萩原哲晶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
萩原 哲晶
別名 てっしょう、デクさん
出生 1925年5月26日
出身地 北海道岩見沢市
死没 1984年1月13日(満58歳没)
東京都
学歴 東京音楽学校(現・東京藝術大学音楽学部)
ジャンル ジャズ、映画音楽、コミックソング
職業 作曲家
担当楽器 クラリネット
活動期間 1955年[要検証 ] - 1983年

萩原 哲晶(はぎわら ひろあき、本名:南沢 哲晶[1]1925年5月26日 - 1984年1月13日)は、日本の作曲家。弟の萩原秀樹はジャズピアニスト。

経歴[編集]

北海道岩見沢市で病院長の家庭に生まれる。旧制北海中学を経て、1942年東京音楽学校(現・東京藝術大学音楽学部)器楽科に入学(クラリネット専攻)。同級に岩井直溥早川博二がいた。戦時中は團伊玖磨芥川也寸志斎藤高順梶原完たちと陸軍戸山学校軍楽隊に入隊[2]1945年に東京音楽学校を卒業。1948年、第2次「南里文雄とホットペッパーズ」でハナ肇と知り合う[3]1949年、「萩原哲晶とデューク・オクテット」を結成[3]。1952年[3]、「萩原哲晶とデューク・セプテット」での活動を経て、1955年4月1日ハナ肇犬塚弘らとともに、クレージーキャッツの前身である「ハナ肇とキューバン・キャッツ」の結成に参加するも、作曲に専念するため後に脱退。

「スーダラ節」などクレージーキャッツのほとんどの曲で作曲・編曲を手がけた。クレージーキャッツの映画化作品の音楽も多数担当したほか、前田武彦作詞の『エイトマン』主題歌や、『おくさまは18歳』などのコメディ色の強いテレビドラマで音楽を担当した。マーチ調の明るい曲を得意とし、特にイントロや間奏で全世界を照らすかのごとく輝きわたる金管は彼の真骨頂である。

クレージーキャッツのための作品では、青島幸男による毒の強すぎる原詩に対し、毒を抜きながらユーモアの要素を強めた詞の改変を提案してもおり、青島自身によれば[4]「無責任一代男」の青島原詩のオチが単に「馬鹿」であったのを、ユーモラスな揶揄の「ごくろうさん!」に、「ドント節」の原詩の「クビには」を「パアには」変えたのは、いずれも萩原の提言によるという。

名前の「萩」を「」、「晶」を「」と誤表記される事が多く、「スーダラ節」のレコードではこの誤った名前でクレジットされている。その他、音楽を担当した映画のクレジットやクレージーキャッツ関連書籍のいくつかにもこの誤りが見受けられる。一方で「てっしょう」と誤読されることも多く、これも通称として認めていた[5]。仲間うちでの愛称は「デクさん」。このニックネームは、巨根の持ち主であったことに由来するという[6]

1984年1月13日、中咽頭腫瘍のため58歳で逝去。

没後、大瀧詠一1986年にクレージーキャッツの「実年行進曲」を作曲・編曲した際に、萩原の編曲手法に着想を得た事から萩原を「原編曲」としてクレジットしている。ちなみに大瀧は、萩原サウンド愛好家で、クレージーキャッツファンである。

逸話[編集]

  • 函館港の待合室で、萩原は新聞を読んでいた。やがて異臭を感じた植木等がよく見ると、萩原のコートがストーブに触れており、そこから微かに煙が上がっていた。「デクさん、もうちょっと離れた方がいいですよ」と植木から注意されても萩原は生返事をするだけで動かず、新聞を読み続けていた。やがてコートが燃え始めたので、植木は「コートが燃えてますよ」と言ったが、萩原は「知ってます」と答え、なおも新聞を読み続けた[7]
  • 生涯に7回結婚している。「七回結婚したなんて、やっぱり凡人に分からない魅力があったんだろうね」と植木は語っている[8]
  • クレイジーキャッツの面々は、萩原に「えー、みなさん、新しい譜面が出来上がりましたから、明日3時に来てください。練習しますから」と呼びかけられ、翌日3時に全員が集まった。しかし稽古の直前に萩原が「あっすみません。譜面を家に忘れてきました」と言い出したため、練習は中止になってしまった。そのような出来事が1度や2度ではなかったという[9]
  • 萩原の芸大器楽科時代の同級生にトランペット奏者の早川博二がいる。あるとき、仕事前に野球の試合をして埃まみれになった萩原が銭湯で頭を洗っていると、早川から「お湯かけてあげましょうか」と言われ「あー申し訳ありませんねー」と応じたが、早川が萩原の頭にかけたのは小便であった。しかし萩原は自分が放尿されていることに気付かなかったという[9]

代表曲(作・編曲)[編集]

  • スーダラ節(作詞:青島幸男 1961年)
  • ドント節(作詞:青島幸男 1962年)
  • 五万節(作詞:青島幸男 1962年)
  • 無責任一代男(作詞:青島幸男 1962年)
  • ハイそれまでよ(作詞:青島幸男 1962年)
  • ショボクレ人生(作詞:青島幸男 1962年)
  • いろいろ節(作詞:青島幸男 1963年)
  • ホンダラ行進曲(作詞:青島幸男 1963年)
  • 愛してタムレ(作詞:ヒライワ・タカシ 1963年)
  • 馬鹿は死んでも直らない(作詞:塚田茂 1963年)
  • だまって俺について来い(作詞:青島幸男 1964年)
  • 無責任数え歌(作詞:青島幸男 1964年)
  • ゴマスリ行進曲(作詞:青島幸男 1965年)
  • 遺憾に存じます(作詞:青島幸男 1965年)
  • 笑ってよいしょ(作詞:野末陳平 1968年)
  • ズッコケちゃん(作詞:なかにし礼 1969年)
  • いい湯だな(ビバノン・ロック)(作詞:永六輔 作曲:いずみたく 1969年)
  • この際カアちゃんと別れよう(作詞:青島幸男、上野玲児 1971年)
  • これで日本も安心だ〔作詞:青島幸男 編曲:(この曲のみ)宮川泰 1979年〕
  • イエロー・サブマリン音頭〔訳詞:松本隆 作曲:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー 1982年〕

参加作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本名が「萩原」でなくなったのは、死の直前に他家の養子になったことによる。戸井十月『植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」』p.135参照。
  2. ^ 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年)
  3. ^ a b c 山下勝利『ハナ肇とクレージーキャッツ物語』p.34
  4. ^ 『植木等のみなさんおそろいで』p.15における青島の発言。
  5. ^ 『シンプジャーナル』別冊「大滝詠一のゴー!ゴー!ナイアガラ」 1984年 自由國民社
  6. ^ 戸井十月『植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」』p.73
  7. ^ 戸井十月『植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」』p.72
  8. ^ 戸井十月『植木等伝「わかっちゃいるけど、やめられない!」』p.136
  9. ^ a b 『植木等のみなさんおそろいで』p.14における植木等の発言。