しのぶ (美空ひばりの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しのぶ
美空ひばりシングル
初出アルバム『残侠子守唄』
A面 しのぶ
(1991年盤)
B面 龍馬残影
リリース
録音 1983年10月12日(アルバムver)
1985年9月9日(シングルver)
日本の旗 日本
ジャンル 演歌
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 吉岡治(作詞)
市川昭介(作曲)
美空ひばり シングル 年表
夢ひとり
(1985年)
しのぶ
(1985年)
函館山から
(1986年)
テンプレートを表示

しのぶ」は、1985年10月21日に発売された美空ひばりシングル楽曲である。

解説[編集]

元は、1983年に発売されたオリジナル・アルバム「残侠子守唄」の中に収録されていた曲である。 当時、ひばりの実弟で母・喜美枝亡き後、プロデューサーとして活躍していた哲也は本曲のシングル・カットを熱望していたが、その時はアルバムの表題曲である「残侠子守唄」がシングルに選ばれた。[1]

だが、ひばりにもスタッフにも本曲に対する思い入れは残っており、アルバム発売から二年後にシングル化が実現した。なお、シングル発売と同時に1983年発売のアルバム「残侠子守唄」(LP発売、当初本曲が収録されていたアルバム)が、タイトルを本楽曲に変更して発売された(CD発売)。

なお、再レコーディングの際、ひばりは曲の合間にセリフを入れようと考えていたそうだが「歌い切れてる詩」だと判断し、取りやめたという。

収録曲[編集]

アルバム・バージョン[編集]

  1. しのぶ

シングル・バージョン[編集]

  1. しのぶ
  2. 龍馬残影
    • 作詞:吉岡治、作曲:市川昭介、編曲:佐伯亮

1991年盤[編集]

  1. しのぶ
    • 作詞:吉岡治、作曲:市川昭介、編曲:佐伯亮

アルバム「しのぶ」収録曲(1985年10月21日発売)[編集]

  1. 残侠子守唄
  2. しのぶ
  3. 花しぐれ
  4. 夕霧草
  5. 木場の女
  6. 人生吹きだまり
  7. 湯の宿
  8. 酒酔草
  9. 霧の東京
  10. 人生松竹梅

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 美空ひばり特別公演新宿コマ劇場パンフレット、1985年、小西良太郎のコラムより引用