ヘッドライト (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘッドライト

青年弁護士
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日20:00〜20:45(45分)
放送期間 1962年10月4日〜1963年4月11日(26回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ東映
企画 中田春雄
演出 佐伯清関川秀雄佐藤肇島津昇一赤坂長義土居通芳伊賀山正光飯塚増一若林幹
脚本 内田弘三大和久守正柳川創造布勢博一小沢洋藤村正太片岡薫服部正美西沢治大津皓一若尾徳平
出演者 中山昭二亀石征一郎宮園純子岡本四郎清水通子神田隆 ほか
オープニング 竹田公彦『ヘッドライト』

特記事項:
いすゞ自動車の一社提供。
モノクロームで放送。
テンプレートを表示

ヘッドライト』は、1962年10月4日から同年12月27日まで、日本テレビ系列にて放映されたテレビドラマ

なお本項では、この続編として1963年1月3日から同年4月11日まで放映された『青年弁護士』(せいねんべんごし)についても説明。

概要・ストーリー[編集]

青年弁護士であり、私立探偵も兼ねる伊達一郎は、トップ屋の坂本浩、神経科インターンの女医・滝はる子らと協力し、弁護士の職分は守りながらも様々な事件と向き合い、事件解決に活躍していく。

1963年1月3日から、キャストや主題歌などはほぼそのままでタイトルが『青年弁護士』となる。この作品からは、事件や裁判などに向き合う弁護士としての伊達を描くことが主となる。

本作は、いすゞ自動車の一社提供で放映された[1]。いすゞは1959年10月から1962年3月まで土曜22:00で放送されたドキュメンタリー番組『日本の年齢 風雪二十年』の後、半年のブランクを経ての提供だった[2]

なお本作終了後の日本テレビ木曜20時枠は定時番組を置かず、プロ野球中継または映画番組を編成、そして10月からは歌謡番組『百万ドルの饗宴』を開始、次にこの枠で現代劇が放送されるのは、5年半後の1968年10月3日開始の『泥棒育ち ドロボーイ』である。また本作終了後、いすゞ提供枠は火曜21:45 - 22:15に移動し、『男嫌い』(主演:越路吹雪ほか)を開始する[3]

放映データ[編集]

  • 放映期間:
    • 1962年10月4日〜1962年12月27日(ヘッドライト)
    • 1963年1月3日〜1963年4月11日(青年弁護士)
  • 放映曜日・放映時間帯:毎週木曜日20時〜20時45分[4]
  • 放映話数:全13話(ヘッドライト)、全13話(青年弁護士)、計26話
  • 放映形式:モノクロ16mmフィルム

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

『ヘッドライト』 歌:竹田公彦 (作詞:宮澤章二、作曲:塚原晢夫 ポリドール

キャスト[編集]

放映リスト[編集]

「ヘッドライト」[編集]

回数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1962年10月4日 湖畔の疑惑 内田弘三 佐伯清 上月佐知子志村妙子故里やよい
徳大寺伸天草四郎清水一郎
2 10月11日 渇ける者 関川秀雄 花沢徳衛青柳美枝子
3 10月18日 黒い契約 佐伯清 福田公子
4 10月25日 招かれざる男 大和久守正 関川秀雄 杉狂児
5 11月1日 偽証 内田弘三 佐伯清
6 11月8日 挑戦 柳川創造
7 11月15日 闇に這う者 布勢博一 佐藤肇
8 11月22日 新しき日のために 矢代哲也
9 11月29日 いのちの冠 関川秀雄
10 12月6日 信ずればこそ 島津昇一
11 12月12日 悪の決算 武田竜三
12 12月20日 聖しこの夜に 佐竹明夫中曽根公子
13 12月27日 母と子 石崎二郎菅井きん、志村妙子

「青年弁護士」[編集]

回数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1963年1月3日 歓びの歌 北山達也成瀬昌彦竹田公彦北城由紀子
2 1月10日 愛情の賭け 小沢洋 関川秀雄 久保菜穂子服部哲也赤尾静子松本克平
3 1月17日 迷い路 小林裕子水原一郎岡田敏子田中恵美子菅沼正
4 1月24日 長い夜の終り 松本朝夫本山可久子曽根秀介
5 1月31日 灰色の過去 藤村正太 赤坂長義 清村耕次筑紫あけみ
6 2月7日 宿命 土居通芳 天知茂富田恵子天野新二
7 2月14日 母ありき 片岡薫
服部正美
伊賀山正光 天野新二、真弓田一夫
8 2月21日 子供は知っている 西沢治 中村栄二立川恵作竹内満三ツ矢歌子
9 2月28日 緊急弁護 大津皓一 飯塚増一 上月左知子加藤嘉外野村晋
10 3月7日 はみだした青春 布勢博一 若林幹 天野新二、吉田豊明
11 3月14日 楽しく地獄へ 西沢治 田代百合子川口知子久保一
12 3月21日 小さな遺産 若尾徳平 土居通芳 田浦正巳緒方敏也
13 3月28日 絶叫 清川新吾、久保菜穂子、水原ゆかり天草四郎河合絃司
14 4月4日 愛情の賭け (第2話の再放送)
15 4月11日 緊急弁護 (第9話の再放送)

脚注[編集]

  1. ^ テレビドラマデータベース『ヘッドライト』より。
  2. ^ ただしこの間は、本作の前に放送されていたプロ野球中継(20:00 - 21:30)を、キヤノンと共に提供していた。(参考:日本テレビ社史「大衆とともに25年・沿革史」449 - 451頁)
  3. ^ 日本テレビ社史「大衆とともに25年・沿革史」453 - 455頁 1978年
  4. ^ 放送枠が45分と半端なのは、20:45 - 21:30に木曜22:30から移動した『武田ロマン劇場』が編成されたから。
日本テレビ 木曜20:00 - 20:45枠
前番組 番組名 次番組
プロ野球中継
または
映画番組
(20:00 - 21:30)
ヘッドライト

青年弁護士
プロ野球中継
または
映画番組
(20:00 - 21:30)
日本テレビ系 いすゞ自動車一社提供
日本の年齢 風雪二十年
(土曜22:00 - 22:45)
※半年のブランク有り
ヘッドライト

青年弁護士
男嫌い
(火曜21:45 - 22:15)