木下蓮三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木下 蓮三(きのしたれんぞう、1936年9月3日 - 1997年1月15日)は日本アニメーション作家、アニメ監督国際アニメーション映画協会(ASIFA)副会長、同日本支部(ASIFA-JAPAN)会長[1]。妻は木下小夜子

概要[編集]

大阪府大阪市生まれ[2]。大鉄高電気科を卒業。一光社大阪コマーシャルフィルム毎日放送映画社を経て、1963年にプッペプロダクションを設立し、「ビッグX」「オバケのQ太郎」などの各話演出を担当。1966年に虫プロに参加して「鉄腕アトム」などに参加、1967年に(株)スタジオロータスを設立した。

巨泉×前武ゲバゲバ90分!」、「カリキュラマシーン」、テレビコマーシャルなどの多数のアニメーション制作に参加した。

一方で短編の自主制作アニメーション作品を製作し、1971年「いったい奴は何者だ」を草月アニメーションフェスティバルに出品。1972年「MADE IN JAPAN」でニューヨーク国際映画祭グランプリを受賞。1978年「ピカドン」でアヌシー国際アニメーション映画祭特別賞を受賞し、翌1979年には絵本「ピカドン」を出版。

1985年開始の広島国際アニメーションフェスティバルの立ち上げに木下小夜子と共に尽力し[3]、大会マスコット「ラッピー」のデザインも担当した[4]

1979年より国際アニメーションフィルム協会理事、1984年-1997年は同副会長。1981年に同日本支部を設立し、1997年まで会長。1997年に死去。

主な作品[編集]

主な監督作品には以下がある[1]

  • 『MADE IN JAPAN』(1972年)
  • 『日本人』(1977)
  • ピカドン』(1978)
  • 『最後の空襲くまがや』(1993)
  • 『琉球王国 – MADE IN OKINAWA』(2004)

脚注[編集]