ぼんち (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ぼんち』は、1959年に発表された山崎豊子による小説。『週刊新潮』に連載された。単行本は新潮社から上下2巻が1959年と1960年に刊行された。

概要[編集]

老舗足袋問屋の一人息子喜久治の人生修業を中心に、彼を巡る5人の女、船場商家の厳しい家族制度や特殊な風習を丁寧に描いた長編小説[1]。「ぼんち」とは船場商家の跡取りに対する呼び名のひとつで、単なる「ぼんぼん」とは異なり、放蕩を重ねてもぴしりと帳尻の合った遊び方で、地に足がついたスケールの大きな者に与えられる愛称[2]昭和初期の経済変動を背景に、商魂に徹して生きた大阪商人の理想的典型を描き、大阪の文芸興隆に寄与したとして大阪府芸術賞を受けた[3]

1960年には大映にて映画化され、また、1962年1972年には同名で、1966年には『横堀川』(『暖簾』『花のれん』と合同)として3度テレビドラマ化された。2008年には「音楽劇“ぼんち”」として舞台化されている。最初の映画が完成した際、試写を観た原作者の山崎豊子は、しみったれた主人公に描かれていることに不満を漏らし、監督市川昆の『ぼんち』であって自分の『ぼんち』ではないと感想を述べた[4]。実際に山崎は、映画撮影中の現場を訪問して、監督の市川崑に直接、口頭で撮影中止を申し入れている[5]

あらすじ[編集]

出版[編集]

  • 単行本
    • 『ぼんち』上・下(1959年、1960年、新潮社)
    • 『ぼんち』(1960年、新潮社)※1冊にまとめたもの。
  • 文庫
    • 『ぼんち』(1961年、新潮社)
    • 『ぼんち(改訂第1版)』(1974年、新潮社)
    • 『ぼんち(改訂第2版)』(2005年、新潮社)※活字が大幅に拡大。
  • 全集
    • 『山崎豊子全作品』第2巻(1985年、新潮社)
    • 『山崎豊子全集』第2巻(2004年、新潮社)

英訳[編集]

  • Bonchi a novel translated by Harue and Travis Summersgill、1982

映画[編集]

ぼんち
監督 市川崑
脚本 和田夏十
市川崑
製作 永田雅一
出演者 市川雷蔵
若尾文子
越路吹雪
山田五十鈴
草笛光子
中村玉緒
船越英二
京マチ子
音楽 芥川也寸志
撮影 宮川一夫
編集 西田重雄
製作会社 大映
配給 大映
公開 日本の旗 1960年4月13日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

製作・配給は大映1960年4月13日公開。併映は『扉を叩く子』、4月17日より『痴人の愛』。1965年3月6日に再上映、併映は『暴れ犬』。

製作[編集]

大映側からの企画ではなく、主演した市川雷蔵が自ら監督の市川崑に持ち込んだもので、市川が日本映画界で巨匠と評される一端となった映画『炎上』に出演した事への「御礼返し」の意味合いがあったという。原作を読んだ市川は、自分の肌に合わないと感じつつも、雷蔵の「先生、御礼返しをしとくれやすや」の洒落っ気な言葉に動かされて映画化を引き受けた。脚本は妻の和田夏十に一任して、原作にはない戦後の場面を加えるなど、大胆な脚色を行った上で撮影を開始した。主演の市川雷蔵は自ら企画した事もあり、上機嫌に奔放な演技をするなど、撮影は快調だったが、1週間程たった頃、大映の宣伝部がPR用に、原作者の山崎を撮影所に呼んでくるという出来事があった。山崎は当初、主演の雷蔵や出演者たちと記念写真に応じていたが、終了後に市川の所へやってくると「原作と脚本が全然違う、映画にするのをやめて下さい」と撮影中止を急遽申し入れてきた。常軌を逸脱している感じた市川は「あなたには既に脚本が提示されていて、原作料が渡って、こうして撮影が行われている訳だから、常識的に言えば了承されている事になる。しかし、どうあっても嫌だと仰るなら、僕じゃなく会社のほうに言ってくれ。会社が了承すれば中止になるだろうけど、かなりの製作費が消費されているから、それをあなたが弁償する事になるでしょう。それでも良ければどうぞ」と突き放し、山崎も「ええ、そのお金を払ってもいいからやめてほしい」と意に介さなかった。幾ら雷蔵への御礼返しでも原作のダイジェストを作る位なら監督を辞退するつもりでいた市川だったが、結局、製作は中止されることなく、映画は無事に完成した。後年、市川はあの時の山崎の態度を「ああいうことを言いたかっただけの不思議な人」と評している[6]。その証拠に、大映は本作以降、山崎より『女の勲章』・『女系家族』・『白い巨塔』の映画化の許可を得、製作に至っている。

