金子由香利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金子 由香利(かねこ ゆかり)は、日本シャンソン歌手

来歴[編集]

東京都出身。佐藤美子の門下生となりシャンソングループ「クール・アン・クール」 の一員としてデビュー。後に独立し、銀座日航ホテルのミュージックサロンの専属歌手となる。1981年3月から1990年12月まで“シャンソンの殿堂”といわれた「銀巴里」のステージに立ち、高い評価を受ける[1]

出演[編集]

主なテレビ出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1987年(昭和62年)/第38回 おお我が人生 13/20 沢田研二
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

映画[編集]

など

脚注[編集]

  1. ^ 銀巴里は東京銀座にあって日本初のシャンソン喫茶である。美輪明宏、戸川昌子、クミコ、金子由香利らを輩出した。(ウィキペディア銀巴里)