ぼんち (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ぼんち』は、1959年に発表された山崎豊子による小説。『週刊新潮』に連載された。単行本は新潮社から上下2巻が1959年と1960年に刊行された。

概要[編集]

老舗足袋問屋の一人息子喜久治の人生修業を中心に、彼を巡る5人の女、船場商家の厳しい家族制度や特殊な風習を丁寧に描いた長編小説[1]。「ぼんち」とは船場商家の跡取りに対する呼び名のひとつで、単なる「ぼんぼん」とは異なり、放蕩を重ねてもぴしりと帳尻の合った遊び方で、地に足がついたスケールの大きな者に与えられる愛称[2]昭和初期の経済変動を背景に、商魂に徹して生きた大阪商人の理想的典型を描き、大阪の文芸興隆に寄与したとして大阪府芸術賞を受けた[3]

1960年には大映にて映画化され、また、1962年1972年には同名で、1966年には『横堀川』(『暖簾』『花のれん』と合同)として3度テレビドラマ化された。2008年には「音楽劇“ぼんち”」として舞台化されている。最初の映画が完成した際、試写を観た原作者の山崎豊子は、しみったれた主人公に描かれていることに不満を漏らし、監督市川昆の『ぼんち』であって自分の『ぼんち』ではないと感想を述べた[4]

あらすじ[編集]

出版[編集]

  • 単行本
    • 『ぼんち』上・下(1959年、1960年、新潮社)
    • 『ぼんち』(1960年、新潮社)※1冊にまとめたもの。
  • 文庫
    • 『ぼんち』(1961年、新潮社)
    • 『ぼんち(改訂第1版)』(1974年、新潮社)
    • 『ぼんち(改訂第2版)』(2005年、新潮社)※活字が大幅に拡大。
  • 全集
    • 『山崎豊子全作品』第2巻(1985年、新潮社)
    • 『山崎豊子全集』第2巻(2004年、新潮社)

英訳[編集]

  • Bonchi a novel translated by Harue and Travis Summersgill、1982

映画[編集]

ぼんち
監督 市川崑
脚本 和田夏十
市川崑
製作 永田雅一
出演者 市川雷蔵
若尾文子
越路吹雪
山田五十鈴
草笛光子
中村玉緒
船越英二
京マチ子
音楽 芥川也寸志
撮影 宮川一夫
編集 西田重雄
製作会社 大映
配給 大映
公開 日本の旗 1960年4月13日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

製作・配給は大映。大映は本作以降、山崎より『女の勲章』・『女系家族』・『白い巨塔』の映画化の許可を得、製作に至った。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビドラマ[編集]

1962年版[編集]

NET(現:テレビ朝日)で1962年1月4日〜同年6月28日に毎週木曜21:15〜21:45に放送。

キャスト[編集]

ほか

スタッフ[編集]

NET 木曜21:15 - 21:45枠
前番組 番組名 次番組
ぼんち
(1962年版)

1966年版[編集]

1972年版[編集]

フジテレビの「土曜劇場」枠で1972年1月1日〜同年3月25日に放送。「土曜劇場」が元日に放送されるのは本作が唯一。

余談だが、同日には直後の22:30枠で『木枯し紋次郎』が放送開始した。

キャスト[編集]

ほか

スタッフ[編集]

フジテレビ 土曜劇場
前番組 番組名 次番組
ぼんち
(1972年版)

舞台[編集]

2008年4月3日から4月21日まで紀伊國屋サザンシアターで行われた沢田研二主演の舞台、音楽劇である。同年4月25日から4月28日まで新神戸オリエンタル劇場、さらに、同年5月10日、11日には中日劇場で行われた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ぼんち新潮社
  2. ^ 山崎豊子と司馬遼太郎 大阪商人の視点ゆえ見えた日本産経新聞関西版、2013.10.20
  3. ^ 『船場育ち』楠本憲吉、PHP研究所, 1976
  4. ^ 私の『ぼんち』は、あんな男じゃない「週刊女性」1961年5月1日号、ライフクラブ「特集ぼんち」

外部リンク[編集]