撮影・演出[編集]

  • 主人公を取り巻く女性が多く出演するため、一人ひとりの性格の違いを表現する服装の色を強調する色彩設計がなされている[7]
  • 大阪空襲後の 焼け残った主人公の家の土蔵周辺は大映京都撮影所の敷地内で撮られたオープンセットで、モンタージュされる空襲後の焼け野原は、大阪城近くの工場跡地に作り物の瓦礫を追加して撮影されている[8]
  • 出演者の若尾文子が日傘を差して通りを歩く場面は船場でロケーション撮影されたが、イントレや撮影用クレーンでは俯瞰する高さが足りないため、電柱のトランス修理に用いる特製クレーンをレンタルして撮影されている[9]
  • 映画は、戦前から戦中、戦後という激動の時代を通して描かれているが、主人公は空襲で家を焼失しても飄々とするなど、浮世離れした性格描写がなされている。これは時代背景を見据える目線と主人公の人間像から見た目線を対比させつつ、それらを映画として1つに照合させるという、市川独特のストーリーラインの価値観に基づいているためで、この手法は後に谷崎潤一郎の『細雪』を映画化した際にも用いられている[10]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

テレビドラマ[編集]

1962年版[編集]

NET(現:テレビ朝日)で1962年1月4日〜同年6月28日に毎週木曜21:15〜21:45に放送。

キャスト[編集]

ほか

スタッフ[編集]

NET 木曜21:15 - 21:45枠
前番組 番組名 次番組
ぼんち
(1962年版)

1966年版[編集]

1972年版[編集]

フジテレビの「土曜劇場」枠で1972年1月1日〜同年3月25日に放送。「土曜劇場」が元日に放送されるのは本作が唯一。

余談だが、同日には直後の22:30枠で『木枯し紋次郎』が放送開始した。

キャスト[編集]

ほか

スタッフ[編集]

フジテレビ 土曜劇場
前番組 番組名 次番組
ぼんち
(1972年版)

舞台[編集]

1960年版[編集]

1960年8月公演、大阪歌舞伎座新派公演。

キャスト[編集]

1962年版[編集]

1962年6月3日から20日まで産経ホールで、菊田一夫脚色・演出、観世栄夫プロデュースで上演された。テレビ版で喜久治を好演した中村扇雀が主演。

キャスト[編集]

萬代峰子英つや子一条久枝 ほか

1966年版[編集]

1966年10月、東京宝塚劇場東宝歌舞伎公演。

キャスト[編集]

1976年版[編集]

1976年11月、新橋演舞場、新派公演。

キャスト[編集]

2008年版[編集]

2008年4月3日から4月21日まで紀伊國屋サザンシアターで行われた沢田研二主演の舞台、音楽劇である。同年4月25日から4月28日まで新神戸オリエンタル劇場、さらに、同年5月10日、11日には中日劇場で行われた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ぼんち新潮社
  2. ^ 山崎豊子と司馬遼太郎 大阪商人の視点ゆえ見えた日本産経新聞関西版、2013.10.20
  3. ^ 『船場育ち』楠本憲吉、PHP研究所, 1976
  4. ^ 私の『ぼんち』は、あんな男じゃない「週刊女性」1961年5月1日号、ライフクラブ「特集ぼんち」
  5. ^ 『完本 市川崑の映画たち』、2015年11月発行、市川崑・森遊机、洋泉社、P180~181
  6. ^ 『完本 市川崑の映画たち』、2015年11月発行、市川崑・森遊机、洋泉社、P179~181
  7. ^ 『完本 市川崑の映画たち』、2015年11月発行、市川崑・森遊机、洋泉社、P181、183
  8. ^ 『完本 市川崑の映画たち』、2015年11月発行、市川崑・森遊机、洋泉社、P183
  9. ^ 『完本 市川崑の映画たち』、2015年11月発行、市川崑・森遊机、洋泉社、P184
  10. ^ 『完本 市川崑の映画たち』、2015年11月発行、市川崑・森遊机、洋泉社、P184、185

外部リンク[編集]