水戸黄門 天下の副将軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
水戸黄門 天下の副将軍
Mito Kōmon 1.jpg
監督 松田定次
脚本 小国英雄
製作 大川博
出演者 月形龍之介
中村錦之助
音楽 深井史郎
撮影 川崎新太郎
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1959年7月12日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 2億2581万円[1]
前作 水戸黄門 (1957年の映画)
次作 水戸黄門 (1960年の映画)
テンプレートを表示

水戸黄門 天下の副将軍』(みとこうもん てんかのふくしょうぐん)は、1959年(昭和34年)7月12日公開の日本映画である。東映製作・配給。監督は松田定次カラー東映スコープ、94分。

月形龍之介主演の水戸黄門シリーズ第12作。配収は2億2581万円で、1959年度の邦画配収ランキング第8位となった。

あらすじ[編集]

時は元禄10年。将軍綱吉の後継者争いを嗅ぎつけた水戸黄門光圀は助さん・格さんとともに江戸に入府・登城し、幕閣らの妨げもものともせずに綱吉に兄の子・甲府綱豊を跡継ぎとするよう直言する。水戸家では、庶子であった光圀の亡き兄・頼重が支藩の高松藩主となったが、光圀は兄の子綱條を本家の跡継ぎに貰いうけ、実子・頼常に高松藩の二代藩主を継がせていた。

世情視察ということで神田の「丹前風呂」にお忍びで遊んでいた光圀主従は、大坂の商人・与惣右衛門と名乗る男から、頼常の狂気により高松藩が混乱して周囲が困っていると聞かされる。光圀本人の前と知ってか知らでか、光圀を罵倒する与惣右衛門に憤る謎の板前・伊之吉や水戸家側用人・大田原伝兵衛。

高松藩の難事に、光圀・助さん・格さんと伝兵衛は「水戸屋」一行として旅立つ。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.158
  2. ^ のちに
    • おはる(島田の宿場女):丘さとみ水戸黄門』で水戸黄門と佐々木助三郎の両役を演じこれと合わせて三役演じた唯一の役者。

外部リンク[編集]