harmony ribbon

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
harmony ribbon
水瀬いのりシングル
初出アルバム『Innocent flower
B面 Dreaming Girls
Ring of Smile
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル KING AMUSEMENT CREATIVE
作詞・作曲 多田慎也(作詞・作曲)
プロデュース 森井佑介(KING RECORDS)
八十島耕治(Sony Music Artists)
チャート最高順位
水瀬いのり シングル 年表
夢のつぼみ
(2015年)
harmony ribbon
(2016年)
Starry Wish
(2016年)
Innocent flower 収録曲
旅の途中
(10)
harmony ribbon
(11)
Innocent flower
(12)
ミュージックビデオ
「harmony ribbon」 - YouTube
TV-CM
「harmony ribbon」TV-CM - YouTube
テンプレートを表示

harmony ribbon」(ハーモニー・リボン)は、日本声優歌手である水瀬いのりの楽曲。作詞・作曲は多田慎也が担当している。水瀬の2枚目のシングルとして2016年4月13日KING AMUSEMENT CREATIVEより発売された。

ファンとの絆を歌った楽曲であり、タイトルには「ファンと一緒に作り上げていきたい」という気持ちが込められている。『AJ Night 2016』で初めて披露され、のちに水瀬のライブイベントで最後に歌われることが多い曲となった。オリコン週間CDシングルランキングにて初登場10位を獲得し、水瀬にとって初めてのTOP10入りとなった。

背景、制作、音楽性[編集]

水瀬は2015年12月2日にキングレコードから1stシングル『夢のつぼみ』で歌手デビューし、2016年1月10日にアニメイト横浜店で行われた1stシングルのミニライブ&ポスターお渡し会にて2ndシングルが4月13日に発売されることが発表された[3]。2月にはタイトルが「harmony ribbon」であることが発表された[4][5]。タイトルが決まる前に撮影されたジャケットが「リボンの中にいる水瀬」というイメージであったため「リボン」という言葉が採用され、「ファンと一緒に作り上げていきたい」という想いをこめて「結ぶ」や「つなぐ」という意味の「ハーモニー」という言葉を足した「harmony ribbon」というタイトルに決まった[6][7]

作詞・作曲はAKB48などの楽曲を手がける多田慎也が務めており[8]、ミディアムテンポで軽快なポップチューンの楽曲となっている[7][9]。曲は前作『夢のつぼみ』と同様にコンペで水瀬が選考しており、水瀬は「この曲は唯一無二な感じがしましたし、この先、出会うことがないかもしれないタイプの曲で、今歌わなきゃいけないと強く思った」と話しており、ライブで盛り上がるような曲を作りたいという思いもあって選ばれた[10]

前作と同様、カップリング曲を含めて水瀬がハーモニーコーラスを全て1人で収録した[6]。曲に感情を込めて歌うために、強弱や地声とファルセットの使い分けが意識されている[10]。また、水瀬はマスタリングにも参加している[10]

リリース、プロモーション[編集]

2016年4月13日にKING AMUSEMENT CREATIVEより発売された[11]。初回封入特典として「特製トレカ」が封入されたほかに、特定の販売店で購入した場合は先着で各チェーン店ごとに全11種類のブロマイドクリアファイルが特典として配布された[12][13]

この楽曲は2016年4月2日放送の文化放送A&G TRIBAL RADIO エジソン』で初めてオンエアされ、番組には水瀬がコメントで出演した[14]。ほかにも水瀬が表紙を飾った『声優グランプリ』2016年5月号をはじめとして複数の雑誌やフリーペーパーでインタビューや広告が掲載された[6][14]。また、本作の発売を記念して、2016年5月・6月にミニライブ&ポスターお渡し会が開催された[15]。公式Twitterなどでは4月13日を「ヨイサの日」と呼んで告知を行なっていた[3][16]

アートワーク、ミュージック・ビデオ[編集]

ジャケット写真はリボンがテーマになっており、水瀬は「みんなの想いや願い、声を束ねて、私が手に持っている」、「私とファンの皆さん、私とあなたを結ぶ」という意味があると話している[10]。先述の通りジャケット写真はタイトルが決まる前に撮影されており、ジャケット写真を元にタイトルが考案された[6]

