ザ・ヴィーナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ザ・ヴィーナス(THE VENUS)は、1960年代アメリカンポップスのリメイクで1980年代初頭にブレイクした、オールディーズなどを演奏する音楽バンドである。1974年に結成し、1983年に解散している。

経歴および構成メンバー[編集]

'74年 - '75年[編集]

『イブの匂い』で男性5人編成グループ「ビーナス」としてキャニオンレコードよりデビュー。

'75年 - '78年[編集]

小野と村井の脱退に伴って泰と下平(現・ニック下村)が加入。

  • 泰英二郎(ヴォーカル)
    現在は音楽ユニット「猫夜叉」のリーダー・横山エントツとして活動中。
  • 竹屋一水(ギター)
  • 中西隆士(ベース)
  • 永井光男(ドラム)
  • 下平正明(キーボード)

'78年 - '80年[編集]

泰が脱退、阿部と石川(現・コニー)が加入。徳間音楽工業(後の徳間ジャパン)に移籍。
'78年9月、「ILYS」名義で『VICTORY ROAD~ヤクルトスワローズのテーマ~』をリリース。
'79年、「ヴィーナス」に改称。

  • 阿部明美(アケミ。ヴォーカル):スクールメイツを経て加入。
  • 石川幸子(サッチ。ヴォーカル):スクールメイツを経て加入。
  • 竹屋一水(カズミ。ギター)
    脱退後は都内で飲食店を経営[1]
  • 中西隆士(ジョニー。ベース)
  • 永井光男(ミッチャン。ドラム)
  • 下平正明(マチャアキ。キーボード)

'80年 - '81年[編集]

「THE VENUS(ザ・ヴィーナス)」に改称。竹屋の脱退に伴い那須が加入。担当プロデューサー・大門俊輔とリーダー・永井の発案により、アメリカンオールディーズにシフト。同時にアメリカン・トラディショナル・ブランドのVANに在籍(当時)していた横田哲男をコーディネーターに迎え、サウンドとファッションの両面からバンドイメージを確立[2]

  • CAROL(阿部明美。ヴォーカル)
  • CONY (石川幸子。ヴォーカル)
  • JIMMY (那須博。ギター&ヴォーカル)
  • JOHNNY (中西隆士。ベース&ヴォーカル)
  • GEORGE (永井光男。ドラム&ヴォーカル)
  • NICK (下平正明。キーボード&ヴォーカル)

'81年 - '83年[編集]

阿部が脱退。『キッスは目にして!』でブレイクする。第14回全日本有線放送大賞「優秀スター賞」受賞。以後、1983年に解散するまでにシングル6枚、アルバム8枚(カセットテープ限定企画を含む)を発表した。

  • CONNY LANE (石川幸子。リード・ヴォーカル):ポニーテールと落下傘スカートをトレードマークとする。
    解散後も、CONNY(コニー)名義で、ソロや複数のユニットを通じてオールディーズ主体の音楽活動を続けている。
  • JIMMY BROWN (那須博。ギター&ヴォーカル)
    解散後に沙羅 (バンド)結成、渡英活動を経てギタリスト・作曲・編曲活動及びカラオケ等の音響制作に携わっている。[3]
  • JOHNNY REED (中西隆士。ベース&ヴォーカル)
  • GEORGE NAGAI (永井光男。ドラム&ヴォーカル):メンバー中で唯一アーミールックをトレードマークとする。
  • NICK HOPKINS (下平正明。キーボード&ヴォーカル)
    解散後、バンド参加を経てニック下平に改名。現・「演劇エンターテイメント集団トーキョー★シリアル」音楽監督

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. イブの匂い c/w 偽りの愛 (1974年8月発売、キャニオン A-224)
  2. VICTORY ROAD~ヤクルトスワローズのテーマ~ c/w 栄光の翼 (1978年9月発売[4]ミノルフォン KA-1133)
  3. シャーロック・ホームズを捕まえて c/w マタドール・サンチョ (1979年2月発売、バーボン BMA-1018)
  4. ハローラブ c/w サマードリーミン (1979年7月発売、同 BMA-1025)
  5. あなたがいれば(Feel the need) c/w クリスタルリバー (1979年11月発売、同 BMA-1031)
  6. 君はマリンの風 c/w ジャマイカの風 (1980年4月発売、同 BMA-1037)
  7. 涙のバースデイパーティー c/w ワン・ファイン・デイ (1980年8月発売、同 BMA-1045[5])
  8. ザ・ヒットパレード c/w いきなりハッピーエンド (1981年3月発売、同 BMA-2003[6])
  9. キッスは目にして! c/w 涙のシンデレラガール (1981年8月発売、同 BMA-2008[7])
  10. PEPPERMINT LOVE c/w 夢見るクリスマス (1981年12月発売、同 BMA-2015)
  11. 情熱のスキャンダル c/w 恋のスピリット (1982年4月発売、同 BMA-2020)
  12. テンプテーション[8] c/w キサス DE キサス (1982年8月発売、同 BMA-2024)
  13. さよならはダンスのあとに[9] c/w 二人のDESTINY (1982年11月発売、同 BMA-2026)
  14. 浮気・浮気(ブギ・ウギ)トゥナイト c/w 愛しのジェニー (1983年4月発売、同 BMA-2037)
  15. キッスは目にして! c/w ヴィーナススペシャル・ザ・ヒットパレード (1988年4月25日発売、同 10BTC-190)

