一本の鉛筆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一本の鉛筆
美空ひばりシングル
B面 八月五日の夜だった
リリース
録音 1974年
日本の旗 日本
ジャンル 歌謡曲
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 松山善三(作詞)
佐藤勝(作曲)
美空ひばり シングル 年表
かもめと女
(1974年)
一本の鉛筆
1974年
こころの町
1975年
テンプレートを表示

一本の鉛筆」(いっぽんのえんぴつ)は、1974年10月1日に発売された美空ひばりシングルである。

概要[編集]

ひばりが最初の広島平和音楽祭に出演するにあたって、総合演出を担当していた映画監督脚本家松山善三が作詞を、作曲を映画音楽の作曲で有名な佐藤勝が作曲をそれぞれ手がけた。なお、当初は平和音楽祭の実行委員長も務めていた古賀政男が作曲する予定であったが、古賀が体調を崩したため佐藤勝の作曲となった[1]。『一本の鉛筆』と『八月五日の夜だった』は、ともに広島市への原子爆弾投下について描かれた作品である。

ひばりは、父の増吉が徴兵され、母の喜美枝がその間辛い思いをしていたのをそばで見て育っており、自身も横浜大空襲を体験していたこともあって、戦争嫌いだったという。そのようなこともあってひばりは広島平和音楽祭の出演依頼を快諾したという[2]

リハーサルでは冷房付きの控室が用意されており、広島テレビディレクターがひばりを冷房付きの部屋に誘導したところ、ひばりは「広島の人たちはもっと熱かったはずよね」とつぶやき、ずっと猛暑のステージのかたわらにいたという[2]。ステージの上からは「幼かった私にもあの戦争の恐ろしさを忘れることができません」と観客に語りかけた[3]

それから14年が経った1988年、ひばりは第15回の「音楽祭」に二度目の出演を果たした。当時、ひばりは大腿骨骨頭壊死慢性肝炎で入院した翌年であり、歩くのがやっとで段差を1人で上ることさえ困難な状況だった。ひばりは出番以外の時は音楽祭の楽屋に運び込んだベッドで点滴を打っていた。しかし、観客の前では笑顔を絶やさず、ステージを降りた時には「来てよかった」と語ったという[3]。翌1989年6月に、ひばりは死去した。

2006年8月27日の『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』では広島テレビのローカル企画に実妹の佐藤勢津子がゲスト出演し、この曲を歌唱している。

収録曲[編集]

  1. 一本の鉛筆
    作詞:松山善三、作曲・編曲:佐藤勝
  2. 八月五日の夜だった
    作詞:松山善三、作曲・編曲:佐藤勝

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『心にのこる 美空ひばり名曲物語』(BS朝日、2015年9月7日放送)
  2. ^ a b 『美空ひばり燃え尽きるまで』森啓草思社、144-147頁
  3. ^ a b ひばりの愛した反戦歌「一本の鉛筆」、もう一度広島で 朝日新聞、2008年7月1日

関連項目[編集]