五万節

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
五万節
ハナ肇とクレージーキャッツ楽曲
リリース 1961年12月(オリジナル・ヴァージョン)
1962年1月20日(ニュー・ヴァージョン)
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲コミックソング
時間 3分17秒(オリジナル・ヴァージョン)
3分3秒(ニュー・ヴァージョン)
レーベル 東芝音楽工業
作詞者 青島幸男
作曲者 萩原哲晶
その他収録アルバム

シングル「ドント節」
収録曲

  1. ドント節
  2. 五万節

五万節ごまんぶし)は1961年12月に発売されたハナ肇とクレージーキャッツ2枚目のシングル[1]。作詞は青島幸男、作曲・編曲は萩原哲晶。発売当初は歌詞が問題となり放送禁止・発売中止になった(その後歌詞を変更して発売された)。また、多くの映画で歌われている。後に、「新五万節」としてリメイクされた。

概要[編集]

  • シングル「ドント節」のB面曲として発売された。
  • 学校卒業後十有余年、どうなっているかの現況をめいめい語る内容で、歌はハナ肇谷啓植木等という順番で1番ごとに代わっていく。各人の番が終わるごとに、次の番の担当が「サバ言うなコノヤロー」とツッコミを入れ、自分のパートを歌う。それを2回続けたあと、メンバー全員で1コーラス歌って終了する。「サバ」とは鯖読みという意味である。
  • 当初、発売されたヴァージョン(レコード番号JP-1350、原盤番号7H-910)は3番と6番のフレーズが問題となった[1]。どちらも植木等のパートであるが、3番が暴走タクシー運転手、6番がヤクザの大幹部という設定で、歌詞もいささか物騒であり、放送禁止になってしまう[1]1962年1月20日、歌詞を変更して再録音したものが同品番で再発売された[1]。この時、キーが変更されたほか、1フレーズごとに入る合いの手[1]やラストのハナの台詞「サバ言うなおめえ達コノヤロー」は削られた。
  • オリジナル・ヴァージョンは1986年6月21日アポロンから発売された大瀧詠一監修のカセット『ハナ肇とクレイジーキャッツ 全曲集』(KLF1177)に収録(マスターテープの所在が確認できなかったためレコードからのマスタリングとなっている[1])。1995年発売の『クレージーキャッツレアディスク』でCD化された。2005年発売の『クレイジーキャッツHONDARA盤』、2010年発売の『クレイジー伝説』にはオリジナル・ヴァージョンと再発盤が共に収録されている。
  • 当時、この曲の替え歌が全国各地で流行した[1]
  • この曲は東宝クレージー映画をはじめとして数々の映画で歌われており、色々な歌詞違いのヴァージョンもある(例:「流した涙が五万粒」など)。
  • 1990年11月25日に発売されヒットした過去のヒット曲メドレー、「スーダラ伝説(編曲:宮川泰、歌:植木等)」にも収録されている。同曲で植木が歌っているのはオリジナルでは谷啓が歌ったパートである[2]

歌われている映画[編集]

新五万節[編集]

新五万節
ハナ肇谷啓植木等クレイジーキャッツ楽曲
リリース 1986年4月23日
規格 シングルレコード
録音 1986年2月21日
東芝スタジオ(オケ録音)[3]
1986年2月24日
赤坂のスタジオ(ボーカル・ダビング)[3]
ジャンル 歌謡曲コミックソング
時間 5分49秒
レーベル 東芝EMI
作詞者 青島幸男
作曲者 萩原哲晶
その他収録アルバム

シングル「実年行進曲」
収録曲

  1. 実年行進曲
  2. 新五万節
  • 1986年4月23日に歌は同じクレージーキャッツでリメイクされた。作詞は青島幸男、作曲・編曲は萩原哲晶、編々曲は大瀧詠一。クレージー結成30周年記念曲である『実年行進曲』(作詞:青島幸男、作曲・編曲:大瀧詠一)のB面としてリリース。
  • 歌詞は全部で10番まであり、これもハナ、谷、植木、という順番で代わっていく。また、テンポは放送禁止バージョンを意識したゆったりとした物となっている[1]
  • 間奏にはこれまでのクレージーのヒット曲のイントロも引用されている。
  • ハナの「アッと驚くタメゴロー」や植木の「お呼びでない?」、谷の「ガチョーン」や「ビローン」といった伝説の名ギャグも多数収録されている。
  • 『五万節』の歌詞は「学校出てから十余年」で始まるのに対し、24年後である『新五万節』の歌詞は「学校出てからウン十年」(10番のみ「学校出てから三千年」)で始まる。
  • 歌詞や合いの手が異なる「バクハツヴァージョン」が存在する。このヴァージョンは長らくカセットのみ収録の貴重な音源だったが、2019年に発売された『クレイジーキャッツ・スーパー・デラックス [平成無責任増補盤]』にボーナス・トラックとして初めてCD化された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『大瀧詠一Writing & Talking』白夜書房、2015年、677-678頁。ISBN 978-4-86494-048-1
  2. ^ 『大瀧詠一Writing & Talking』683頁。
  3. ^ a b 『大瀧詠一Writing & Talking』679-680頁。

関連項目[編集]