週末シンデレラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
週末シンデレラ
竹達彩奈シングル
B面 マシュマロ
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 エマキガミタ(作詞)
田上修太郎(作曲)
チャート最高順位
竹達彩奈 シングル 年表
時空ツアーズ
2012年
週末シンデレラ
(2013年)
わんだふるワールド
2014年
ミュージックビデオ
週末シンデレラ / 竹達彩奈 - YouTube
テンプレートを表示

週末シンデレラ」(しゅうまつシンデレラ)は、竹達彩奈の楽曲。エマキガミタが作詞、田上修太郎が作曲を手掛けた。竹達の4枚目のシングルとして2013年12月4日ポニーキャニオンから発売された。

音楽性[編集]

本曲「週末シンデレラ」は、カッコいい曲のため、レコーディングに際しても自身のカラーにカッコよさを加えながら歌ったという[3]。なお当初歌詞を見た際、自身のイメージとは程遠いリア充的な内容であったため歌えるか不安であったという[4]。ちなみにコーラスでは「かわいい女の子」や太った男性などを4役で演じている。楽器編成に関しては、前作までのピアノをベースとしたメロディから管楽器主体のメロディに変更されている[4]

PVでは、監督の要望で今まで苦手としていたウインク英語版に挑戦している[5]

シングルリリース[編集]

2013年12月4日にポニーキャニオンから発売された。竹達のシングルとしては前作「時空ツアーズ」から約11か月ぶりのリリースとなる。

初回限定盤 (PCCG-1376) と通常盤 (PCCG-70198) の2種リリースで、初回限定盤には本曲のPVを収録したDVDが同梱されている。

2曲目「マシュマロ」は、丹下桜が作詞を手掛けている。そのため制作に際し丹下の11thシングル「未来からのエアメール」のような世界観[注 1]で作詞を依頼し、かわいくて甘い曲に仕上がっている[3]

シングル収録内容[編集]

CDシングル[1]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「週末シンデレラ」エマキガミタ田上修太郎田上修太郎
2.「マシュマロ」丹下桜吉田哲人吉田哲人
3.「週末シンデレラ (Instrumental)」   
4.「マシュマロ (Instrumental)」   
合計時間:
DVD(初回限定盤のみ)
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「週末シンデレラ [Music Video]」  

スタッフ・クレジット[編集]

チャート[編集]

チャート(2013年) 最高位
オリコン[2] 16
Billboard JAPAN Hot 100[6] 68
Billboard JAPAN Hot Singles Sales[7] 12
Billboard JAPAN Hot Animation[8] 8
サウンドスキャンジャパン[9] 15

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ タンポポの綿帽子が登場するかわいらしい曲[5]

出典[編集]

  1. ^ a b 週末シンデレラ [CD+DVD]<初回限定盤>”. タワーレコード. 2013年12月4日閲覧。
  2. ^ a b c 週末シンデレラ”. ORICON STYLE. オリコン. 2013年12月12日閲覧。
  3. ^ a b 竹達彩奈ニューシングルはアッパーなスカダンスチューン、カップリング曲では丹下桜が作詞を担当”. OKMusic. OKLife (2013年10月18日). 2017年1月11日閲覧。
  4. ^ a b Pick-up Voice, p. 51.
  5. ^ a b Pick-up Voice, p. 52.
  6. ^ Billboard Japan Hot 100 2013/12/16 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2013年12月12日閲覧。
  7. ^ Billboard Japan Hot Singles Sales 2013/12/16 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2013年12月12日閲覧。
  8. ^ Billboard Japan Hot Animation 2013/12/16 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2013年12月12日閲覧。
  9. ^ 週間 CDソフト TOP20 2013年12月2日〜2013年12月8日 調査分”. Phile-web. 音元出版. 2013年12月12日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]