キャロライン洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キャロライン 洋子(キャロライン ようこ、1962年昭和37年〉8月10日 - )は、日本(アメリカ国籍)の元タレントテレビラジオアテレコCM雑誌などで幅広く活躍した。本名はキャロライン・ナーン・カフ(Caroline Nan Koff)。別名キャロライン・キャムダー(Caroline Kamdar)、キャロライン・コス(Caroline Koss)。黒沢浩(William Hiroshi Koff)は兄。

略歴[編集]

船舶会社に勤務するアメリカ人の父と日本人の母の間に東京で生まれ育つ。3歳の時、兄と共に劇団若草に入り、読売テレビ『パパのおくりもの』等に出演。1960年代より主に子役としてテレビ・舞台等で活躍、また、子供モデル(写真モデル)としての活動もある。NHK教育放送の英語教育番組、ドッグフード(ビタワン)のCMなどに出演していた。なかよしの読者コーナーを担当していたこともある。

私生活では、幼稚園から高校までアメリカンスクールに通った。東京都調布市の私立ASIJ1980年に卒業。上智大学に進学、心理学を1年間学んだ後に退学し、19歳で父の祖国アメリカに移り、1981年オレゴン州立大学入学。程なくしてタレント活動を停止。大学時代は数理科学数学を専攻し、1986年(昭和55年)、オレゴン州立大学科学部コンピューター科学学科の大学院に入学、人工知能を研究。のち修士号(M.S. of Computer Science)を取得。大学院修了後はヒューレット・パッカード社に入社しソフトウェア担当として現在も勤務する。2009年より同社 Globalization Program Manager、2012年より同社 Internationalization Consulting and Localization Program Manager[1]。米国コロラド州フォート・コリンズ在住。

出演[編集]

太字は主役・メインキャラクター

テレビドラマ[編集]

情報・バラエティ番組[編集]

舞台[編集]

吹き替え[編集]

アニメ[編集]

ラジオ[編集]

人形劇[編集]

レコード[編集]

シングル[編集]

A面 B面 発売年月日 レーベル 規格品番 備考
おしゃまなブンブン 日曜日が好きよ 1970年 RCA JRT-1081
ゲバゲバおじさん とっても素敵なあなた 1971年3月 RCA JRT-1145
おとなの不思議な世界 サンライズ・サンセット
ヘドバとダビデ
1972年2月 RCA JRT-1217 「ヘドバとダビデとキャロライン洋子」名義
こいびと同志 オネショのラブ・ソング 1972年 フィリップス FS-1716 A面は「キャロライン洋子・ウィリアム浩」名義
すてきなプレゼント かわいいパンダ 1973年 フィリップス FS-1735
シャムネコまりちゃん 雪さん空からこんにちは
マイク真木
東芝EMI TC-3052 ワンツージャンプ!』より
キャンディ・キャンディ あしたがすき 1979年 フィリップス FS-2082 堀江美都子のカバー
マイ・ワンダー・ランド
トランザム
鈴鹿サーキット でんくるるの歌 1979年 鈴鹿サーキット HCT-2 制作:株式会社ホンダランド

ソノシート[編集]

タイトル 曲名 発売年月日 レーベル 規格品番 備考
ペペとミミ ペペとミミのうた 1978年 朝日ソノラマ EM-205 岸部シロー&キャロライン洋子」名義

アルバム[編集]

タイトル 発売年月日 レーベル 規格品番 備考
英語の童謡 マザーグースのうた 1976年 フィリップス FS-5503

その他[編集]

  • キャッツ・アイ・ラブ
    • 1978年、『みんなのうた』で放送。放送での歌唱は「柳沢真一・キャロライン洋子」名義[3]
    • 当時発売されたレコード(『NHKみんなのうたより Vol.15』キング、SKM(H)2303)では「キャロライン洋子・山田康雄」により吹き込まれた。
    • 放送時の音源・映像は、2004年に発売された12枚組DVDボックス『NHKみんなのうた DVD-BOX』の第7集(NHKエンタープライズ、2011年に単品でも販売)に収録された[4]

著書[編集]

  • 『黒い瞳と星条旗 キャロライン洋子のアメリカ学園だより』(1986年、日本文華社

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Caroline Koff”. Linkedin (2014年4月22日). 2014年5月8日閲覧。
  2. ^ 日刊スポーツ』1977年12月13日付13面。「チビッコ争奪 冬の陣 キャンディ・キャンディ舞台合戦」
  3. ^ キャッツ・アイ・ラブ、NHKみんなのうた - 2020年4月24日閲覧。
  4. ^ 発掘映像も収録!NHK「みんなのうた」5枚組DVDボックス、音楽ナタリー、2011年10月20日 21時43分。

外部リンク[編集]