悲しき街角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
悲しき街角
デル・シャノンシングル
B面 ジョディ
リリース
時間
レーベル Bigtop Records
作詞・作曲 デル・シャノン(作詞・作曲)
マックス・クロク(編曲)
プロデュース ハリー・ボーク英語版
アーヴィング・ミカニク
デル・シャノン シングル 年表
悲しき街角(Runaway)(1961年)花咲く街角(Hats Off To Larry)(1961年)
テンプレートを表示

悲しき街角」(Runaway)は、デル・シャノン1961年2月に発表したシングル。ファルセットや短調から長調への転調を特徴とし、同年4月から4週連続全米一位を記録した[1]漣健児訳詩、飯田久彦歌唱による日本語バージョンもヒットした。

解説[編集]

軍隊出身でカーペットの販売で生計を立てていたバンドマンのシャノンがこの曲のデビュー・ヒットにより、ソロのメジャーアーティストへの仲間入りを果たした[2]

ピアノ演奏はモー・ウェクスラードイツ語版、間奏のクラヴィオリン英語版演奏はシャノンのバンド仲間のマックス・クロク英語版。(クロク考案のクラヴィオリンはミュージトロンとも呼ばれる)

タイトル原案は『リトル・ランナウェイ』であった[3]

『悲しき街角』の邦題で日本でもヒットした。これ以降シャノンの他の曲の邦題にも「街角」が使われるようになり「街角男」の異名を授かった。

カヴァー[編集]

影響を与えた曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Del Shannon Runaway Chart Historybillboard
  2. ^ The Number Ones: Del Shannon’s “Runaway”stereogum 2018年3月23日
  3. ^ The Making of "Runaway" delshannon.com
  4. ^ 『PLAYBOYインタビュー ジョン・レノン』、1981年 集英社(156頁)
  5. ^ Tom Petty Runnin' Down A Dreamデル・シャノン公式サイト

参考文献[編集]