任侠東海道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
任侠東海道
監督 松田定次
脚本 比佐芳武
製作 大川博
出演者 片岡千恵蔵
市川右太衛門
中村錦之助
大川橋蔵
東千代之介
音楽 深井史郎
撮影 川崎新太郎
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1958年1月3日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 3億4178万円[1]
前作 任侠清水港
次作 任侠中仙道
テンプレートを表示

任侠東海道』(にんきょうとうかいどう)は、1958年(昭和33年)1月3日公開の日本映画である。東映製作・配給。監督は松田定次、主演は片岡千恵蔵イーストマンカラー東映スコープ、105分。

任侠清水港』に続く千恵蔵主演の次郎長ものの第2作で、東映の正月オールスター映画として製作された。配収は3億4178万円で、1957年度の邦画配収ランキング第5位となった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.138

外部リンク[編集]