悲しき口笛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
悲しき口笛
美空ひばりシングル
B面 ブギにうかれて(池真理子
東京キッド(1994年盤)
ひばりの花売娘(2003年盤)
リリース
ジャンル 歌謡曲流行歌
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 藤浦洸(作詞)
万城目正(作曲)
美空ひばり シングル 年表
河童ブギウギ
(1949年)
悲しき口笛
(1949年)
涙の紅バラ
(1949年)
テンプレートを表示

悲しき口笛」(かなしきくちぶえ)は、1949年9月10日に発売された美空ひばりシングルである。前作『河童ブギウギ』はB面の収録だったため、本楽曲がひばりにとってA面デビュー曲となった。

概要[編集]

『悲しき口笛』で「シルクハットに燕尾服」姿のひばり

作詞:藤浦洸、作曲:万城目正。B面は池真理子の『ブギにうかれて』。

同年10月に公開され、当時12歳にしてひばりが自身初の主演を務めた映画『悲しき口笛』の主題歌である。

当時としては史上最高記録となる45万枚を売り上げ、ひばりにとって初めてのヒット曲となった。本楽曲はひばりにとって出世作となり、ひばりは本楽曲のヒットにより一躍有名になった。また、本楽曲の売り上げ枚数は美空ひばりの全シングル売り上げランキングの第10位となっている[1]。1998年時点でのシングル(アナログ盤とCDの合計)売上は日本コロムビア調べで90万枚(概数)[2]

映画『悲しき口笛』はひばりの故郷である横浜市が舞台になっており[3]、主題歌の本楽曲も横浜が舞台になっている。

発売当時の映画の中で本楽曲を「シルクハットに燕尾服」で歌っている姿は「天才少女歌手」と呼ばれていた頃のひばりを代表するものとしてよくテレビ等で取り上げられている。また、2002年にはひばりが幼い頃通っていたという横浜市中区野毛にある「松葉寿し」の店先に、「悲しき口笛」のひばりをモデルにしたシルクハットに燕尾服の姿の銅像が建立された[4]

収録曲[編集]

オリジナル盤[編集]

  1. 悲しき口笛
  2. ブギにうかれて(歌:池真理子

1994年盤[編集]

  1. 悲しき口笛
    • 作詞:藤浦洸、作曲:万城目正、編曲:田代与志
  2. 東京キッド

2003年盤[編集]

  1. 悲しき口笛
    • 作詞:藤浦洸、作曲:万城目正、編曲:斎藤恒夫
  2. ひばりの花売娘

カバー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「あのころ番付 ひばり『柔』は190万枚」『日経プラスワン』2000年6月24日付、1頁。
  2. ^ 毎日新聞』1998年6月22日付大阪夕刊、1頁。
  3. ^ BS朝日 - うたの旅人
  4. ^ 美空ひばり像 - ぶらり横浜観光
  5. ^ さだまさし特集