宇都宮ビジネス電子専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宇都宮ビジネス電子専門学校
Utsunomiya Business Denshi College 2019-01-05.jpg
国公私立の別 私立学校
学校種別 専修学校
設置者 大久保知裕[1]
設立年月日 1984年2月28日
創立者 大久保登志正
共学・別学 男女共学
学科 電子情報処理科、公務員ビジネス科、医療秘書科、経営情報科、幼児保育ビジネス科、情報経理科、経営ビジネス科
所在地 320-8533
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示
宇都宮アート&スポーツ専門学校
Utsunomiya Art and Sports College 2019-01-05.jpg
国公私立の別 私立学校
学校種別 専修学校
設置者 学校法人大久保育英会[2]
設立年月日 1999年2月24日
創立者 大久保知裕
共学・別学 男女共学
学科 スポーツビジネス科、芸術・デザイン科、声優・アナウンス科、文芸創作科、ファッションビジネス科、情報ビジネス科
所在地 320-8533
テンプレートを表示

宇都宮ビジネス電子専門学校(うつのみやビジネスでんしせんもんがっこう、Utsunomiya Business Denshi College)は、栃木県宇都宮市に位置する専修学校。略称はビジ電UBDC1984年大久保登志正によって創立された私立学校であり、現在は息子の大久保知裕が理事長を務める。姉妹校として宇都宮アート&スポーツ専門学校(うつのみやアートアンドスポーツせんもんがっこう、Utsunomiya Art and Sports College)が存在し、前者の校長は羽石良久、後者の校長は市田英雄である[2]。また堀威夫が両校の名誉顧問を務めている[3]

概説[編集]

1984年2月28日に認可された学校である[2]産業能率大学自由が丘産能短期大学とのWスクール制度が導入されており、一部のコースを除き併修が可能となっている。また幼児保育ビジネス科では、豊岡短期大学通信教育部こども学科との併修による学習サポートが行われている[4]

1984年の創立当初から産業能率大学との併修制度は存在しており、現在までに多くの卒業生を輩出している。併修制度を行っている専門学校は多くあるが、ここまでの卒業率・資格取得・卒業生を出している専門学校は全国でも珍しい。

宇都宮アート&スポーツ専門学校は、1999年2月24日に認可された[2]。開校の動機について創立者である大久保知裕は、「芸術文化系の学校」は東京に集中しており、「親元から通えて学べる場所」にある学校が欲しいという要望があったため、県内初となる「芸術・文化系」専門学校を設立したと述べている[5]

2015年に開催された「若者が創るシニア世代の若さ発育ゲーム開発コンテスト」では、宇都宮ビジネス電子専門学校のチームによる作品『超町長モーレツ!ナイス街』が最優秀賞を受賞している[6]

そのほか毎年多くの高資格取得・高実績を出しているこれからの新しい形の専門学校であり、最近では学生のコミュニケーション能力の向上も目指している。

設置学科[編集]

宇都宮ビジネス電子専門学校[編集]

基本情報技術者応用情報技術者などの情報処理技術者の国家資格の取得と、情報処理のスキルの習得を目指す。
公務員として働く上で必要な教養の習得と、採用試験の合格を目指す。
診療報酬請求事務能力認定試験などの各種資格試験の合格と、医療機関への就職を目指す。
産業能率大学の学士と、各専門分野(情報処理、経理、医療事務など)の資格の取得を目指す。
  • 幼児保育ビジネス科(計2コース)
チャイルドマインダー保育士などの資格取得を目指す。豊岡短期大学通信教育部こども学科との併修によって、幼稚園教員免許も取得可能である。
  • 情報経理科(計2コース)
税理士国家試験の受験資格にもなっている日商簿記検定1級や全経簿記能力検定上級の合格を目指す。
  • 経営ビジネス科(事務販売 ホテル・ブライダル分野、計7コース)
レストランサービス技能士販売士などの資格取得を目指す。

宇都宮アート&スポーツ専門学校[編集]

交通アクセス[編集]

鉄道における最寄り駅は東武宇都宮線東武宇都宮駅である。JR宇都宮駅からもスクールバスまたは路線バスが運行されている。

著名な関係者[編集]

講師[編集]

卒業生[編集]

  • 檜山大輔 - 宇都宮アート&スポーツ専門学校マンガ・アニメ科マンガ家・コミック養成コース卒業[14]
  • 横山知生 - 同上[14]

その他[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 第304回栃木県私立学校審議会の会議結果について 栃木県 2017年3月6日
  2. ^ a b c d 専修学校(平成30(2018)年5月1日現在) 栃木県
  3. ^ UBDCのご案内 ごあいさつ UBDC
  4. ^ 平成31年度生学生募集要項 UBDC
  5. ^ トップ 戦略を聞く 宇都宮アート&スポーツ専門学校 読売新聞(YOMIURI_ONLINE) 2015年2月12日
  6. ^ 「ゲーム制作で最優秀 シニア向け、町づくりテーマ 宇都宮 ビジネス電子専門学校チーム」『下野新聞』2015年10月20日付朝刊、26面。
  7. ^ a b 午前試験免除制度がある。
  8. ^ 調剤薬局・登録販売者コースのみ
  9. ^ 産業能率大学情報マネジメント学部現代マネジメント学科との併修が必須条件である。
  10. ^ 企業会計コースのみ
  11. ^ a b 日商簿記検定1級または全経簿記能力検定上級の合格が必須条件である。
  12. ^ 医療ビジネスコースのみ
  13. ^ a b c d 豊岡短期大学通信教育部こども学科との併修が必須条件である。
  14. ^ a b 宇都宮アート&スポーツ専門学校 芸術・デザイン科 - ウェイバックマシン(2016年10月5日アーカイブ分)
  15. ^ IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報処理技術者試験:午前試験免除 基本情報技術者試験(FE)
  16. ^ 認定免除対象講座の一覧(PDF)”. 独立行政法人 情報処理推進機構. 2021年7月20日閲覧。
  17. ^ 電子情報処理科の一部コース(ゲーム分野)、幼児保育ビジネス科は3年制である。
  18. ^ 公務員ビジネス科の一部コース(1年制)は不可。
  19. ^ 宇都宮クラーク高等学院 学校概要 クラーク記念国際高等学校連携校宇都宮キャンパス宇都宮クラーク高等学院

外部リンク[編集]