一心太助 (中村錦之助版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一心太助(いっしんたすけ)は、東映で製作された中村錦之助 (萬屋錦之介)主演の映画シリーズである。1958年(昭和33年)から1963年(昭和38年)にかけて5本のシリーズが作られた。喧嘩っ早いが義理人情に厚い江戸っ子・一心太助と、ひょんなことから太助の主人(太助は親分と呼ぶ)となった天下のご意見番・大久保彦左衛門の活躍を描く。

レギュラー出演者[編集]

シリーズ作品[編集]

江戸の名物男 一心太助[編集]

江戸の名物男 一心太助
監督 沢島忠
脚本 田辺虎男
音楽 高橋半
撮影 坪井誠
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都撮影所
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1958年2月5日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

『江戸の名物男 一心太助』(えどのめいぶつおとこ いっしんたすけ)は、1958年2月5日に公開されたシリーズ第1作。監督は沢島忠、脚本は田辺虎男

キャスト[編集]

一心太助 天下の一大事[編集]

一心太助 天下の一大事
監督 沢島忠
脚本 鷹沢和善
音楽 鈴木静一
撮影 坪井誠
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都撮影所
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1958年10月22日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

『一心太助 天下の一大事』(いっしんたすけ てんかのいちだいじ)は、1958年10月22日に公開されたシリーズ第2作。監督は沢島忠、脚本は鷹沢和善

キャスト[編集]

  • 一心太助、将軍家光:中村錦之助 (萬屋錦之介)
  • 大久保彦左衛門:月形龍之介
  • お仲:中原ひとみ
  • 笹尾喜内:堺駿二
  • 幸吉:田中春男
  • おとよ:桜町弘子
  • 良恵:丘さとみ
  • お八重:東龍子
  • 松平伊豆守:山形勲
  • 原伊予守:加賀邦男
  • 水野十郎左衛門:小柴幹治
  • 桑山伊勢守:市川小太夫
  • 川勝丹波守:進藤英太郎
  • 用人軍兵衛:清川荘司
  • 相模屋茂兵衛:原健策
  • 為吉:沢村宗之助
  • 源兵衛:杉狂児
  • 大八:沢田清

一心太助 男の中の男一匹[編集]

一心太助 男の中の男一匹
監督 沢島忠
脚本 鷹沢和善
音楽 鈴木静一
撮影 坪井誠
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都撮影所
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1959年11月29日
上映時間 94分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

『一心太助 男の中の男一匹』(いっしんたすけ おとこのなかのおとこいっぴき)は、1959年(昭和34年)11月29日に公開されたシリーズ第3作。監督は沢島忠、脚本は鷹沢和善。

キャスト[編集]

  • 一心太助、将軍家光:中村錦之助 (萬屋錦之介)
  • 大久保彦左衛門:月形龍之介
  • お仲:中原ひとみ
  • 松平伊豆守:山形勲
  • 松前屋五郎兵衛:大河内傳次郎
  • 大原伊十郎:徳大寺伸
  • 源兵衛:杉狂児
  • 糸吉:夢路いとし
  • 鯉平:喜味こいし
  • 笹尾喜内:堺駿二
  • 神尾備前守:進藤英太郎
  • 神尾主膳:原健策
  • 丹波屋重蔵:阿部九洲男
  • 伴蔵:沢村宗之助
  • 正覚:三島雅夫
  • 原伊予守:加賀邦男
  • 京極左京亮:高松錦之助
  • 阿部豊後守:小柴幹治
  • お恵:丘さとみ

家光と彦左と一心太助[編集]

家光と彦左と一心太助
監督 沢島忠
脚本 小国英雄
音楽 鈴木静一
撮影 坪井誠
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都撮影所
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1961年1月3日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

『家光と彦左と一心太助』(いえみつとひこさといっしんたすけ)は、1961年(昭和36年)1月3日に公開されたシリーズ第4作。監督は沢島忠、脚本は小国英雄

キャスト[編集]

一心太助 男一匹道中記[編集]

一心太助 男一匹道中記
監督 沢島忠
脚本 那須美三
沢島忠
音楽 林光
撮影 坪井誠
製作会社 東映京都撮影所
配給 日本の旗 東映
公開 日本の旗 1963年1月15日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

『一心太助 男一匹道中記』(いっしんたすけ おとこいっぴきどうちゅうき)は、1963年(昭和38年)1月15日に公開されたシリーズ最終作。監督は沢島忠、脚本は那須美三、沢島忠。

キャスト[編集]

関連項目[編集]