人形佐七捕物帖 (若山富三郎版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
人形佐七捕物帳 > 人形佐七捕物帖 (若山富三郎版)

人形佐七捕物帖』(にんぎょうさしちとりものちょう)シリーズは、横溝正史の小説『人形佐七捕物帳』を若山富三郎主演で映画化したものである。新東宝で5作、若山が移籍した東映でも6作が作られた。

シリーズ[編集]

新東宝作品[編集]

音楽を担当した渡辺宙明は、本作品で初めて映画音楽を手掛けた[1]。監督の中川信夫は『禁じられた遊び』や『第三の男』からのイメージで渡辺にギターのみでの劇伴を要望し、渡辺はギター6人とヴィブラフォンによる編成でこれに応えた[1]。以後、渡辺は中川作品の常連となり、また他の監督からも注目されるようになったという[1]

東映作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 「スーパー戦隊制作の裏舞台 渡辺宙明」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1980 電子戦隊デンジマン講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年7月25日、33頁。ISBN 978-4-06-509608-6