さよならはダンスの後に

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さよならはダンスの後に
倍賞千恵子シングル
初出アルバム『あなたにふれたいばかりに(リメイク版)
GOLDEN☆BEST 倍賞千恵子 まるで映画のひとこまのように…(同上)』
B面 妹よ
リリース
規格 シングル
レーベル キングレコード(オリジナル版)
CBS・ソニー(リメイク版)
作詞・作曲 横井弘(表題曲作詞)
岩谷時子(B面作詞)
小川寛興(表題曲作曲)
桜井順(B面作曲)
小六禮次郎(表題曲リメイク版編曲)
テンプレートを表示

さよならはダンスの後に(さよならはだんすのあとに)は、倍賞千恵子のシングル盤レコード。

概要[編集]

オリジナル版[編集]

1965年発売。年末までに150万枚を売り上げた[1]。作曲者の小川寛興は本曲で第7回日本レコード大賞作曲賞を受賞した[2]。この曲をモチーフに松竹が同名の歌謡映画を製作している。

B面の「妹よ」は、NHKの番組『きょうのうた』(1964年放送)[3]の為に制作された曲である。

リメイク版[編集]

1990年7月から9月に放送された東海テレビ制作昼の帯ドラマラストダンス』の主題歌として使用。倍賞の夫で同ドラマの音楽を手掛けた小六禮次郎が編曲を担当した。

オリジナル版と比べてテンポが遅く、キーも低くなっている。

収録曲[編集]

オリジナル版[編集]

  1. さよならはダンスの後に
  2. 妹よ

エピソード[編集]

作曲者の小川は後年、「さよならはダンスの後に」とアニメ『美少女戦士セーラームーン』主題歌「ムーンライト伝説」(歌:DALI/作曲:小諸鉄矢)との酷似に気付き、日本音楽著作権協会(JASRAC)を仲介して交渉し、最終的に著作権使用料の一部を小川に分配することで和解した[4]

映画[編集]

さよならはダンスの後に
監督 八木美津雄
脚本 八木美津雄、津久田一正
製作 鈴木和年
出演者 桑野みゆき
藤岡弘
倍賞千恵子
音楽 小川寛興
撮影 平瀬静雄
編集 杉原よ志
製作会社 松竹
公開 日本の旗1965年12月5日
上映時間 90分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

本曲を題材とする歌謡映画が、1965年12月5日松竹系で公開された。90分。

スタッフ[編集]

  • 製作 - 鈴木和年
  • 脚本 - 八木美津雄津久田一正
  • 監督 - 八木美津雄
  • 撮影 - 平瀬静雄
  • 美術 - 佐藤公信
  • 音楽 - 小川寛興
  • 録音 - 堀義臣
  • 照明 - 津吹正
  • 編集 - 杉原よ志
  • スチール - 佐藤不二於

出演者[編集]

メディアでの使用[編集]

  • 1991年ジブリ映画、『おもひでぽろぽろ』で挿入歌として使用されている。27歳のタエ子が果物屋に立ち寄っているシーンでではあるが、たった数秒間だけでノイズ扱いであるため、かなり聴き取りにくい。

脚注[編集]

  1. ^ 『精選盤 昭和の流行歌 歌詞集』日本音楽教育センター、124頁。
  2. ^ 第7回日本レコード大賞 日本作曲家協会
  3. ^ きょうのうた「妹よ」(1964年12月28日放送) NHKアーカイブス
  4. ^ 「ポップスと著作権 よく似た曲がぞろぞろ(ニュース・スナップ)」『朝日新聞』1998年10月15日付朝刊、25頁。