微かな密かな確かなミライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
微かな密かな確かなミライ
スフィアシングル
初出アルバム『4 colors for you
B面 synchronicity
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル GloryHeaven
作詞・作曲 古屋真(作詞)
森谷康昭(作曲)
チャート最高順位
スフィア シングル 年表
Eternal Tours
(2014年)
微かな密かな確かなミライ
(2014年)
情熱CONTINUE
2015年
4 colors for you 収録曲
ワタシ♪NOTEと#ペンシル
(9)
微かな密かな確かなミライ
(10)
Ding! Dong! Ding! Dong!
(11)
タイムマシン
(6)
synchronicity
(7)
Jolly Dolly's Music!!!
(8)
テンプレートを表示

微かな密かな確かなミライ」(かすかなひそかなたしかなミライ)は、スフィアの楽曲。古屋真が作詞、森谷康昭が作曲を手掛けた。スフィアの15枚目のシングルとして2014年5月14日GloryHeavenから発売された。タイトルはメンバー内での呼称時「微かな」と「密かな」が紛らわしいため「かひた」と略しているという[3]

音楽性[編集]

本曲は、テレビアニメ龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』のエンディングテーマに起用された。切なさを感じさせるかっこいい曲で、戸松遥は本作を「具体的な目標に向かって進んでいく歌」と述べている。歌詞には「推定100時間の涙」のようにややファンタジー的なフレーズが盛り込まれている。ちなみに豊崎愛生は他のメンバーよりもウィスパーを多く録ったという[3]。なおデモを聴いた時今まで以上に音の幅が広かっため、メンバー全員が歌う様子を期待したという。メロディはAメロは高垣彩陽曰く「足が地に着く」ような感じで、Dメロでは各メンバーがワンフレーズずつ歌っている[4]

PVは、別の場所にいるメンバー同士[注 1]が最終的に合流する大人っぽい内容になっているが、ちなみにメンバー内では寿が一番早く集合場所に辿り着いたという[5]

シングルリリース[編集]

2014年5月14日にGloryHeavenから発売された。スフィアのシングルとしては前作「Eternal Tours」から約3か月ぶりのリリースとなる。

販売形態は初回限定盤(LASM-34168/9)・通常盤(LASM-4168)・期間限定盤(LASM-34170)の3種リリースで、初回限定盤には本曲のPVを収録したDVDが同梱されている。ジャケットは、グループ初となる漢字を含む楽曲のため、ソロカットの撮影時に立体文字でタイトルや各メンバーの名前を表現したという。なお撮影時はカメラマンが各メンバーの名前を象った文字を呼ぶため、メンバーがあたかも小道具のように扱われたという[5]。なお期間限定盤のジャケットには、同アニメのヒロインである龍ヶ嬢七々々が描かれている。

2曲目「synchronicity」は、言葉の掛け合いや体全体でのリズムを大事にしたシャッフル調の曲で、ライブでの盛り上がりも意識したという[7]

スフィア単体としてランティスが制作に関わっていないアニプレックス作品に楽曲が起用されるのは本作品が初めてとなった。この作品を皮切りに、17thシングル「vivid brilliant door!」、コンピレーション作品の「一分一秒君と僕の」(HoneyWorks meets スフィア名義、ミュージックレイン発売)などのアニプレックス単体作品に起用されることが多くなった。

シングル収録内容[編集]

CDシングル[1]
全作詞: 古屋真。
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「微かな密かな確かなミライ」古屋真森谷康昭黒須克彦
2.「synchronicity」古屋真遠山大介、松村PONY古川貴浩
3.「微かな密かな確かなミライ(Off Vocal)」古屋真  
4.「synchronicity(Off Vocal)」古屋真  
合計時間:
DVD(初回限定盤のみ)
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「微かな密かな確かなミライ」(Music Video Clip)  

チャート[編集]

チャート(2014年) 最高位
オリコン[2] 15
Billboard Japan Hot 100[8] 49
Billboard Japan Hot Animation[9] 12
Billboard Japan Hot Singles Sales[10] 12
サウンドスキャンジャパン(初回生産限定盤)[11] 16

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 戸松は部屋でティータイムをお嬢様っぽい雰囲気で、寿美菜子運河で、豊崎は公園ピクニックに来た幼稚園児と、高垣はグランドピアノが設置されたホールでそれぞれ行った[5][6]

出典[編集]

  1. ^ a b 微かな密かな確かなミライ [CD+DVD]<初回生産限定盤>”. タワーレコード. 2014年5月21日閲覧。
  2. ^ a b 微かな密かな確かなミライ”. ORICON STYLE. オリコン. 2014年5月21日閲覧。
  3. ^ a b 声優グランプリ6月号 2014, p. 18.
  4. ^ 声優アニメディア6月号 2014, p. 54.
  5. ^ a b c 声優グランプリ6月号 2014, p. 20.
  6. ^ 声優アニメディア6月号 2014, p. 55.
  7. ^ 声優アグランプリ6月号 2014, p. 19.
  8. ^ Billboard Japan Hot 100 2014/05/26 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2014年5月21日閲覧。
  9. ^ Billboard Japan Hot Animation 2014/05/26 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2014年5月28日閲覧。
  10. ^ Billboard Japan Hot Singles Sales 2014/05/26 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2014年5月28日閲覧。
  11. ^ 週間 CDソフト TOP20 シングル ランキング TOP20 2014年5月12日〜2014年5月18日 調査分”. Phile-web. 音元出版. 2014年5月21日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]