帰って来た木枯し紋次郎 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
帰って来た木枯し紋次郎
監督 市川崑
脚本 市川崑中村敦夫中村勝行
製作 鈴木哲夫本間信行小嶋伸介
製作総指揮 能村庸一松前洋一
出演者 中村敦夫
坂口良子
岸部一徳
加藤武
金山一彦
鈴木京香
音楽 谷川賢作
主題歌 上條恒彦
撮影 五十畑幸勇
編集 長田千鶴子
製作会社 フジテレビジョン
C.A.L
配給 東宝
公開 日本の旗 1993年11月20日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

帰って来た木枯し紋次郎』(かえってきたこがらしもんじろう)は、1993年11月20日東宝系で公開された日本映画

中村敦夫主演のテレビ版の続編 原作者の笹沢左保が新たにシノプシスを書き下ろし(小説としては発表されていない)、監督も市川崑が務めた。テレビでの放送に先立ちニ週刊の限定で劇場上映された[1]。主題歌も、テレビ版の『だれかが風の中で』が使われている。この作品は紋次郎の台詞が、東映版に準じた「あっしには関わりのねぇことでござんす」となっている。フジテレビ系列で、後にテレビ放映された。

ストーリー[編集]

弘化三年。溯ること、五年前に木曽山中で仇討ちと付け狙っていた二人組の渡世人に襲われ、崖から落ちて死んだと思われていた渡世人、木枯し紋次郎は、きこりの伝吉に助けられ、杣人(そまびと)となって働いていた。

そこに六年前、木曽から姿を消した伝助の息子の小平次が渡世人となって現れ、伝助に上州で大仕事をすると公言し、上州に再び戻って行った。大怪我を負った伝助は小平次の行く末を危ぶみ、最期の頼みと紋次郎に対し、渡世人に戻り、小平次を連れ戻してほしいと懇願され、再び草鞋を履く決意をし、因縁のある上州に向かうこととなった。

出演者[編集]

[2]

脚注[編集]

  1. ^ 帰ってきた木枯し紋次郎”. director Kon Ichikawa`s Official Site. 2017年8月10日閲覧。
  2. ^ Kaetekita Kogarashi Monjirō”. Toho film company's official site. 2017年8月10日閲覧。

外部リンク[編集]