つる -鶴-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つる
監督 市川崑
脚本 和田夏十
日高真也
市川崑
製作 高井英幸
製作総指揮 田中友幸
ナレーター 石坂浩二
音楽 谷川賢作
撮影 五十畑幸勇
編集 長田千鶴子
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開 日本の旗 1988年5月21日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

つる -鶴-』は、1988年5月21日に公開された日本映画。製作は東宝映画。配給は東宝イーストマンカラービスタビジョンサイズ。

概要[編集]

日本の民話『鶴の恩返し』の映画化作品[1]吉永小百合の映画出演100本目の作品でもある[1]

クライマックスの鶴が布を織るシーンは製作当初からの課題であった[1]。「影絵」「音だけ」「大寿の芝居のみ」などさまざまな案が検討された結果、造形物による撮影に決定し、4回の撮り直しにより監督の市川崑が満足できるものとなった[1]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、312頁。ISBN 4766927060

外部リンク[編集]