ミュージック・ビデオは雲の上で歌う水瀬いのりがリボンをたくさんの人々に届けるというストーリーになっている[17]。タイトルにちなんで髪飾りやマイクスタンドにリボンがついており、雲の上にいる設定のシーンと地上にいる設定のシーンでは異なる衣装、髪型、背景、ライティングが用いられている[6]。ミュージック・ビデオは公式YouTubeチャンネルで公開されたほかに1stアルバム『Innocent flower』初回限定盤のBlu-rayに収録された[18][19]

チャート成績[編集]

『harmony ribbon』は発売初週に0.9万枚を売り上げて、2016年4月25日オリコン週間CDシングルランキングにて初登場10位を獲得した[20]。1stシングル『夢のつぼみ』は11位だったので、水瀬にとって初めてのTOP10入りとなった[20]

ライブ・パフォーマンス[編集]

2016年3月26日に開催された『AJ Night 2016』で初めて披露された[21][22]。水瀬は「最後のラララ~の部分を皆様と合唱したいという想いで作った楽曲」と話しており[23]、ライブで披露される際には実際にファンによって「ラララ」と合唱が行われる[22][24]

水瀬のライブイベントで最後に歌われることが多い曲になり[9][23]2017年1月28日に水瀬が出演した『リスアニ!LIVE 2017』、2017年3月15日に開催された『KING SUPER LIVE 2017 TRINITY』、2017年12月2日に開催された1stライブ『水瀬いのり1st LIVE Ready Steady Go!』などが「harmony ribbon」で締めくくられた[25][24][26]

シングル収録曲[編集]

CD[1]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「harmony ribbon」多田慎也多田慎也鈴木雅也
2.「Dreaming Girls」Rico齋藤真也齋藤真也
3.「Ring of Smile」唐沢美帆Kon-KKon-K
合計時間:

参加アーティスト[編集]

harmony ribbon

Dreaming Girls

  • Bass:黒須克彦
  • Drums:かどしゅんたろう
  • Guitar:海老澤祐也
  • Piano & all other instruments:西沢栄一(studio Rine)

Ring of Smile

リリース日一覧[編集]

地域 リリース日 レーベル 規格 規格品番
日本 2016年4月13日 KING AMUSEMENT CREATIVE CD KICM-1662
デジタル・ダウンロード

チャート[編集]

「harmony ribbon」のチャート(2016年)
チャート 最高
順位
出典
日本・オリコン 週間CDシングルランキング 10 [2]
Billboard Japan Hot 100 31 [27]
Billboard Japan Hot Animation 6 [28]
Billboard Japan Hot Singles Sales 10 [29]

収録作品[編集]

アルバム[編集]

楽曲 アルバム 発売日 備考
harmony ribbon Innocent flower 2017年4月5日 1stオリジナルアルバム

映像作品[編集]

楽曲 アルバム 発売日 備考
harmony ribbon Inori Minase 1st LIVE Ready Steady Go! 2018年4月4日 1stライブBlu-ray
Inori Minase LIVE TOUR 2018 BLUE COMPASS 2018年10月17日 2ndライブBlu-ray
Inori Minase MUSIC CLIP BOX 2019年6月26日 1stミュージッククリップ集
Dreaming Girls Inori Minase 1st LIVE Ready Steady Go! 2018年4月4日 1stライブBlu-ray

