天河伝説殺人事件 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天河伝説殺人事件
監督 市川崑
脚本 久里子亭
日高真也
冠木新市
原作 内田康夫
製作 角川春樹
出演者 榎木孝明
音楽 宮下富実夫
谷川賢作
主題歌 関口誠人「天河伝説殺人事件」(本編)
中森明菜二人静 -「天河伝説殺人事件」より」(CM)
撮影 五十畑幸勇
編集 長田千鶴子
配給 東映
公開 日本の旗 1991年3月16日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4億9000万円[1]
テンプレートを表示

天河伝説殺人事件』(てんかわでんせつさつじんじけん)は、1991年内田康夫推理小説天河伝説殺人事件」を映画化した映画作品、及び同映画の主題歌でもある関口誠人の6枚目のシングルである。

解説[編集]

続編を匂わせるようなエンディングや「浅見光彦・事件簿ファイル第一号」と書かれていること、一時「第2弾製作決定」が報じられたことがあり、シリーズ化を狙っていたようだが、その後の角川春樹の逮捕に始まる一連の角川書店内部の混乱の影響を受けたこともあってか[要出典]、現在において「浅見光彦シリーズ」で唯一の映画化された作品となっている。

石坂浩二加藤武が出演し、市川崑が監督を務めており、『犬神家の一族』に始まる金田一耕助シリーズのテイストが出ていると指摘され、また映画の広報や宣伝もそれを意識的に意図させたものである。上映当時、オールナイト・ニッポン内では主題歌のサビ部分を使用したCMが盛んに放送された他、伊集院光のOh!デカナイトなどニッポン放送の深夜番組内でも盛んに取り上げられ宣伝が行われた。

そのためにTVCMにおけるキャッチコピーは「金田一耕助から十五年……天河に浅見光彦、走る」となっている。

ストーリー[編集]

新宿高層ビル群でサラリーマン川島が急死、手には天河神社の御守り「五十鈴」が握られていた。毒殺と断定した仙波警部補は天川村へ向かう。天川村に近い吉野の町はずれで、浅見光彦が駐在から密猟の疑いをかけられるが、旅館・天河館の女将・敏子に助けられる。東京へ帰った浅見は先輩の依頼で能についての旅情ルポを手掛けることになり、再び天川村へ向かう。ところが、林道で出会った老人が殺され、拘留される。高崎老人は能楽の名家・水上流の長老だった。

水上流の後継者候補は和鷹・秀美の異母兄妹だ。71歳の宗家・和憲は二人の祖父にあたり、父である和春は12年前に他界。和憲は和春の追善能を機に引退を決意していた。長子継続が能の世界だが、二人の母・菜津は秀美を宗家にと推す。和鷹は腹違いの子だったからだ。

アリバイが成立して釈放された浅見は秀美から高崎の死の真相を探ってくれと頼まれる。今度は和憲が演じるはずの『道成寺』の見せ場「釣鐘落とし」の能舞台で和鷹が急死。毒殺の小道具に『雨降らしの面』が使われたと直感するが、証拠品の面は消えてしまう。

和鷹の実母・敏子が犯人として浮かぶ。生後間もない和鷹を宗家にするという約束で水上家に奪われた敏子はその証しにと「五十鈴」をもらう。これを知った中学時代の同級生の川島が高崎を恐喝すると、敏子は和鷹を思うあまり川島を殺してしまう。敏子の犯行に気づき、「和鷹を推していたのにとんでもないことをしてくれた」「和鷹を宗家には出来ない」と激昂した高崎をも殺し、敏子の次の殺意は和憲に向かった。ところが、和憲の踏むはずだった舞台を和鷹が踏んだことで、最愛のわが子を殺してしまったのだ。天河神社で行われる薪能の夜、和憲が敏子に秀美を後継と考えた自分が悪かったと詫び、敏子は和鷹を手放すべきではなかったと悔やむ。そして、宗家が隠していた面を持って敏子は自殺する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

天河伝説殺人事件
関口誠人シングル
初出アルバム『悪戯』
B面 宝島
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ポニーキャニオン
チャート最高順位
  • 16位(オリコン
  • 1991年度年間99位(オリコン)
関口誠人 シングル 年表
ノー、ノー、ボーイフレンド
1989年
天河伝説殺人事件
1991年
たまゆら
(1991年)
テンプレートを表示

解説[編集]

オリコンでの最高順位こそ16位止まりだったが、ロングヒットしたことにより1991年度の年間シングルチャートでは99位に入った。また、オリコンの集計によると、17.1万枚の売り上げを記録した。

同年4月26日に出演した「ミュージックステーション」では、中森明菜と共に『二人静 -「天河伝説殺人事件」より』→『天河伝説殺人事件』のメドレーを披露した。

収録曲[編集]

  1. 天河伝説殺人事件
    • 作詞:松本隆、作曲:関口誠人、編曲:井上鑑
      • 映画「天河伝説殺人事件」主題歌
  2. 宝島
    • 作詞・作曲・編曲:関口誠人

脚注[編集]

  1. ^ 中川右介 「資料編 角川映画作品データ 1976-1993」『角川映画 1976‐1986 日本を変えた10年』 角川マガジンズ2014年、285頁。ISBN 4-047-31905-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]