アルバム[編集]

  1. TODAY ヴィーナス (1979年発売、バーボン BMC-4016)
  2. ヴィーナス/サレンダー・トゥ・ユー! (1980年10月発売、同 BMD-1001)
  3. ヴィーナス PARTY Rock'n Roll Tunes Forever (1981年6月発売、同 BMD-1007[10])
  4. ラブ・ポーション NO.1 ザ・ヴィーナス (1981年9月発売、同 BMD-1012[11])
  5. ザ ヴィーナス ジャストポップサイズ (1982年3月発売、同 BMC-7014[12])
  6. ザ・ヴィーナス パイナップルアイランド (1982年7月発売、同 BMC-5001)
  7. ロック・アラウンド THE アメリカ VENUSのアメリカワイワイ大旅行 (1982年8月発売、同 BMC-4025[13])
  8. JIGSAW PARTY さよならはパズルのあとに THE VENUS (1982年12月発売、同 BMC-4027[14])
  9. POPPIN' TIME THE VENUS (カセット限定企画。1982年発売、同 16CP2002)
  10. ロックンロールスピードウエイ (カセット限定企画。1982年発売、同 12CP2012)
  11. THE VENUS スウィートポップブギ (1983年発売、同 BMD-1024)
  12. THE VENUS THE GOLDEN BEST (1985年6月25日発売、同 32BTC-101)
  13. CD GOLD BESTESTS! THE VENUS (1987年6月25日発売、同 30BTC-158)
  14. CD MINI ALBUM ザ・ヴィーナス (1988年9月25日発売、同 15BTC-208)
  15. ヴィーナス/サレンダー・トゥ・ユー! (1989年2月25日発売、同 28BTC-255)
  16. ザ・ヴィーナス ラブ・ポーション NO.1 (1992年4月25日発売、徳間ジャパン TKCA-30539)
  17. ROCK’N ROLL TUNES FOREVER ザ・ヴィーナス (1995年12月21日発売、同 TKCA-71800/1)
  18. ザ・ヴィーナス ラブ・ポーション NO.1 (1999年11月25日発売、同 TKCA-71800)
  19. SINGLES ザ・ヴィーナス (2003年2月26日発売、同 TKCA-72534)
  20. ザ・ヴィーナス ゴールデン☆ベスト (2004年12月22日発売、同 TKCA-72794)
  21. THE VENUS 1982 (2009年11月22日発売、CONNY RECORDS CRCD-003)
  22. キッスは目にして! 30th ANNIVERSARY BOX (2011年7月20日発売、SOLID CDSOL-1430/40[15])
  23. ザ・ヴィーナス/スーパー・ベスト (2011年8月27日発売、クラウン徳間ミュージック販売 TJJC 20005)
  24. THE VENUS RADIO STATION (2012年8月17日発売、CONNY RECORDS CRCD-006)

DVD[編集]

  1. LIVE帝国 THE VENUS (2004年7月28日発売、DreamTime DEBP-13030)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 団塊世代の想い出 グループサウンズ~オリーヴ
  2. ^ 続・青春VAN日記
  3. ^ カラオケ大国支える音のコピー職人 那須博さん
  4. ^ ILYS名義
  5. ^ オールディーズへの路線変更第1作。
  6. ^ キャロル(阿部明美)脱退後の第1弾シングル。
  7. ^ カネボウ秋のキャンペーン・イメージ・ソング。オリコン最高位4位(1981年10月5日付~11月9日付)。第14回日本有線大賞「注目曲」受賞曲。
  8. ^ 第1回週刊プレイボーイ作詞募集楽曲。
  9. ^ 倍賞千恵子が主演した同名映画主題歌のリメイク。
  10. ^ 同年4月18日新宿三井55広場における実況録音盤。
  11. ^ 第23回日本レコード大賞「'81アルバムベスト10」入選作品。
  12. ^ 変形ジャケット・25cm(10インチ)LP盤。
  13. ^ 同年2月の渡米時に現地レコーディングで制作された作品。
  14. ^ ジグソージャケット仕様。
  15. ^ 初回限定発売。