大下八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大下 八郎(おおした はちろう、1942年昭和17年)7月1日 - )は昭和期の演歌歌手

経歴[編集]

秋田県能代市出身。 幼少時から民謡を得意にしていた。 のど自慢番組で民謡を歌っているところをコロムビア関係者の目にとまりスカウト。 船村徹のもとでレッスンを重ね、1963年(昭和38年)デビュー。 翌1964年(昭和39年)に「おんなの宿」が大ヒット。他に「なみだの宿」などのヒットがある。 現在[いつ?]も歌手活動を続けており、テレビでは「思い出のメロディー」や「にっぽんの歌(夏祭り/年忘れ)」などの番組に出演している。

2009年5月12日および2010年9月7日NHK歌謡コンサートに出演。

エピソード[編集]

  • 芸名の由来は、怒られても意に介さないところから「たいした野郎だ」ともじって船村徹が名付けた。
  • 志村けんのモノマネを十八番にしている。