赤穂浪士 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
赤穂浪士
監督 松田定次
脚本 小国英雄
原作 大佛次郎
製作 大川博
出演者 片岡千恵蔵
中村錦之助
東千代之介
大川橋蔵
市川右太衛門
音楽 富永三郎
撮影 川崎新太郎
編集 宮本信太郎
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1961年3月28日
上映時間 150分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4億3500万円[1]
テンプレートを表示

赤穂浪士』(あこうろうし)は、1961年(昭和36年)3月28日公開の日本映画である。東映製作・配給。監督は松田定次、主演は片岡千恵蔵カラー東映スコープ、150分。

概要[編集]

東映創立10周年記念映画として、東映俳優陣オールスター・キャストで製作された。配給収入は4億3500万円で、1961年度の邦画配収ランキング第2位となった。東映は1956年製作の「赤穂浪士 天の巻 地の巻」、1959年製作の「忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻」に続くオールスター・キャストの忠臣蔵映画であり、わずか5年間で3本目の製作であった。以後に東映が製作する忠臣蔵は1978年の「赤穂城断絶」である。

また東映としては大佛次郎原作「赤穂浪士」の二度目の映画化作品であり、NHK大河ドラマ赤穂浪士 」が放送されるのはこの映画の3 年後であった。

片岡千恵蔵は「忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻」に続いて大石内蔵助を演じ、吉良上野介も同じく月形龍之介が演じ、浅野内匠頭は大川橋蔵、「忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻」で浅野内匠頭を演じた中村錦之助は脇坂淡路守[2]、前回の「赤穂浪士 天の巻 地の巻」で浅野内匠頭を演じた東千代之介は堀部安兵衛、同じく前回の「赤穂浪士 天の巻 地の巻」で大石内蔵助を演じた市川右太衛門は千坂兵部を演じて、この当時の東映のスター陣の層の厚さが感じられる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  • 『戦後忠臣蔵映画の全貌』谷川健司 著 集英社 2013年11月発行

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』、キネマ旬報社、2012年5月23日、p.180
  2. ^ 中村錦之助は、この12年後に製作された『赤穂城断絶』で大石内蔵助を演じている。

外部リンク[編集]