渥美格之進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渥美 格之進(あつみ かくのしん)は、物語『水戸黄門』に登場する架空の人物。通称は格さん

概要[編集]

佐々木助三郎(助さん)と共に水戸光圀に仕える家臣。モデルは実在の水戸藩士・安積澹泊(通称、覚兵衛)といわれている。

関口新心流の達人という設定である。

TBS系列の時代劇『水戸黄門』[編集]

TBS系列時代劇水戸黄門』では、助さんとは逆で、まじめで実直という設定である。八兵衛曰く「助平助さん、堅物格さん」。ナショナル劇場版(現在ではパナソニックドラマシアター)の初期では妻に深雪(演:岩井友見)がいる。深雪は水戸藩家老の娘として第1部から登場しており、同最終回で格之進と結婚。第3部では息子の格之助が誕生した。深雪は第1~4部と第6部までの登場だが第7部以降も設定はそのまま残っている。キャストが伊吹吾郎に変更された第14部以降は独身に戻る[1]。第43部最後の最終回スペシャルでは、安積厳兵衛(演:横内正)の娘・深雪(演:藤谷美紀)と結婚して1男1女の父親となっている。

現在では格さんは女性に弱いというイメージが強いが、初期では女性に対して強く接したりもしている。第1部で本人の口から生い立ちが語られている。旅に同行した当初から奔放な光圀に理解があった。第14部以降は母に幾度も縁談を勧められる。

ドラマの乱闘シーンでは、助さんが剣で戦うのに対し格さんは主に柔術で戦う。彼が体得する関口新心流は、柔術、剣術、居合術も伝承するため、助さんには及ばないものの、実際には剣の腕も一流である。また、最後の決め台詞とともに印籠を取り出す役は主に格之進が担う。このため、まじめで実直で堅物であるが度々印籠の盗難、紛失に遭ってしまう。また、水戸老公一行の道中の路銀(旅行費)を管理しているのも格之進である。

渥美格之進を演じた俳優[編集]

映画・テレビドラマ[編集]

他多数

アニメ[編集]

[編集]

  1. ^ ただし『スーパーフライデー 水戸黄門スペシャル』(TBS、2003年7月25日放送)にて二代目格之進を演じた大和田伸也が「自分が加入した時点で、独身という設定に戻された」と発言している。