大川橋蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大川 橋蔵(おおかわ はしぞう、旧字体:橋藏)は歌舞伎役者名跡屋号玉屋

  • 初 代 大川橋蔵
    • 三代目尾上菊五郎 (1784–1849) がいったん引退した後、舞台復帰に際して用いた名跡。
    • 尾上新三郎(音羽屋)→ 初代尾上榮三郎(音羽屋)→ 二代目尾上松助(音羽屋)→ 三代目尾上梅幸(音羽屋)→ 三代目尾上菊五郎(音羽屋)→ 菊屋萬平(引退後) → 初代大川橋蔵(舞台復帰後)
  • 大川橋蔵(嵐冠十郎)
    • 生没年不詳。宇都宮出身の大川橋蔵を名乗る役者が東京で嵐冠十郎の看板を上げて一悶着起きた。
    • ? → 大川橋蔵 → 嵐冠十郎
  • 二代目 大川橋蔵
    • 六代目尾上菊五郎の門弟、1929–84。六代目に目をかけられ、その夫人の養子となって権門入りするが、後に映画・テレビ俳優に転向。銭形平次が生涯の当たり役となった。
    • 市川男女丸 → 二代目大川橋蔵