忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻
監督 松田定次
脚本 比佐芳武
製作 大川博
出演者 片岡千恵蔵
大友柳太朗
中村錦之助
美空ひばり
東千代之介
進藤英太郎
市川右太衛門
音楽 深井史郎
撮影 川崎新太郎
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1959年1月15日
上映時間 183分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 5億円
配給収入 3億6122万円[1]
テンプレートを表示

忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻』(ちゅうしんぐら おうかのまき・きっかのまき)は、1959年(昭和34年)1月15日公開の日本映画である。東映製作・配給。監督は松田定次カラー東映スコープ、183分。

概要[編集]

この前年1958年4月に大映が「忠臣蔵」を製作し大ヒットしたのを受けて、東映が総力を結集して[2]、東映発展感謝記念と銘打って東映の忠臣蔵映画としては初のワイドスクリーンで製作された[3]片岡千恵蔵市川右太衛門の両御大を始め、美空ひばり中村錦之助東千代之介大友柳太朗大川橋蔵ら東映スターが総出演したオールスターキャストであった。「櫻花の巻」で赤穂城明け渡しまでを、「菊花の巻」で吉良邸討ち入りまでを描いている。配収は3億6122万円で、1958年度の邦画配収ランキング第4位となった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

同時上映[編集]

母しぐれ

参考文献[編集]

  • 『戦後忠臣蔵映画の全貌』谷川健司 著 集英社 2013年11月発行

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.148
  2. ^ 忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻allcinema、2015年3月1日閲覧
  3. ^ 『戦後忠臣蔵映画の全貌』谷川健司 著 133P参照

外部リンク[編集]