おひまなら来てね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おひまなら来てね
五月みどりシングル
A面 瀬戸の恋唄(神戸一郎
B面 おひまなら来てね
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 枯野迅一郎(作詞)
遠藤実(作曲)
五月みどり シングル 年表
お別れかいな旅人さん
1960年
おひまなら来てね
1961年
恋よもういちど
(1961年)
テンプレートを表示

おひまなら来てね」(おひまならきてね)は、五月みどりシングル1961年昭和36年)5月日本コロムビアから発売された。

概要[編集]

当曲名のシングル・レコードのA面は神戸一郎の「瀬戸の恋唄」で、五月盤はB面に収録されていた。

五月みどりは1958年(昭和33年)11月に「お座敷ロック」で歌手デビューしたが、暫くはヒット曲に恵まれなかった。それから約2年以上経ったある日、作曲家編曲家遠藤実から「君に合いそうな曲ができた」と言い、「おひまなら来てよネ~」と遠藤がその場で歌った処、その時に五月はビビッと来て「私に歌わせてください」と懇願する[1]。1961年5月、「おひまなら来てね」のシングルを発売。それまでの歌手にはなかった愛らしくチャーミングな美貌とともに、奇麗な「ちりめんビブラート」を生かしたこの歌は大ブレイクとなる。

レコード発売から約1年半が経過した、1962年昭和37年)大晦日の「第13回NHK紅白歌合戦」に五月自身紅白初出場を果たし、本楽曲が歌唱された。

1968年時点での累計売上は32万枚[2]

現在でも五月みどりの代表曲の一つであり、懐メロ歌謡番組特別番組などでもよく披露されている。

歌い出しの歌詞から、この曲のタイトルが「おひまなら来てね」とされることがある[3]が、誤りである。

収録曲[編集]

  1. おひまなら来てね
    作詞:枯野迅一郎、作曲・編曲:遠藤実 
  2. 瀬戸の恋唄(A面曲・神戸一郎の歌唱収録)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 週刊現代 2019年1月5日・12日号、私の地図、第398回、歌手・女優五月みどり、86-88頁
  2. ^ 堀内敬三『音楽明治百年史』音楽之友社、1968年、347頁。NDLJP:2518791/190
  3. ^ 五月みどり”. 松竹映画『男はつらいよ』公式サイト. 松竹株式会社. 2021年1月4日閲覧。 など

関連項目[編集]