海にむかう母/ひとり旅〜リンゴ追分〜入り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
海にむかう母/ひとり旅〜リンゴ追分〜入り
美空ひばりシングル
A面 海にむかう母
B面 ひとり旅〜リンゴ追分〜入り
リリース
規格 シングル
ジャンル 歌謡曲
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 作詞:杉紀彦、作曲:かとう哲也(海にむかう母)
作詞:吉田旺、作曲:浜圭介(ひとり旅〜リンゴ追分〜入り)
作詞:小沢不二夫、作曲:米山正夫(リンゴ追分)
美空ひばり シングル 年表
なつかしい場面
(1977年)
海にむかう母/ひとり旅〜リンゴ追分〜入り
1977年
昭和ながれ花
(1978年)
テンプレートを表示

海にむかう母/ひとり旅〜リンゴ追分〜入り」(うみにむかうはは/ひとりたび〜りんごおいわけ〜いり)は、美空ひばりの楽曲。

概要[編集]

A面の「海にむかう母」はひばりの実弟、かとう哲也が曲を付けた。1982年7月29日に放送されたフジテレビ系列の音楽番組・ミュージックフェアでは、その前年に亡くなった母:加藤喜美枝を偲んで、歌唱された。 ライヴやコンサートなどでは、ひばりの末弟・香山武彦によるセリフ入りで歌唱されていた。 ひばりの養子で、現・ひばりプロダクション社長の加藤和也は、本曲を好きなひばりの曲のうちの一つに挙げている。

B面の「ひとり旅〜リンゴ追分〜入り」は、佐良直美の楽曲であった「ひとり旅」に、歌詞の中に出てくるひばりの代表曲「リンゴ追分」を曲の間にあんことして挟んだ曲である。後にひばりも晩年に本曲を歌唱する機会が多くなり、1988年7月29日開催の広島平和音楽祭、そして九州小倉は九州厚生年金会館(現:アルモニーサンク 北九州ソレイユホール)で開かれた生涯最後のコンサートでも披露した。

収録曲[編集]

  1. 海にむかう母
    作詞:杉紀彦、作曲:かとう哲也、編曲:丸山雅仁
  2. ひとり旅〜リンゴ追分〜入り
    作詞:吉田旺、作曲:浜圭介、編曲:佐々永治 (「リンゴ追分」: 作詞:小沢不二夫、作曲:米山正夫、編曲:佐々永治

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]