竹田敏彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹田 敏彦(たけだ としひこ、1891年7月15日 - 1961年11月15日)は、日本の劇作家、小説家。

香川県仲多度郡多度津町生まれ。本名は敏太郎。早稲田大学英文科中退。「大阪時事新報」「大阪毎日新聞」記者をへて、1924年新国劇に入り、文芸部長を務める。のち流行作家として多くを書いた。1936年業績全般で直木賞候補。戦後、三原スヱと更生施設「丸亀少女の家」を創設した。[1]

著書[編集]

  • 『新国劇沢田正二郎 舞台の面影』(編)かがみ社 1929
  • 『紅痕』大日本雄辯會講談社 1938
  • 『日本の妻』大日本雄辯會講談社 1939
  • 『暁は遠けれど』八紘社 1939
  • 『時代の霧』大都書房 1939
  • 『都會の北極』八紘社 1939
  • 『戰士の道』八紘社 1939
  • 『涙の責任』大日本雄辯會講談社 1939
  • 『夢ならぬ戀』大日本雄辯會講談社 1939
  • 『牡丹崩れず』博文館 1940
  • 『赤い手の娘達』春陽堂書店 1940
  • 『第二の虹』博文館 1940
  • 『開墾部隊』興亞文化協會 1940
  • 『歌姫懺悔』春陽堂文庫 1940
  • 『熱情の翼』大日本雄辯會講談社 1940
  • 『明治偉人少年時代』昭和書房 1941
  • 『若い未亡人』非凡閣 1941
  • 『二つの結婚』非凡閣 1941
  • 『曲馬団の娘 戯曲集』三杏書院 1941
  • 『散らない桜』蒼生社 1941
  • 『拓士の妻』春陽堂書店 1941
  • 『生産化粧』春陽堂書店 1941
  • 『制服の街』春陽堂書店 1942
  • 『母性動員』大新社 1942
  • 『白衣の妹』金鈴社 1942
  • 『太陽の子等』博文社(国民文芸叢書) 1942
  • 『日本陸軍名將傅』室戸書房 1943
  • 『みたての花』春陽堂 1944
  • 『母は強し』鷺ノ宮書房 1947
  • 『青春同盟』叢文社(日本小説文庫) 1947
  • 『劫火の港』蔵治書房 1947
  • 『緑の聖者』湊書房 1948
  • 『沈まぬ太陽』鷺ノ宮書房 1948
  • 『ある新妻の秘密』蒼生社 1948
  • 『愛慾の海』世界社 1948 のち春陽文庫
  • 『ふるさとの鐘』鷺ノ宮書房 1948
  • 『麗人荘』松竹出版部 1948
  • 『街に散る花』鷺ノ宮書房 1948
  • 『物言はぬ花嫁』梧桐書院 1948
  • 『青春化粧』梧桐書院 1948
  • 『明星を与えん』尾崎書房 1949
  • 『金銀』矢貴書店 1949
  • 『青空の処女』湊書房 1949
  • 『此の世の君』矢貴書店 1950
  • 『子に詫びる』向日書館 1951
  • 『野の百合よりも』向日書館 1951
  • 『吾子と唄はん』向日書館 1951
  • 『少女の家』ポプラ社 1952
  • 『夜あけの霧』向日書館 1952
  • 『燃ゆる乳房』向日書館 1952
  • 『薔薇夫人』向日書館 1952
  • 『愛慾の街』東方社 1952
  • 竹田敏彦長篇小説選集』全4巻 向日書館 1952
  • 『恋の山々』向日書館 1953
  • 『恋に道あり』東方社 1953
  • 『脂粉の都』東方社 1953
  • 『緑ふく風なれば』向日書館 1953
  • 『夢ふかき女』東方社 1953
  • 『孔雀妻』文化日本社 1953
  • 『貞操の窓』東方社 1954
  • 『妻は知らず』東方社 1954
  • 『母時鳥』東方社 1954
  • 『曠野の虹』春陽文庫 1954
  • 『傷ついた乙女椿』東方社 1954
  • 『三人姉妹』東方社 1954
  • 『継母』大日本雄弁会講談社 1954
  • 『女性の旗』東方社 1955
  • 『貞操の証』東方社 1955
  • 『君は今宵も』東方社 1955
  • 『第二の判決』東方社 1955
  • 『暁に歌わん』東方社 1955
  • 『昨日に変る娘』東方社 1955
  • 母孔雀』東方社 1956
  • 『東京の夢』東方社 1956
  • 『愛の海峡』大日本雄弁会講談社(ロマン・ブックス) 1956
  • 『緑衣の夫人』東方社 1956
  • 『母の涙は仇なりや』東方社 1956
  • 『その夜の君』東方社 1956
  • 『母化粧』東方社 1956
  • 『薔薇夫人』東方社 1957
  • 『母と子の窓』大日本雄弁会講談社 1957
  • 『神が生れる話』金光教徒社 1957
  • 『子は誰のもの』東方社 1957
  • 『子供は知っている』講談社(ロマン・ブックス)1958
  • 『夜の人魚』講談社(ロマン・ブックス) 1959
  • 『私も不良だ』講談社(ロマン・ブックス) 1959
  • 『明けゆく島々』講談社(ロマン・ブックス) 1960
  • 『地に満つる愛』講談社 1960
  • 『ふくろうの歌』講談社(ロマン・ブックス) 1961

脚注[編集]

  1. ^ 日本人名大事典