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 水瀬いのり|harmony ribbon”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード. 2018年1月21日閲覧。
  2. ^ a b harmony ribbon|水瀬いのり”. ORICON NEWS. オリコン. 2018年1月21日閲覧。
  3. ^ a b 声優・水瀬いのりさんの2ndシングルが発売決定! 気になる発売日は「ヨイサの日」に!?”. アニメイトタイムズ (2016年1月12日). 2018年12月5日閲覧。
  4. ^ 2nd Single タイトル決定!”. キングレコード. 2016年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月5日閲覧。
  5. ^ 水瀬いのり、4月13日リリースの2ndシングルタイトル&発売記念イベント情報解禁!!”. リスアニ!WEB. M-ON! Entertainment (2016年2月27日). 2018年12月6日閲覧。
  6. ^ a b c d e 仲上佳克 (2016年5月号). “水瀬いのり 声グラ表紙初登場!&連載「しあわせいのり日和」スタート!”. 月刊声優グランプリ (主婦の友インフォス): 9, 10. 
  7. ^ a b 水瀬いのり2ndシングルはファンとの絆をイメージ、ジャケットも公開”. music.jpニュース (2016年3月18日). 2018年12月5日閲覧。
  8. ^ 多田 慎也”. ライフトーンミュージック.. 2018年2月4日閲覧。
  9. ^ a b 水瀬いのり ”蕾が花咲いた”1stアルバムまでの道のり”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2018年1月21日閲覧。
  10. ^ a b c d 塚越淳一(FAMiLIES) (2016年4月8日). “水瀬いのり Special Long Interview”. フリーペーパーアニカンVol.161 (東京都: エムジーツー). http://anican.jp/backnumber/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%B3vol-161-2016spring/ 2018年1月24日閲覧。 
  11. ^ 水瀬いのり|harmony ribbon”. KING RECORD. 2018年1月24日閲覧。
  12. ^ 水瀬いのり公式ウェブサイト DISCOGRAPHY”. 2018年1月21日閲覧。
  13. ^ 水瀬いのり2nd Single『harmony ribbon』オリジナル特典”. KING RECORD. 2016年6月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年1月24日閲覧。
  14. ^ a b アーティスト・タレント 水瀬いのり MEDIA”. Sony Music Artists. 2016年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年1月24日閲覧。
  15. ^ 水瀬いのり、4月13日リリースの2ndシングルタイトル&発売記念イベント情報解禁!!!”. リスアニ!WEB. エムオン・エンタテインメント (2016年2月27日). 2018年1月21日閲覧。
  16. ^ @inoriminase (2016年4月15日). "【金曜のお昼はいのりっすん♪】 #ヨイサの日 に発売となった2ndシングル『harmony ribbon』についてたっぷりお話しています♪ そして、いのりまち限定グッズ通販の受付は明後日まで!! お早めにー☆ smam.jp/inoriminase/ by いのりまち役場" (ツイート) – via Twitter.
  17. ^ “リボン”を届ける物語に注目! 水瀬いのりさん2ndシングル「harmony ribbon」のミュージックビデオが遂に公開!”. アニメイトタイムズ. アニメイトラボ (2016年4月9日). 2018年1月21日閲覧。
  18. ^ 水瀬いのり『harmony ribbon』MUSIC VIDEO - YouTube
  19. ^ 水瀬いのり|Innocent flower【初回限定盤】”. キング・レコード. 2018年1月21日閲覧。
  20. ^ a b 水瀬いのり、2ndシングルで自身初のTOP10入り”. music.jpニュース. エムティーアイ (2016年4月19日). 2018年2月5日閲覧。
  21. ^ アニソンファンが踊り狂った「AJ Night 2016」レポート Live Actに内田真礼、西沢幸奏ら出演”. アニメ!アニメ!. イード (2016年4月14日). 2018年1月24日閲覧。
  22. ^ a b @inoriminase (2016年3月26日). "AJ Night!皆様ありがとうございました!2ndシングルharmony ribbon初披露でしたが皆様が一緒にラララと歌ってくれて嬉しかったです(>_<)♡真礼さん♡そして2ndの3曲目の作詞を担当してくれたTRUEさんと♡" (ツイート). Retrieved 2018年1月24日 – via Twitter.
  23. ^ a b 水瀬いのり 1stアルバム『Innocent flower』がついに発売。本人からの全曲レビューも公開!”. NIZISTA. NIZISTA (2017年4月5日). 2018年12月7日閲覧。
  24. ^ a b KING SUPER LIVE 2017 TRINITY オフィシャルレポート”. KING SUPER LIVE 2017 TRINITY. KING RECORD. 2017年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月24日閲覧。
  25. ^ 日本武道館が揺れた!“リスアニ!LIVE 2017”2日目となる“SATURDAY STAGE”大盛況で終了!”. リスアニ!WEB. エムオン・エンタテインメント (2017年1月28日). 2018年1月24日閲覧。
  26. ^ 「水瀬いのり 1st LIVE Ready Steady Go!」オフィシャルレポートが到着!”. リスアニ!WEB. エムオン・エンタテインメント (2017年12月3日). 2018年1月21日閲覧。
  27. ^ Billboard Japan Hot 100 2016/04/25 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2018年1月21日閲覧。
  28. ^ Billboard Japan Hot Animation 2016/04/25 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2018年1月21日閲覧。
  29. ^ Billboard Japan Hot Singles Sales 2016/04/25 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2018年1月21日閲覧。

外部リンク[編集]