長田千鶴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
おさだ ちずこ
長田 千鶴子
生年月日 (1942-05-06) 1942年5月6日(80歳)
出生地 福岡県
職業 編集技師
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1973年 - 現在
活動内容 主に市川崑監督作品の編集技師として活動
 
受賞
日本アカデミー賞
第18回最優秀編集賞(『四十七人の刺客』)
第21回最優秀編集賞(『誘拐』)
その他の賞
平成20年度(第6回)文化庁映画賞 映画功労部門
テンプレートを表示

長田 千鶴子(おさだ ちずこ、1942年5月6日 - )は、日本映画編集技師福岡県出身。市川崑の懐刀として知られる編集者[1]

経歴[編集]

高校卒業後、母親の知り合いだった中島源太郎のアニメ制作会社「日本動画」に1966年に入って中島の秘書を務め、1968年に大映テレビ部(現・大映テレビ)の編集助手として入社。

1973年、『市川崑シリーズ・追跡』(関西テレビ放送)で編集技師となり、1975年の『吾輩は猫である』が初の映画編集者としての作品[2]。以来、亡くなるまで市川崑が監督した作品の編集を担当した。

作品[編集]

受賞歴[編集]

出典・参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ コラム『日本映画の玉(ギョク)』 鈴木英夫<その14>『九尾の狐と飛丸』をめぐって(前篇)木全公彦、 映画の國
  2. ^ 今回の映画人 編集技師 長田千鶴子”. 日映シネマガ. 日本映画放送. 2016年7月19日閲覧。
  3. ^ 「第5回文化庁映画週間 - Here&There」について (PDF)”. 文化庁 (2008年9月18日). 2016年7月19日閲覧。

外部リンク[編集]