徳大寺伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1948年

徳大寺 伸(とくだいじ しん、本名・寺田静夫、1910年〈明治43年〉10月5日 - 1995年〈平成7年〉7月19日)は、日本の俳優慶応大学中退。

来歴[編集]

赤坂の茶屋を営む母親の店に、歌舞伎役者の六代目尾上菊五郎がよく訪れていたのがきっかけで、実弟である後の尾上梅幸が養子となる。

慶應義塾大学中退後、昭和7年に松竹に入社。当初は事務職だったが松竹社長の大谷竹次郎の推薦で俳優に転向。翌年、『大学の若旦那』でデビュー。 当初の芸名は大綱豪であったが、名前が強すぎるとのことで、徳大寺伸に変更する。芸名の由来は、徳大寺の大は当時の松竹社長であった大谷社長の大の字をとり、伸は長谷川伸の伸の字をとったとのことである。

松竹時代は、佐分利信上原謙等と共に現代劇の二枚目俳優として数々の映画に出演。五所平之助監督の『朧夜の女』、『花籠の歌』での繊細な演技は評判となった。映画『暖流』も有名である。

戦後に脇役に回り1956年以降、東映京都撮影所に拠点を置き、何百本もの時代劇映画に出演する。東映時代劇を支えた一人である。

1965年以降、糖尿病及び視力低下で、映画・TV等の出演を控えていた。俳優引退後の1974年にタレント養成所全映芸文社を設立し、浅野温子久保田早紀などを送り出した。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

参考資料[編集]

  • 黒須洋子『テレビ映画「新選組血風録」の世界』(2000年、新人物往来社ISBN 440402875X
    • 『キャストインタビュー 徳大寺伸』(p.29.-p.35.)

外部リンク[編集]