哀愁波止場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
哀愁波止場
美空ひばりシングル
B面 ひばりの船長さん(オリジナル盤)
ひばりのマドロスさん(1991年盤)
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 石本美由起(作詞)
船村徹(作曲)
ゴールドディスク
美空ひばり シングル 年表
初恋マドロス
1960年
哀愁波止場
(1960年)
泣き笑いのマンボ
(1960年)
テンプレートを表示

哀愁波止場」(あいしゅうはとば)は、美空ひばりシングル1960年7月1日日本コロムビアから発売された。

概要[編集]

高音な裏声から入る出だしが印象的な楽曲である。これは本曲の作曲を担当した船村徹が「今までにないひばりの曲を作ろう」と気合を込め[1]、「ひばりのきれいなファルセット(裏声)を活かそう」と制作した曲であったという[2]。ところが本曲を聴いたひばりの母加藤喜美枝が、「(お嬢=ひばり)にこんな風邪をひいたような声で歌わせたものを世間に出すなんて」と激怒し、船村に対してオカンムリだったという逸話が残る[1]

こうしたこともあってひばりの母は本曲を発売することに猛反対だったが、船村を始め関係者が臨時という形でリリースするとこれがヒットすることとなる[2]

ひばりは本楽曲で第2回日本レコード大賞・歌唱賞を受賞した(当時、最優秀歌唱賞は無かった)[2]。また、同年の「第11回NHK紅白歌合戦」でも本楽曲が歌唱された。歌の途中には熊本県民謡五木の子守唄』の一部が使用されている。

収録曲[編集]

オリジナル盤(1960年)[編集]

  1. 哀愁波止場
    作詞:石本美由起、作曲・編曲:船村徹
  2. ひばりの船長さん
    作詞:石本美由起、作曲・編曲:船村徹

1991年盤(CDシングル)[編集]

  1. 哀愁波止場
    作詞:石本美由起、作曲・編曲:船村徹
  2. ひばりのマドロスさん
    作詞:石本美由起、作曲・編曲:上原げんと

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “美空ひばりの大ヒット曲「哀愁波止場」最初は実母が怒っていた”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年2月18日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170217-OHT1T50302.html 2017年2月19日閲覧。 
  2. ^ a b c 文化勲章を受ける作曲家、船村徹の異色の弟子 佐高信の一人一話 ダイヤモンドオンライン 2016年11月7日