のど自慢狂時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
のど自慢狂時代
Nodo jimankyo jidai poster.jpg
公開当時のポスター。
監督 斎藤寅次郎
脚本 八住利雄
原作 サトウハチロー
製作 牧野満男
企画 吉田信
出演者 花菱アチャコ
並木路子
灰田勝彦
音楽 山田栄一
撮影 友成達雄
照明 西川鶴三
編集 宮本信太郎
製作会社 東横映画
配給 日本の旗 大映
公開 日本の旗 1949年3月28日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

のど自慢狂時代』(のどじまんきょうじだい)は、1949年(昭和24年)、斎藤寅次郎が監督し、東横映画が製作、大映が配給して公開した日本の長篇劇映画である[1][2][3][4]美空ひばりの映画デビュー作として知られる[5]

略歴・概要[編集]

第二次世界大戦後、従来興行会社であった東横映画が大映との協定を結び、1947年(昭和22年)、「大映第二撮影所」(現在の東映京都撮影所)を借りて同撮影所を「東横映画撮影所」とし、製作を開始、3年目に製作された現代劇が本作である[1][2][3][4][5]。同社の製作開始第16作である。1946年(昭和21年)に放送を開始した人気ラジオ番組『のど自慢素人演芸会』(現在の『NHKのど自慢』)を題材にしたコメディ映画である[5]。「ピアノの先生」役を演じた和田肇は、俳優和田浩治の父である[5]。のちに東映名誉会長となる若き日の岡田茂が、「進行係」として本作に携わった[6]

本作に「映倫番号」が付されているのは、公開直前の同年6月14日に「映画倫理規程管理委員会」(旧映倫)が結成されたからで、1954年(昭和29年)8月まではレイティングは行われていない[7]。東横映画を配給するために東京映画配給(現在の東映)が設立されるのは、同年10月1日なので、本作は従来通り大映が配給した[1][2][3][4]

東京国立近代美術館フィルムセンターは、本作の上映用プリント等を所蔵しているが「48分」の不完全版である[5][6]。現存するのはこの不完全版のみであり、このヴァージョンは美空ひばりの登場シーンを欠損している[5]

作品データ[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c のど自慢狂時代、日本映画情報システム、文化庁、2012年7月18日閲覧。
  2. ^ a b c d のど自慢狂時代日本映画製作者連盟、2012年7月18日閲覧。
  3. ^ a b c のど自慢狂時代日本映画データベース、2012年7月18日閲覧。
  4. ^ a b c のど自慢狂時代キネマ旬報映画データベース、2012年7月18日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 生誕百年特集 映画監督 斎藤寅二郎と野村浩将東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年7月18日閲覧。
  6. ^ a b のど自慢狂時代、東京国立近代美術館フィルムセンター、2012年7月18日閲覧。
  7. ^ 映倫の概要映画倫理委員会、2012年7月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『クロニクル東映 1947-1991』、東映、1992年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]