アテレコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アテレコとは映画テレビドラマなどの映像作品において、自身が直接演じないキャラクターを割り当てる必要がある場合に声優俳優がその声の部分だけを演じて録音することをいう。

アフレコ」から派生した言葉であり、「映像に台詞を割り当てる」ことから「アテレコ」と呼ばれるようになったとされる。海外作品日本語吹き替え(逆に日本作品の海外版化の際もある)やアニメーション作品での声の割り当て、特撮テレビドラマ作品などでスタントマンスーツアクターが演じた部分への声の割り当てなどがこれに該当する。ただしこれらの作業もすべてアフレコと呼ぶ場合がある。

英語ではリボイシング: revoicing)といい、俳優がスケジュールの都合でアフレコに参加できない場合や、俳優の声の演技力に演出家が難色を示した際に行われる[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ Davis, Dane. “映画やTVにおけるダイアログの置き換え” (日本語). Digidesign. 2016年8月17日閲覧。
  2. ^ Davis, Dane. “Dialog Replacement in Films and Television” (英語). Digidesign. 2016年8月17日閲覧。

関連項目[編集]