時空ツアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
時空ツアーズ
竹達彩奈シングル
初出アルバム『apple symphony
B面 Hey! MUSIC BOYS & MUSIC GIRLS!
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 いしわたり淳治(作詞)
筒美京平(作曲)
チャート最高順位
竹達彩奈 シングル 年表
♪の国のアリス
2012年
時空ツアーズ
(2013年)
週末シンデレラ
(2013年)
ミュージックビデオ
時空ツアーズ / 竹達彩奈 ミュージック・ビデオ - YouTube
apple symphony 収録曲
♪の国のアリス
(13)
時空ツアーズ
(14)
リズムとメロディの為のバラッド
(15)
テンプレートを表示

時空ツアーズ」(じくうツアーズ)は、竹達彩奈の楽曲。彼女の3枚目のシングルとして2013年1月9日ポニーキャニオンから発売された。

概要[編集]

前作「♪の国のアリス」から約4ヶ月ぶりのリリースとなる2013年1作目のシングル。販売形態は初回限定盤と通常盤の2種リリースで、前者には表題曲のPVを収録したDVDが同梱されている。作詞をSuperflyの「愛をこめて花束を」、少女時代の「PAPARAZZI」等で知られるいしわたり淳治、作曲を近藤真彦の「スニーカーぶる〜す」、ジュディ・オングの「魅せられて」、いしだあゆみの「ブルー・ライト・ヨコハマ」等で知られる筒美京平が手掛けている[7]

本作はオリコンデイリーチャート7位、ウィークリーチャートは10位を記録し、デビューから3作連続でTOP10入りを果たす。またサウンドスキャンの週間ランキングでは6位を記録し、自己最高記録を更新する[3]。さらに発売から約半年後の6月12日付「週間USEN HITアニメランキング」で、最多タイ記録となる通算4回目の首位を獲得すると[8]、その後もリクエストやオンエア実績を伸ばし続け、2013年1月-11月の「年間USEN HITアニメランキング」にて、Linked Horizonの『紅蓮の弓矢』などの作品を抑え、年間1位を達成する[9]

批評[編集]

Billboard JAPAN平賀哲雄は、「昭和歌謡黄金期を想起させるコーラスワークや音使い、マンモスの背中から宇宙まで飛んでいってしまう自由かつキャッチーなストーリー」と評した[10]

収録曲[編集]

  1. 時空ツアーズ [4:23]
    作詞:いしわたり淳治、作曲:筒美京平、編曲:小林俊太郎
    竹達曰く「子供から大人までたくさんの人に聴いてもらえるような曲調」で、歌詞も『時空ツアーズ』のタイトル通り歴史上の人物の事物を未来へと伝えるメッセージになっている。また、 レコーディングでは作曲を筒美京平が手掛けていることもあってか、少し緊張していたという[7]
  2. Hey! MUSIC BOYS & MUSIC GIRLS! [4:29]
    作詞・作曲・編曲:沖井礼二
    デビューシングル『Sinfonia! Sinfonia!!!』と、後にリリースされたファーストアルバム「apple symphony」収録曲の『リズムとメロディの為のバラッド』と合わせて三部作になっている。なお、この曲は三部作の二曲目[11]
  3. 時空ツアーズ(Instrumental
  4. Hey! MUSIC BOYS & MUSIC GIRLS!(Instrumental)

DVD(初回限定盤のみ)

  1. 時空ツアーズ(Music Clip)

クレジット[編集]

出典[編集]

  1. ^ 時空ツアーズ”. ORICON STYLE. オリコン. 2015年3月21日閲覧。
  2. ^ a b you大樹”. Oricon. 2015年3月21日閲覧。 (subscription only)
  3. ^ a b 週間 CDソフト TOP20 シングル ランキング TOP20 2013年1月7日-2013年1月13日 調査分”. サウンドスキャン. 2014年6月25日閲覧。
  4. ^ Billboard Japan Hot 100 2013/1/21 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015年3月21日閲覧。
  5. ^ Billboard Japan Hot Singles Sales 2013/1/21 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015年3月21日閲覧。
  6. ^ Billboard Japan Hot Animation 2013/1/21 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015年3月21日閲覧。
  7. ^ a b 竹達彩奈 (2012年11月12日). 竹達彩奈、3rdシングルは筒美京平が作曲! コメントも到着!. (インタビュー). リッスンジャパン.. http://listen.jp/store/musicnews_41859_all.htm 2013年1月9日13:19閲覧。 
  8. ^ “竹達彩奈、USEN HITアニメ・ランキングで快挙”. BARKS (ITmedia). (2013年6月14日). http://www.barks.jp/news/?id=1000091336 2014年7月1日閲覧。 
  9. ^ “発表! 2013 年間 USEN HIT アニメランキング”. USEN. http://music.usen.com/special/animeranking2013/ 2014年7月1日閲覧。 
  10. ^ 竹達彩奈×筒美京平×いしわたり淳治の1曲 J-POPに限界なし”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2013年1月). 2013年1月9日13:19閲覧。
  11. ^ 「全曲紹介」『声優グランプリ』2013年5月号、主婦の友社、2013年4月10日、 10 - 11頁。

外部リンク[編集]