STARCHILD FESTIVAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

STARCHILD PRESENTS STARCHILD FESTIVAL(スターチャイルド・プレゼンツ・スターチャイルド・フェスティバル)は、2002年から2009年まで不定期に開催されていたキングレコード主催の同社スターチャイルドレーベル作品キャスト、所属アーティストなどを出演させ、番宣、試写会、ライブなどを行なうイベントである。通称スタチャフェス

概要[編集]

姉妹イベントとでも言うべき、STARCHILD DREAM in KOBE神戸市で開催されている。

2007 Spring開催に際し、「STARCHILD DREAM in KOBEが、東京に場を移して名を変えたイベントである」とよく誤解されたが、STARCHILD FESTIVALは2002年に開催実績があり、主催者も違う(STARCHILD DREAMは神戸でスターチャイルドレーベル提供番組を始め、アニラジ番組を多数放送しているラジオ関西が主催)別物のイベントである。また、開催地に関しても、2002年のみ大阪でも開催された。

STARCHILD DREAMとの主催者以外の明確な違いは、開催規模であり、STARCHILD FESTIVALはキングレコードが直接主催するためか、1回あたりの出演者数がSTARCHILD DREAMよりも多い。規模が大きいためかは不明だが、2008年現在で後から始まったSTARCHILD DREAMよりも開催回数が少ない不定期イベントとなっている。

2009を最後に一度も開催されていないが、スターチャイルドレーベルに加え、メインレーベルアニメ部門(第三クリエイティブ本部)のアーティストも出演した『KING SUPER LIVE 2015』を2015年6月20日・21日にさいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)開催されており[1]、実質的にSTARCHILD FESTIVALの発展系イベントと言える。

2002 春[編集]

2002年3月31日に、パシフィコ横浜国立大ホールで開催され、作品別にコーナーが設けられた。料金は無料で、スターチャイルドがスポンサーのラジオ番組などで告知、観覧者募集が行われ、抽選で招待された。

コーナー[編集]

シャーマンキング』 ライブ・トーク
アベノ橋魔法☆商店街』 第1話試写・トーク
七人のナナ』 ライブ・トーク
ラブひなAgain』 ライブ・トーク
あずまんが大王』 第1話試写・ライブ
魔法遊戯』 1話上映・トーク
  • 中西豪(担当プロデューサー) ※ コーナー司会
  • 徳永愛
  • 小林由美子
  • サエキトモ
サイキックアカデミー煌羅万象』 第1話試写・トーク
シスター・プリンセス』 ライブ・トーク
  • 堀江由衣 ※ コーナー司会
  • Prits

2002 秋[編集]

2002年9月28日に大阪・千里万国博ホールで開催され、作品コーナーとライブコーナーから構成された。チケットはチケットぴあにて、2,000円で販売された。司会は南かおり。開場前の注意事項や休憩開始時・終了時のアナウンスは林原めぐみによるもので、当日会場でも販売されていたシングル「KOIBUMI」のCMを織り交ぜていた。

主なコーナー[編集]

作品コーナー[編集]

SAMURAI DEEPER KYO』 トーク・ライブ
  • 小西克幸(壬生京四郎/KYO 役) キャラクターソング「弧乱」
  • 堀江由衣(椎名ゆや 役)
  • 緒方恵美(真田幸村 役) キャラクターソング「妖龍離水」
プリンセスチュチュ』 トーク・ライブ
CM
休憩

上述の、林原めぐみによるアナウンスが放送された。

CM
朝霧の巫女』 トーク・ライブ

ライブは巫女委員会(清水,茂呂田,加藤,神田,大原)による「恋のステップ」

陸上防衛隊まおちゃん』 トーク・ライブ・観客全員によるガヤアフレコ

ライブコーナー[編集]

水樹奈々
岡崎律子
堀江由衣

2007 Spring[編集]

  • 5年振りとなる2007年4月15日に、NHKホールで開催された。
  • 今回は、STARCHILD DREAM in KOBEのように総合司会を起用した。

司会[編集]

総合司会
アシスタント

主なコーナー[編集]

第1部[編集]

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!ひまわりっ!!学園対抗キャラクターソング対決

トーク・ライブ

ヒロイック・エイジ』 トーク・浦壁多恵ライブ
ながされて藍蘭島』 トーク・ライブ
ビデオレター

第2部・スターチャイルドアーティストライブ[編集]

2009 Spring[編集]

2009年4月12日に、NHKホールで開催。これまでは作品パートでもライブを織り交ぜた構成だったが、今回は全作品共トークやゲーム、上映だけの構成となり、ライブパートと差別化された。

司会[編集]

  • 吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)
  • 三重野瞳

作品パート[編集]

みなみけ おかえり
とらドラ!
屍姫 玄
スレイヤーズEVOLUTION-R』限定特別映像公開
  • 林原めぐみ(ビデオメッセージ出演)
夏のあらし!』 VS 『アスラクライン』新番組対決
かなめも
事前告知なしのサプライズコーナー(その場でキャスト発表と、以下4人のトーク)

ライブパート[編集]

備考[編集]

堀江由衣のみが、唯一の皆勤出演者である。なお、STARCHILD DREAM in KOBEの皆勤記録も持っていたが、2007年は自身のユニットAice5の解散ライブの直後だったため、余裕が無く出演しなかった。また、林原めぐみも何らかの形で毎回関わっている。

脚注[編集]

  1. ^ KING SUPER LIVE 2015

関連項目[編集]

外部リンク[編集]