犬神家の一族 (1976年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金田一耕助 > 石坂浩二の金田一耕助シリーズ > 犬神家の一族 (1976年の映画)
犬神家の一族
The Inugamis
監督 市川崑
脚本 長田紀生
日高真也
市川崑
原作 横溝正史
製作 市川喜一
製作総指揮 角川春樹
出演者 石坂浩二
島田陽子
あおい輝彦
川口晶
坂口良子
原泉
草笛光子
大滝秀治
岸田今日子
加藤武
高峰三枝子
三國連太郎
音楽 大野雄二
主題歌 愛のバラード
撮影 長谷川清
編集 長田千鶴子
製作会社 角川春樹事務所
配給 東宝
公開 日本の旗 1976年10月16日[1]
日本の旗 1976年11月13日
上映時間 146分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 15億5900万円[2]
(1976年邦画配給収入2位)
次作 悪魔の手毬唄
テンプレートを表示

犬神家の一族』(いぬがみけのいちぞく)は、1976年昭和51年)10月16日[1]に公開された日本映画横溝正史作による同名の長編推理小説の映画化作品の一作。製作は角川春樹事務所、配給は東宝


概要[編集]

1970年代中頃から1980年代中頃にかけて一種のブームとなった角川映画の初作品であり、市川崑監督・石坂浩二主演による金田一耕助シリーズの第1作でもある。金田一耕助を初めて原作通りの着物姿で登場させた映画としても知られる。

「波立つ水面から突き出た足」のシーンや不気味なマスク姿の佐清などの印象的な場面が多く、後に何度もパロディにされている。大野雄二による主題曲「愛のバラード」も有名である。

劇中では作曲家小杉太一郎の唯一の邦楽作品、箏曲「双輪」が効果的に映画音楽として使われている。この曲は箏曲家山田節子の委嘱により作曲されたものである。市川はその後も「双輪」を大変気に入り、『古都』(1980年)や『竹取物語』(1987年)など、以後も箏曲が必要な時にはたびたび使用している(ちなみにこれらで使われている演奏はすべて山田節子によるものである)。TBSのタレント人気調査で3年連続トップになるなど、お茶の間では圧倒的人気を誇りながら、映画ではめぼしい実績を掴みかねていた石坂浩二は、初の大作主演での大ヒットに恵まれた。

佐清のマスクなどの造形は、東宝特殊美術の安丸信行が担当した。佐清のマスクの着色は、白と肌色を調合したもので、監督の市川崑の気に入った配色が出なかったため、何度も作り直させられて苦しかったと安丸は述懐している。また、ポスターなどに使用された湖から突き出した佐清の足は、美術助手であった好村直行の足を型取りして造形された。好村は後年、『犬神家の一族 (2006年の映画)』の美術を担当した櫻木晶に、本作の足が好村のものであることを驚かれて誇らしい気分になったと述べている[3]

映画は15億6000万円の配給収入を記録し、大ヒットした。批評家やファンからも高い評価と支持を受け、第50回キネマ旬報ベスト・テンで第5位にランクインのほか、第1回報知映画賞作品賞などの各賞を受賞した。キネマ旬報によれば、本作のヒットにより製作と宣伝にコストをかけた邦画の一本立て大作路線が本格的にスタートした[4][注 1]

2006年平成18年)には市川・石坂のコンビでリメイク版が製作された。リメイク版も石坂が金田一を演じている。

キャスト[編集]

以下はノンクレジット

スタッフ[編集]

受賞[編集]

ロケ地[編集]

  • 那須の街並みは長野県上田市で撮影された。
  • 湖の風景は長野県の青木湖木崎湖で撮影された。
  • 金田一耕助が投宿する「那須ホテル」は長野県佐久市にある「井出野屋旅館」で撮影された。
  • 信州那須神社は、長野県大町市にある国宝仁科神明宮で撮影された。

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、1980年には1本立てイコール大作のイメージは無くなり、観客側も1本立ての物珍しさに慣れてしまい、製作側も勝負作でない、大作でない1本立てを作成するようになった[5]

出典[編集]

  1. ^ a b 日比谷映画劇場で先行上映。
  2. ^ 中川右介『角川映画 1976-1986 日本を変えた10年』KADOKAWA、2014年、280頁。ISBN 978-4-04-731905-9
  3. ^ 『別冊映画秘宝 特撮秘宝』Vol.5、洋泉社2017年1月5日、 128-129頁、 ISBN 978-4-8003-1127-6
  4. ^ 「1979年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1980年昭和55年)2月下旬号、キネマ旬報社1980年、 119頁。
  5. ^ 「1980年度日本映画・外国映画業界総決算 日本映画」、『キネマ旬報1981年昭和56年)2月下旬号、キネマ旬報社1981年、 113頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]