦 Vol.2」[編集]

2012年12月16日国立代々木第一体育館で開催された[3]

後日、BSスカパー!MUSIC ON! TV特別番組として放送。

司会[編集]

白組司会:吉田尚記
紅組司会:スフィア(寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生)

出演者[編集]

オープニングアクト(「歌ってみちゃった選手権」優勝リスナー)
  • 鷽*Uso(『ミュ〜コミ+プラス』代表) - 2012年10月度スペシャルウィーク企画内で選出
  • がく(『こえ部』代表)

第3回「アニメ紅白歌合戦 Vol.3」[編集]

ニッポン放送開局60周年記念企画「LIVE EXPO TOKYO 2014」の一環で、2014年1月19日に国立代々木第一体育館で開催[4]

BSスカパー!やMUSIC ON! TVで特別番組として放送された。

司会[編集]

白組司会:吉田尚記
紅組司会:スフィア(寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生)

出演者[編集]

白組
  • OLDCODEX「prayer」「WALK」「Rage on」「#4」「Stargazer」「flag on the hill」
  • GRANRODEO「The Other self」「デタラメな残像」「偏愛の輪舞曲」「modern strange cowboy」「Infinite Love」
  • ヒャダイン「hyadainwarrior」「ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C」「半パン魂」
  • M'Arc-os-Amar(浅沼晋太郎)ロボニカルメドレー「マジンガーZ」「魂のルフラン」「空色デイズ」「トライアングラー」
  • 吉田尚記
  • 立木文彦「残酷な天使のテーゼ(2009VERSION)」 - シークレットゲスト
紅組
  • 上坂すみれ「七つの海よりキミの海」「革命的ブロードウェイ主義者同盟」
  • スフィア[注釈 1]「Non stop road」「Now loading…SKY!!」「MOON SIGNAL」「ライオン(カバー)」「Sticking Places」
  • 竹達彩奈「Sinfonia! Sinfonia!!!」「マシュマロ」「週末シンデレラ」「ライスとぅミートゅー」
  • ももいろクローバーZ[注釈 1][注釈 2]「Z伝説~終わりなき革命~」[注釈 3]「みてみて☆こっちっち」「ピンキージョーンズ」「Believe」「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
  • ももいろスフィア(ももいろクローバー・スフィアコラボ)[注釈 4]「マジLOVE1000%」
オープニングアクト
審査員席レポーター

第4回「アニメ紅白歌合戦 Vol.4」[編集]

2015年1月25日に開催予定。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 終盤に混成ユニット『ももいろスフィア』としても登場。
  2. ^ 佐々木彩夏は足を骨折していた関係上、ロボットの着ぐるみ姿で登場した。
  3. ^ 立木文彦による生ナレーション付き。
  4. ^ 佐々木彩夏を除く

出典[編集]

外部リンク[編集]