ゲラゲラポーのうた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲラゲラポーのうた
キング・クリームソーダシングル
B面 ようかい体操第一
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル FRAME
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 2014年4月度月間19位(オリコン)
  • 2014年5月度月間13位(オリコン)
  • 2014年6月度月間30位(オリコン)
  • 2014年7月度月間31位(オリコン)
  • 2014年8月度月間47位(オリコン)
  • 2014年度上半期49位(オリコン)
  • 2014年度年間50位(オリコン)
キング・クリームソーダ シングル 年表
ゲラゲラポーのうた
2014年
祭り囃子でゲラゲラポー/初恋峠でゲラゲラポー
(2014年)
ミュージックビデオ
「ゲラゲラポーのうた」 - YouTube
テンプレートを表示

ゲラゲラポーのうた」は、キング・クリームソーダの1枚目のシングル2014年4月30日FRAMEから発売された。

背景、音楽性、作曲、構成[編集]

キング・クリームソーダのデビューシングル。初回特典として、データカードダス『妖怪ウォッチ ともだちウキウキペディア』で使えるSPカードが付属した。

表題曲「ゲラゲラポーのうた」はテレビアニメ妖怪ウォッチ』オープニングテーマとして社会現象になるほどの大ヒットとなった[1]

3人のメンバーそれぞれが得意とするロック、ラップ、民謡調の3つのジャンルが混在する楽曲で、作曲者の菊谷知樹は3人の歌声を直接チェックしてから作曲作業を行ったという[1]。マイコが歌う民謡調のパートはスポーツ報知が「どことなく気味悪い雰囲気を漂わせる」と評しており、菊谷も「子供たちは怖がってしまって曲を聴いてくれないんじゃないか」と思ったというが、「気味の悪いメロディーと、キャラクターのかわいらしい見た目がうまくマッチした」とヒットの理由を分析している[1]。また菊谷は、「子供たちが聴く曲」という前提を崩さないことにこだわり、子供たちが「口に出しやすい」「気持ちよく踊れる」テンポを目指したと述べている[1]。サビでは子供たちもまねがしやすい振り付けとともに、「ゲラゲラポー」の歌詞が同じテンポで何度も繰り返される[1]。この1フレーズの繰り返しはロングヒットの要因となった[2]。なお、この「ゲラゲラポー」の「ゲラゲラ」は「巨泉×前武ゲバゲバ90分!」のネタの最後で必ず出る「ゲバゲバ・ピー」にインスパイアされ、[3]。 「ポー」はマイケルジャクソンが決め台詞でよく用いる「ポゥ!」から影響を受けて出来たと言われている。

第65回NHK紅白歌合戦では、企画コーナー「嵐 meets 妖怪ウォッチ」内で出場歌手とともにパフォーマンスされた[4]

カップリング曲の「ようかい体操第一」はレベルファイブニンテンドー3DSゲーム版『妖怪ウォッチ』のプロモーションビデオに使用された曲であり、スマートフォンアプリ『ようかい体操第一 パズルだニャン』にも使用されている。CD発売はDream5が早かったが、音源自体の発表はこちらのほうが先である。

チャート成績[編集]

オリコン週間シングルチャートで初登場4位を記録した。

収録内容[編集]

CD
  1. ゲラゲラポーのうた
    (作詞:motsu / 作曲・編曲:菊谷知樹 / 歌:キング・クリームソーダ)
  2. ようかい体操第一
    (作詞:ラッキィ池田・高木貴司 / 作曲:菊谷知樹 / 編曲:日比野裕史 / 歌:マイコ)
  3. ゲラゲラポーのうた(オリジナル・カラオケ)
  4. ようかい体操第一(オリジナル・カラオケ)
DVD
  1. ゲラゲラポーのうた Music Video
  2. ようかい体操第一 Music Video
  3. ゲラゲラポーのうた(ダンスショットバージョン)(特典映像)

脚注[編集]

外部リンク[編集]