リンゴ追分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リンゴ追分
美空ひばりシングル
B面 リンゴ園の少女
ブラウスとワイシャツの恋(1963年盤)
越後獅子の唄(1991年盤)
リリース
録音 1952年
日本の旗 日本
ジャンル 歌謡曲流行歌
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 小沢不二夫(作詞)
米山正夫(作曲)
美空ひばり シングル 年表
牛若丸
(1952年)
リンゴ追分
(1952年)
月形半平太の唄
(1952年)
テンプレートを表示

リンゴ追分」(りんごおいわけ)は、1952年5月1日に発売された美空ひばりシングル楽曲である。

解説[編集]

元々は、1952年4月にラジオ東京(現TBSラジオ)の開局を記念して放送されたラジオドラマ『リンゴ園の少女』の挿入歌として製作され、同年11月に『リンゴ園の少女』が当時15歳だったひばりの主演によって映画化された際にも、本楽曲が主題歌として使用された[1]

当時としては戦後最大の売り上げとなる70万枚を売り上げ、最終的には130万枚の売り上げを記録するミリオンセラーとなった。これは美空ひばりの全シングル売り上げの歴代5位となっている。

本楽曲の舞台となった青森県弘前市のりんご公園には本楽曲の歌碑が建立されており[2]、弘前市では毎年5月に「全日本リンゴ追分コンクール」が開催されている[3]

1991年に発売された男性アイドルグループ、忍者のシングル「リンゴ白書」は本楽曲を元にリメイクされた。

2000年には本楽曲が「りんごが大衆果実として国民に受け入れられる大きな契機となり、今なお人々の心をとらえ歌い継がれているなど、りんご産業の発展と本県のイメージアップに貢献した」として、故人のひばりに「青森りんご勲章」が授与された[4]

1979年の『第30回NHK紅白歌合戦』にひばりが紅白歌合戦30回記念として特別出演した際に、メドレーの2曲目として本楽曲が歌唱されるなど、ひばりがテレビ出演する際には本楽曲が多く歌唱された。

日本国外でもカバーされており、アーサー・ライマン英語版1958年発売のアルバム『Taboo』にて「Ringo Oiwake」としてカバーしたり、ジャマイカスカバンドスカタライツ1965年に「Ringo」の曲名でカバーするなどしている。

収録曲[編集]

オリジナル盤[編集]

  1. リンゴ追分
  2. リンゴ園の少女
    • 作詞:藤浦洸、作曲・編曲:米山正夫

1963年盤[編集]

  1. リンゴ追分
    • 作詞:小沢不二夫、作曲:米山正夫、編曲:山屋清
  2. ブラウスとワイシャツの恋

1991年盤[編集]

  1. リンゴ追分
    • 作詞:小沢不二夫、作曲・編曲:米山正夫
  2. 越後獅子の唄

関連項目[編集]

脚注[編集]