犬神家の一族 (1976年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金田一耕助 > 石坂浩二の金田一耕助シリーズ > 犬神家の一族 (1976年の映画)
犬神家の一族
監督 市川崑
脚本 長田紀生
日高真也
市川崑
原作 横溝正史
製作 市川喜一
製作総指揮 角川春樹
出演者 石坂浩二
島田陽子
あおい輝彦
高峰三枝子
三國連太郎
音楽 大野雄二
主題歌 愛のバラード
撮影 長谷川清
編集 長田千鶴子
製作会社 角川春樹事務所
配給 東宝
公開 日本の旗 1976年10月16日[1]
日本の旗 1976年11月13日
上映時間 146分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 15億5900万円[2]
(1976年邦画配給収入2位)
次作 悪魔の手毬唄
テンプレートを表示

犬神家の一族』(いぬがみけのいちぞく)は、1976年昭和51年)10月16日[1]に公開された日本映画横溝正史作による同名の長編推理小説の映画化作品の一作。製作は角川春樹事務所、配給は東宝


概要[編集]

1970年代中頃から1980年代中頃にかけて一種のブームとなった角川映画の初作品であり、市川崑監督・石坂浩二主演による金田一耕助シリーズの第1作でもある。金田一耕助を初めて原作通りの着物姿で登場させた映画としても知られる。

「波立つ水面から突き出た足」のシーンや不気味なマスク姿の佐清などの印象的な場面が多く、後に何度もパロディにされている。大野雄二による主題曲「愛のバラード」も有名である。

劇中では作曲家小杉太一郎の唯一の邦楽作品、箏曲「双輪」が効果的に映画音楽として使われている。この曲は箏曲家山田節子の委嘱により作曲されたものである。市川はその後も「双輪」を大変気に入り、『古都』(1980年)や『竹取物語』(1987年)など、以後も箏曲が必要な時にはたびたび使用している(ちなみにこれらで使われている演奏はすべて山田節子によるものである)。TBSのタレント人気調査で3年連続トップになるなど、お茶の間では圧倒的人気を誇りながら、映画ではめぼしい実績を掴みかねていた石坂浩二は、初の大作主演での大ヒットに恵まれた。

映画は15億6000万円の配給収入を記録し、大ヒットした。批評家やファンからも高い評価と支持を受け、キネマ旬報ベストテン第5位にランクインされたほか、第1回報知映画賞作品賞などの各賞を受賞した。

2006年平成18年)には市川・石坂のコンビでリメイク版が製作された。リメイク版も石坂が金田一を演じている。

キャスト[編集]

以下はノンクレジット

スタッフ[編集]

原作との主な相違点[編集]

以下では原作から映画へ変更した意味で[原作の場合] ⇒ [映画の場合]という具合に記述する。

  • 犬神家の事業 - 生糸製糸製薬
  • 年代 - 昭和2X年10月 - 12月(ただし登場人物の年齢から逆算すると24年) ⇒ 昭和22年9月頃
  • 犬神松子のの師匠・宮川香琴 - 物語において重要な人物 ⇒ 証言者の一人にすぎない
  • 青沼菊乃 - 外見、職業は変わったが存命 ⇒ 既に他界(ただし警察の調べでは空襲で死亡、静馬の口からは自分が9歳のときに死んだと矛盾がある)
  • 犬神松子の母 - 既に他界 ⇒ 存命で縁は切っているが、松子に小遣いをせがんだり、金田一にはある証言を行う。
  • 仮面の佐清 - 無口だが喋ると普通に喋る ⇒ 極端に無口、声も変質している。
  • 猿蔵 - 信州なのに東北訛りだが普通に喋る ⇒ カタコトしか喋れない感じ。
  • 猿蔵の素性 - みなしごになったため、子供の頃から祝子によって珠世と共に育てられ、珠世が犬神家に引き取られると、下男として犬神家に入った。⇒ 事件の10年程前に佐兵衛がどこかから連れてきた。
  • 第一の事件の毒の出所 - 犯人は語らず ⇒ 犬神財閥の事業絡みの薬物
  • 第三の事件の死体発見場所 - 廃屋となった旧犬神邸の一室 ⇒ 現犬神家の屋根上
  • 珠世の素性の暴露 - 那須神社神官が犬神家の一族の前で暴露 ⇒ 金田一に問い詰められた神官が金田一に内密に教える。
  • 第四の事件の殺害方法と死体を逆さにした理由 - 絞殺。見立て殺人のため⇒による斬殺。逆さにしたのは共犯者。なぜそれが見立てになってるかは金田一も言及なし。
  • 真犯人の共犯者 - 山中で耕助と警察によって逮捕 ⇒ 旧犬神邸で使用人と警察によって逮捕
  • 最後の真相が語られる場所 - 犬神家座敷に関係者全員を集めて ⇒ 警察で共犯者を前に、など断片的に分散
  • 追加された主なシーン
    • 食堂でホテルの女中・おはるから毒物の鑑定結果を聞く場面
    • 静馬が本性を現す場面(原作では犯人達の証言のみ)
    • 松子の母関連の場面
    • 耕助が那須を去る場面

受賞[編集]

ロケ地[編集]

  • 那須の街並みは長野県上田市で撮影された。
  • 湖の風景は長野県の青木湖木崎湖で撮影された。
  • 金田一耕助が投宿する「那須ホテル」は長野県佐久市にある「井出野屋旅館」で撮影された。
  • 信州那須神社は、長野県大町市にある国宝仁科神明宮で撮影された。

その他[編集]

備考[編集]

  • 角川映画としては本作のみである。2006年公開のリメイク版は東宝が単独で製作している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日比谷映画劇場で先行上映。
  2. ^ 中川右介『角川映画 1976-1986 日本を変えた10年』KADOKAWA、2014年、280頁。ISBN 978-4-04-731905-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]